庶民さんのラスベガス旅行記その2
(2013年3月下旬〜4月上旬)

 今年の3月から4月にかけて、またラスベガス旅行に行くことができたので、旅行記を書いてみました。
 今回宿泊したホテルはリオです。公式サイトから予約し1泊平均77ドルだったのですが、チェックアウトで代金を払う時には円安で・・・エクスペディアで予約したほうが良かったかもしれませんでした。しかし、リゾートフィーが掛からなかったので良かったのですが、これからはリゾートフィーもかかるようですし、次にこの近辺へ泊るなら、ゴールドコーストかなと思いました。
 買い物へはリオからタクシーでプレミアム・アウトレット・ノースへ1回、リオの前のバス停からバスに乗りベラッジオの交差点を越えて、メリーランド・パークウェイのTJ・MAXXとアルバートソンへ1回行きました。
 そのほかに、リオからバリーズへの無料シャトルバスでバリーズへブランチに行った以外はショーも観ずに、リオとゴールドコーストの間の道を北へ徒歩で20分ぐらいかけてチャイナタウンへ行ったり、リオからパームス方面へウエスト・フラミンゴ・ロードを徒歩で20分ぐらいかけて、サウス・ディケーターとの交差点のレストランへ行ったりしました。
 観光とは縁のない旅行でしたし、情報も4月のものですので変更になっていることもあるかもしれませんが、読んでいただけると幸いですm(__)m
まず1〜4の写真はアメリカン航空の機内食です。
1は成田からロサンゼルスへ向かう夕食で、サーモンのペンネを選択しました。
2は暗くて見えづらいですが、ロサンゼルス到着前の朝食のデニッシュです。
3はロサンゼルスから成田へ向かう帰りの昼食で、ビーフを選択すると青椒肉絲のようなものでした。
4は成田到着前の軽食で、ピザとチキンの選択からチキンを選択すると、チキンの照り焼きのようなものでした。
アメリカン航空もビールとワインが無料になっていますし、機内食も美味しかったです。

5〜9は泊まったリオの写真です。
一番安いツインの部屋を予約したので、5の写真の左側のイパネマ・タワーという低いタワーでした。
6の写真では、右側のクローゼットの中に空の冷蔵庫があったので、飲み物とかを冷やすのに便利でした。小さい冷蔵庫でしたが、十分に冷えました。左側に見えるコーヒーメーカーは、コーヒーが有料でしたので使いませんでした。奥のトイレにももう1つシンクがありましたので、2人で使うには便利でした。
7・8は部屋の写真で、大きくて快適でしたが防音がほぼ無いようで、隣近所の音が気になる方には厳しいかと思います。
9は窓からの景色で、一番安い部屋を予約したので山側のはずでしたが、チェックインの時にこの部屋を勧めてもらえたので良かったです。ストリップの後ろ側が見えていますが、夜景がすごく綺麗でした。

10は洗濯に行ったコインランドリーです。パームス・プレイス・ホテルのところに4つ角の交差点があり、その交差点をパームス・プレイスのほうに進んで数分歩くと、右側にこのコインランドリーが見えてきます。ここでは飲み物なども安かったですし、パームス・プレイスの交差点にはシェブロンのガソリンスタンドがあり、そのガソリンスタンドにテリブルズのコンビニもあり、こちらも水やビールが安かったのでよく利用しました。

11はパームス・ホテルのビデオポーカーです。パームスへは毎日のように通い、ゴールドコーストはイベントがある時に行くという感じで遊び、パームスで1回ロイヤルフラッシュが出ました。

12〜15はパームスのバフェです。
12・13がランチバフェで、スロットクラブのカードを受付で提示すると、2人で17.27ドルでした。ランチバフェはビールか赤白のワインもサーバーさんに無料でお願いでき、食べ物もシーフードパスタやアサリが美味しく、グリーンカレーやレバノン料理のお米やひき肉をブドウの葉で巻いたものもあり、ピザも本格的で美味しくてデザートの小さなカップに入ったムースも美味しかったです。
14・15はディナーバフェで、こちらもスロットクラブカードの提示で、2人で30.25ドルでした。ディナーバフェもランチと同じようにビールかワインが無料で、私たちはビールをいつもお願いしていました。食べ物はランチとあまり変わらないように思いましたが、パエリアやビーフンやレバノン料理の鳥の煮込みなども美味しかった記憶があります。

 
16・17・18はパームスの24時間営業のカフェです。ここでもスロットクラブカードの提示が条件で、24時間お得なメニューが提供されていました。
16は午後10時からのお得なメニューで、パンケーキと卵のセット2人分と飲み物で18.36ドルでした。
17も午後10時からのお得なメニューで、ステーキアンドエッグ2人前と飲み物で21.6ドルでした。この時は午後10時までにお店に入れたので、本当は午後10時までのお得なメニューのプライムリブを注文したのですが、もう売り切れと言われて、代わりに午後10時からのステーキアンドエッグが注文できたという次第です。
18は、パンケーキと卵のセットとステーキアンドエッグを1つづつと飲み物で18.36ドルでした。テーブルの上に置いてある三角のメニューに、午後10時までと午後10時からのお得なメニューが書いてありました

19・20はゴールドコーストのランチバフェです。写真のテーブルクロス代わりの紙にも書いてありますが、ゴールドコーストのイベント時に1時間ぐらいポイントを貯めると、このランチバフェが無料で食べれるポイントが貯まりましたので、ポイントで食べられました。揚げ物系とマカロニチーズが美味しく、オレンジもすごくジューシーで甘く、焼き芋も中身がオレンジなのですが日本よりも美味しいと思いました。そういえば、ここのバフェにはお好み焼きがあってビックリしました。

21もゴールドコースト・ホテルで、中華のピン・パン・ポンで夜食に食べたワンタンヌードルで、2人分で15.03ドルでした。薄味のスープでしたが、エビワンタンがしっかりとした味付けで、夜中に食べるのに嬉しい味でした。

22・23はリオのKJ DIM SUM AND SEAFOODで、24・25はゴールドコーストのPING PANG PONGで、ともに飲茶を食べた時の写真です。
22・23のKJ DIM SUM AND SEAFOODでは、中華粥や小籠包に湯葉巻き、ライスペーパーでひき肉を巻いたものやタロイモのケーキを食べて、20.11ドルでした。
24・25のPING PANG PONGでも、鳥の足先の煮物やチャーシュー饅にエビのすり身、後は同じくライスペーパーでひき肉を巻いたものやタロイモのケーキを食べて、23.00ドルでした。
似たようなものを、ともに回ってくるカートから指さして注文して食べてみたのですが、リオのKJ DIM SUM AND SEAFOODのほうは味付けも薄めで上品な感じ、ゴールドコーストのPING PANG PONGのほうは味が濃い目で気取らない感じがしました。

26・27・28は、バリーズ・ホテルでのサンデーブランチの写真です。このサンデーブランチを食べるのがラスベガス旅行の目的の1つになっているのですが、今回から2段のパンのトレイが自動的に置かれるようになっていました。やはりここでシャンパンと果物、キャビアと生牡蠣を昼前から食べるのは、個人的に最高だと思います。料金は2人で183.77ドルでした。

29・30は今回初めて行った、リオからパームス方面へウエスト・フラミンゴ・ロードを20分ぐらい歩き、サウス・ディケーターとの交差点のショッピングゾーンの1画にある、The Fat Greekというギリシャ料理レストランです。
29の写真の左側がお店の外観で、このゾーンには和食バフェのMAKINOもあるようです。
30が料理の写真ですが、上にあるサンドイッチのようなのが、丸い薄いパンでスパイシーな牛とラムのハムのようなものを巻いて、ヨーグルトを掛けたTraditional Gyroです。真ん中にあるのが、ひき肉をまとめて香ばしく焼いたケバブのKefte Kebab Plateです。スパイシーなお肉とヨーグルトの酸味がマッチしていてすごく美味して、ギリシャのビールも飲んだのですが、苦味があり料理とマッチしていて3本飲みました。初めてギリシャ料理を食べましたが、次にラスベガスに来た時にも、絶対行きたいお店になりました。
31の写真は、美味しかったので夕食にも食べたくなり、Fat Greek Gyroというのを追加でお持ち帰りに買って帰りました。美味しそうに見えないのが残念ですが・・・ケバブの残りも持ち帰ったので、それと冷蔵庫で冷やしてたビールでの夕食です。The Fat Greekでのお会計は、全部で45.83ドルでした。

32の写真は、リオからゴールドコーストとの間の道を、北へ20分ぐらい歩くと到着するチャイナタウンの一角です。
33は、そこにあるPho Kim Longというベトナム料理屋さんに初めて行き、レアビーフのフォーと生春巻きにサイゴンビールを飲みました。このお店は人気店のようで、入り口にあるノートに名前を書いて10分ぐらい待っての入店でした。とても美味しくて合計34.54ドルの支払いでした。

34・35も、このチャイナタウンにあるMr Tofuという韓国料理屋さんです。34の時は、ミックスチゲを2人前とビール2本に韓国焼酎で39.96ドルでした。35の時は、参鶏湯2人前とビール2本、それと夕食用にお持ち帰りのビビンバを1人前買って54.95ドルでした。このお店は前回の旅行からのお気に入りなのですが、今回も変わらず良かったです。
36の写真も、ここの一角の横側にありましたHAWAIIAN STYLE POKEという、ハワイのポキのお店です。お持ち帰り専用のお店でしたので、2種類のポキをお持ち帰りで夕食用に買い16.09ドルでした。
37はその日の夕食なのですが、Mr Tofuで持ち帰ったビビンバの副菜と、2種類のポキをつまみに、これも余って持って帰って冷蔵庫で冷やしてた韓国焼酎を飲みました。貧相な夕食に見えると思いますが、このポキは鮮度抜群で味付けもばっちりで本当に美味しかったです。
38はその翌日のお昼ご飯なのですが、前日の夕食でビビンバまで食べられずに余ってしまったので、ビールと一緒に食べました。

おかしな文章となっているところもあるかと思いますが、なにか1つでもお役に立つことがあれば幸いです。
掲載していただきましたまさしさんに感謝いたしますとともに、最後まで読んでくださりありがとうございました<(_ _)>!!


他の方のラスベガス旅行記を読む