とむさんのロス&ベガス旅行記(1998/9/12〜9/20)

その1[出発編]

はじめにお断りしておきますが、ものすごく長いです。 

では、まずは今回の旅行のスケジュールです。

9/12(Sat) 成田出発 - ロス到着後 Disneyland へ
9/13(Sun) Universal Studios へ
9/14(Mon) Six Flags Magic Mountain へ
9/15(Tue) Las Vegas へ移動
9/16(Wed) Las Vegas
9/17(Thr) Anaheim へ移動
9/18(Fri) Disneyland へ
9/19(Sat) ロス出発 (日付変更線通過)
9/20(Sun) 成田到着

大まかにはこんな感じです。ホテルはすべてインターネットで予約しましたが、まったく問題はありませんでした。いろんなところで書かれていますが、レンタカーは日本から予約だけでも入れていったほうがいいようです。

では、ここから日を追ってどんな事があったかを思い出しながら書いてみようと思います。

(編集注:「とむさん」には、ロスのディズニーランドやユニバーサルスタジオ、マジックマウンテンでの旅行記も作成していただきましたが、都合上、ラスベガスについての旅行記として編集させていただきました。「とむさん」は上記3つのテーマパークについてもたいへんお詳しいので、ご質問などございましたら、ページ最後にメールリンクがありますので、そちらからご利用ください)

9/12(Sat)

-----------------------------------------------------------------

 待ちに待った旅行の出発の日。利用する航空会社はシンガポール航空。6年前にロスに行ったときに使用して以来、特別な理由がない限りシンガポールに乗るようにしています。今回は、マップツアーで航空券を購入し、事前に自宅に郵送してもらい箱崎でチェックインすることにしました。

 自宅を車で出発し、今回一緒に旅行する彼女の家に向かい1:45 にピックアップ。で、そのまま車で箱崎にある東京シティエアーターミナル(TCAT)へ直行。予想通り人はほとんどいません(^^;

 到着したのが 2:55 くらいで、シンガポール航空の箱崎でのチェックイン開始時刻(出発の3時間30分前)の 3:15 よりちょっと早かったため、まずは TCAT の2階で手持ちの円をドルに替えました。現金は 136円くらいでした。

 海外旅行傷害保険の内容を確認しているうちにチェックイン開始時刻が迫ってきたので1階に降りると、自分達の前にいたのは中国の方だと思われる男性1人だけ。その男性がスーツケースを検査されているのを横目に、自分達はカウンターへ。

 1番乗りだったのでジャンプシート(スチュワーデスさんが座る席)の前をリクエストしたのですが、すでに埋まっているとのこと。「なんでだろう?」と思ったのですが、乗ってみて納得。ジャンプシートの前はほとんどが外国人の小さな子供連れ。SQ12便はシンガポール - 東京 - ロスアンゼルス と飛ぶため、シンガポール発でロスまで押さえられたり、小さな子供がいる家族を優先するポリシー上、どうしようもないわけなんですね。うーむ。

 無事チェックインを済ませて、次は保険です。自分はコーポレートカードを持っているため入りませんでしたが、万が一のことを考えて彼女には入ってもらいました。パックになっている保険は高いのでバラでかけられる保険に申し込んだところ、窓口の女性に「ちゃんとお調べになられたんですねー」と言われました。
#これくらいは普通だと思うんですが...

 で、次は「ま、やってみるか」ていう感じで TCAT の出国手続窓口へ。ここは、リムジンバスを使って成田へ行く人でないと出国手続できないそうなのですが、TCAT の女性の「係員によっては手続きできる場合もあるみたいですよ」という言葉を信じていってみたところ、あえなく玉砕(^^; 「自家用車で成田まで行く場合は、出国手続は成田空港でしてください」とのこと。バスで行こうが自家用車で行こうが変わらないと思うんですが、行く途中で事故に遭った場合などを考えて許可していないとか。納得できるようなできないような...

 やりあっても仕方ないので、16:15 くらいに TCAT をでて成田空港へ。車の流れはきわめて順調で、17:00 ちょっとすぎには予約しておいた民間駐車場「ワールドパーキング成田」に到着。

 ここは行きもターミナルまで自分の車でいけて、もちろん帰りも空港のターミナルまで車を持ってきてくれて、9日間でたったの7350円(税込)!ここはほんとーに安かったです。
#他にも安いところはたくさんありますが、送迎バスに荷物を積み替えたり、帰りに空港のターミナルから直接車で帰れないのがイヤなので、自分はいつもピックアップ方式を選んでいます。

 自分の車で第1ターミナルにつき、出国手続窓口にいってみると客が5、6人くらいしかいなくてビックリ!毎年この時期に休みをとっているんですが、この時期でも出国手続だけで30分くらいは待つので、あまりの人の少なさにうれしくなりました。30秒もしないで出国手続を終えて搭乗ゲートへ。

 搭乗&出発時刻は30分近く遅れましたが、偏西風が強く到着時刻には影響はないとのことで、快適な空の旅へ...

 ロスには 12:50 ちょっと過ぎに到着。しかし、ここからが最悪。ロス名物の入国審査の列です。シンガポール航空の乗客は3つの窓口に並ぶように指示されたのですが、自分達が並んだ窓口の係官2人のうち1人が途中でどっかに行ってしまった(信じられん!)ため、1時間30分以上並ぶハメになりました。空港内で誘導をしている人を捕まえて文句を言ったのですが「私には手続きを早くする何の権限もない」の一点張り。ま、そりゃそうなんだけど... もっとちゃんと仕事しよーぜ > アメリカの入国審査官
これでは BLUE LANE もまったく意味がないですね。

 次はレンタカーのチェックアウトです。利用したレンタカー会社はHertz で、円安だったためクーポンを利用しました。去年まであった国内線にある比較的空いている窓口を探したのですが、なくなっていたようなのでそのままバスに乗って Hertz のオフィスへ。しかし、ここでも行列:-( 10分くらい並んでようやく窓口に着くとクーポンで予約した「フルサイズ2ドア」の車がないとのこと(4ドアもなかったようです)。「ラスベガスに車で行くのでクルーズコントロールがないと困る」というと「WindStar という VAN はどうか?追加料金はなしでいい」という条件だったので、喜んで OK しました。日本での価格をみると\22,000の価格差があるクラスなのでラッキーです。

 駐車場でスイッチ類の確認をして、この旅行の宿泊ベース地のアナハイムへ!

 

とむさんの旅行記「その2」へ