ゆめみさん&じぇーむすさんのラスベガス旅行記
(1999年5月15日〜21日)

 

 昨年のハワイ旅行に続き、今年はテレビで見たラスベガスに 行きたい!!と、私の一存で、ラスベガス・ロサンゼルス旅行 が決まりました。

 仕事の関係で、最終的に旅行が決定したのは出発の1週間前、、、ホテルが決定したのはなんと出発2日前でした。

 

5/15

 4月に新しくなった名古屋空港。 昔のイメージとガラッと変ってしまい、ウロウロ、、、空港ではいつも利用するカード会社のラウンジ「飛翔」へ行き、アメリカ入国の書類などを記入する。このラウンジは人も少なく、ジュースやビールやお菓子がたくさん置いてあって、私のお気に入りの場所なのだ。ここでアメを大量にGETして飛行機ライフを快適に過ごそうと計画。しかし、思ったより足りず、ベガスで後悔することに、、、
 免税店も広く新しくなり、まえから欲しかったランコムの香水を買ってしまった。
 DL074で出発。チェックインの際、お姉さんが気を利かせて、窓際の席をとってくれた。お姉さんありがと〜!(新婚旅行と見えたのかな?)
以前は、旅行会社のカウンターが飛行機会社のカウンターと同じ並びにあったのに、新しくなった空港では旅行会社のカウンターが、荷物チェックの外側(柵の外)にあったのです。だから自分でチェックインするようになったのかな??以前は、ツアーの場合もうすでにチェックイン済みで、自分で席をリクエストとかできなかったような気がするんですが、、、

 AM11時30分ポートランド到着 アメリカ入国
 また、2時間も待たなければならない。眠いよ〜もう疲れてしまった。
見知らぬアメリカ人のおじいさんとお友達になり、英語ができない私は、その辺を歩いていた日本人のお姉さんに通訳を頼み、お話ができました。 英語を勉強しなければと痛感。

 PM1時30分ラスベガスへ向けて出発
 また、これから2時間も飛行機に乗るのか〜 と疲れもピークになり、この時間が1番辛い時間でした。ラスベガスの空港上空は、上下の揺れがヒドく、疲れと重なり気分が悪くなってしまいました。この時点で、「もう、帰りたい、、、」とブルーになってしまい、窓の外の風景を見た記憶が飛んでしまいました。

 PM3時30分ラスベガス到着
喉が渇く〜〜〜〜〜〜 みなさんの旅行記にあるように、スロットマシーンが置いてありました。とても広くて奇麗な空港でビックリしました。
 飛行機から降りるとHISのおじさんが待っていてくれました。グランドキャニオンのOPツアーなどを勧められましたが、まさしさんのページで紹介されていた「ラスベガス大全」のHPで予約していたので、ツアーなどは全部断り、ホテルへの送迎とチェックインのみをやってもらいました。

 ホテルへチェックインした後、Gキャニオンツアーの予約確認のTELをする。ここは日本語で予約して、日本語で予約確認ができるのでとても安心できる所でした。確認が取れたときは、本当にメールだけで予約できちゃったんだなと感心してしまいました。
 ホテルは、まさしさんのHPを参考にさせていただき、又、さくらももこのあっちこっちめぐり にも紹介されていたランスバートンにも会いたかったので、モンテカルロを指定で行きました。
 部屋は、ストリップ側で最上階近くの見晴らしの良い部屋でした。MGMやコカコーラショーケースが部屋から見えました。英語が苦手な私は、ランスバートンのショーを予約する自信が無かったので、HISの人に頼んでもらいました。
やはり、良い席はほとんど埋まっている様でした。ショーの1時間ぐらい前にもう一度チケットブースに行くといい席が残っていることが多いとのアドバイスをもらい、その後2回ぐらい自分で通い1階席の前から10列目ぐらいの席をGETしました。
 ものすごい睡魔が襲い、2人してフラフラのまま、カジノで遊んだり、バッフェへ行ったりして、7時30分からのショーまで時間をつぶしました。

 PM7時30分ランスバートンのショー開演。
 アメリカの有名人らしき人が見に来ていたらしく(日本人にはわからない)拍手が起こっていた。寒い。クーラーききすぎ。震えながらショーを見ることに、、、まず、スケールの大きさにびっくり。何事にもあまり動じない彼を見ると、眠いながらもビックリしていた。どうして、目の前でハトが消えるんだろ、、う〜ん不思議だ。とても素敵なショーだったのだが、睡魔には勝てず、途中5分ぐらいの記憶が無いのが残念でした。

 PM9時ショーが終わる。
 翌日のグランドキャニオンツアーに備えて、10時には寝ました。明日は朝6時起きです。

 

5/16

 AM4時30分早く寝てしまったせいで、予定より早く起床。
 朝は、ホテル内のマックで朝食。ホテル内を探検する。朝5時過ぎなのに、カジノにはたくさんの人がいました。昨日からやってる人達なのかな?

 AM7時Gキャニオンツアーのお迎えが来る。
10分程で、空港に到着。キレイなオフィスで日本人の人もいました。8時過ぎに出発なのでそれまで、搭乗手続きなどをしました。

 AM8時30分Gキャニツアー出発!
 30人とか40人乗りぐらいの思ったより大きなセスナ(イーグルキャニオンて書いてあった)でした。標高の高い所に行くのに、TシャツにGパンというラフな格好で行ってしまい、機内の寒さにやられてしまいました。機内が寒すぎて、現地はそんなに寒くなかったですよ。

 AM9時すぎグランドキャニオン空港に到着
 ここからは、観光バスで5分ほどのビューポイントに移動する。途中、ヘリコプターの観光に行く人がいました。ヘリで行くツアーも楽しそうで行きたかったです。
 私たちは日本語ガイドが付くデラックスツアーにしていたので他の日本人の方4人と一緒に50代のおばさんに連れられて回りました。ブライトエンジェルロッジ→ビジターセンター→ヤバパイポイントと回りました。日本語のガイドさんが付いてくれたので、Gキャニのことがよく分かり、勉強になりました。
 Gキャニ。行って良かったです。一生の内一度は見ておいて損はないですよ。

 AM11時すぎちかくのホテルでバッフェの昼食。
 味は、期待しない方がいいですね。ここで、迎えのバスがなかなか来なくて30分ぐらいは待たされたでしょうか、、、ちょっと不安になりました。 

 PM2時ごろGキャニオン空港出発。
帰りは揺れに揺れて、あと5分長かったら持たなかったです。

 PM3時30分ごろホテル到着
 まだ、午後の3時。少し休憩して、夕方他のホテル巡りをすることに。トレジャーアイランドまでがんばって歩き、帰りはタクシーで帰ってきました。

  

5/17

ラスベガス最終日

 この日は、ベルツとファッションショーモールへ行きました。まず、ホテルからタクシーで、ベルツへ行きました。バーガーキングでハンバーガーを食べて、ショッピングをしましたでも、昨年ハワイにいっていたこともあり、品揃えに物足りなさを感じ結局、買い物はほとんどしないまま、とりあえずホテルへ戻りました。
 ホテルで休憩した後、昨日見損ねたトレジャーアイランドのショーを見に行きました。無料のショーの中では一番面白いショーでしたが、それだけに場所取りだけでも大変でした。 

 PM11時ごろ
 TELのプリペードカードを買ったので、日本にかけようとダイヤルしたのですが、早口の英語で何を言っているのか分からず、10分ぐらい電話機と格闘したのですが、結局近くに日本人が歩いておらず、あきらめてしまいました。後で分かったことなのですが、操作の順番などは合っていたのですが、ボタンの押しが足りず、「ギュッ」としっかり押さなかったのでTELの反応が無かったのです。HISの人に実際やってもらい、コツを掴みました。$20分も買ってしまったのですが、結局残ってしまいました。 

5/18次の旅行地ロサンゼルスへ向けて出発


 今回の旅行は、カジノにお金をつぎ込むことができず、ちょっと物足りないラスベガス旅行になってしまいました。ラスベガスは食事代などにほとんどお金がかからず、カジノをやらないと、意外に旅行費用がかからなかったです。

 まさしさんのHPをフルに活用させていただいて、ホテル・ショーGキャニツアーなどハズレの無い楽しい旅行になりました。

ゆめみさん&じぇーむすさんに感想のメールを送る


他の方のラスベガス旅行記を読む