庶民さんのラスベガス旅行記
(2011年10月下旬〜11月上旬)

いつもまさしさんの「Enjoy!Las Vegas!!」と「ラスベガスな毎日」を楽しく拝見させていただきありがとうございます。
リンクの「ラスベガストリプルチェリー」「すぴん@理想と現実」「MoneとMone妻の主にLas Vegas旅行記と美味し!もの」のお三方も、よく拝見させていただいておりまして、この場を借りてお礼申し上げます。
前回の簡単な旅行記から1年半経ちまして、またラスベガスに行くことができましたので、2度目の旅行記を書いてみました。今回も写真中心ですが、読んでいただけると幸いです。
私達の旅行はカジノと食事がメインでして、カジノでは写真に撮れるほどの当たりがなく・・・今回も食事だけの旅行記です。買い物はプレミアム・アウトレットとROSSがメインで、80円を切る円高とアウトレットのコーチが30パーセントオフをしていたことがラッキーでした。ショーは、公式サイトから割引が出ていまして、シルクドソレイユのオーとミスティアを見ることができました。両方とも5〜6年前ぐらいに観ていたのですが、内容を忘れていることもあるでしょうし、新しくなった部分もあるでしょうから、すごく楽しく観ることができ、観て良かったと思いました!!
1は宿泊したサーカス・サーカス・ホテルの看板です。2は正面入り口で、私達が宿泊したウエストタワーは、入り口真正面奥のタワーになります。3・4はその室内ですが、改装されているのでサーカス・サーカスの中では綺麗なほうだと思います。
5は部屋からの景色ですが、真下のピンクは遊園地・アドベンチャードームの屋根で、その奥に見えるがパレス・ステーション・ホテルですから、ストリップの反対を向いていて景色が良いとはいえませんが、遠くに見える山々の景色と夜の住宅街の光は素晴らしかったです。部屋の掃除も、高級ホテル並ではないでしょうがわりとしっかりしている印象で、カクテルガールさんや掃除のおばさんやスタッフの方がフレンドリーだったのが印象に残ってます。不景気の影響もあり、ホテル周辺の治安が気がかりでしたが、室料が安いせいか夜でもホテル周辺には人通りがあり、かえって以前より安心して歩くことが出来たと思いました。カジノが今のままだったら、次回も泊まりたいホテルです。

6はサーカス・サーカス内のステーキハウスで、今回は午後3時〜午後5時までのハッピー・アワーでよく利用させていただきました。7は米国産ビール(2.87ドル)とHOT ROCK PRIME RIB(5ドル)です。8は薄切りのプライムリブを石焼で食べている時で、ホタテのバター焼きのSEARED SCALLOPS(6ドル)と白ワイン(4ドル)もテーブルにあります。9は別の日で、石焼プライムリブとアスパラをプロシュートで巻いたCRUSTINI(6ドル)に赤ワイン(4ドル)です。10・11もまた別の日で、濃厚なトマトスープ(6ドル)と石焼プライムリブにビールです。このハッピー・アワーは、値段が安くボリュームもあり、料理もサービスもしっかりしていて本当にお得だと思います。私的には、石焼プライム・リブとホタテのバター焼きの組み合わせが好きでした。ハッピー・アワーのメニューは、写真付きで用意されていますし、サーカス・サーカスのサイトから見ることも出来ます。ひとつ悩んだのがチップのことです。高級なステーキハウスだから20パーセントと思っても、ハッピー・アワーなので料金が安く6ドルとかになってしまいます。それは少なすぎるだろうと思い、いつも10〜15ドルを置いて帰っていたのですが、みなさんどうされているか気になります・・・。

12もサーカス・サーカス内で、カフェに相当すると思いますRock & Rita'sです。夜間閉まってしまうので1度しか利用できませんでしたが、ステーキサラダ(13.99ドル)は予想外に美味しかった記憶がありますし、ハンバーガーのスライダー(8.99ドル)はよく見かけますが、ホットドックのスライダー(9.99ドル)は珍しいのでは?ドラフトビール(4.25ドル)と一緒に食べると美味しかったです。

13は今回大ヒットの1つTACOS EL GORDOです。今までタコスがそんなに美味しいとは思わなかったのですが、ここは違いました。場所は、WynnからEncoreを通りコンビニのWalgreensへ行く途中にあります。牛肉の炭火焼や豚肉をケバブのように焼いたタコスも美味しかったですが、14の牛タンを煮込んだBeef Toungeのタコスと内臓を煮込んだPork Stomachsがすごく良かったです。モツやホルモンが好きでしたら間違いないと思います。値段はどれも1つ2ドルぐらいです。Modeloビールはウォルグリーンで買って勝手に持ち込み、外の座席で食べました。無料のライムと生のラディッシュも合いますし、無料の焼き唐辛子と何より焼いたネギがタコスに合うのがビックリでした。

15はサーカス・サーカスの向かいにあるリビエラ・ホテル内のQUEEN VICTORIA PUBです。深夜の夜食に利用したので軽食ですが、16のSCOCH EGG(6.25ドル)とSAUSAGE ROLL(6.25ドル)は、ともにサクサクと仕上がっていて美味しかったです。Bassビール(7.5ドル)とお店オリジナルのQUEEN LAGER(5.5ドル)もグラスが大きくて、イギリス料理を食べれて良かったです。

17は同じくリビエラ・ホテル内のフードコートにあるINDIA MASALAです。
18はほうれん草を煮込んだカレー?(7.99ドル)とドーサという小麦粉の皮でジャガイモのカレー味を巻いた物(10.99ドル)です。ビールはリビエラ内のABCストアーで購入し持ち込んでます。美味しいのですがコッテリしているので、2人で1つで正解だと思います。
この時は残したものを捨ててしまって、それが勿体無くて次の時に食べた19では、2人で1つのノン・ベジタリアン・コンボ(14.99ドル)にし、あらかじめTo Go用にボックスに入れてもらいました。やはり2人で1つが丁度美味しく食べられ、少し残ったのは持って帰って翌日の朝食にしました。

20〜25は、ストリップ中心のフォー・コーナーにある「Bally's」ホテルで、日曜日に行われているシャンパン・ブランチの「Sterling Brunch」です。2度行きまして、1回目が20・21・22、2回目が23・24・25です。シャンパンはペリエ・ジュエ・グラン・ブリュットという銘柄のようでした。1回目ではロゼのシャンパンもあり、その時々で変化もあるようです。前回の旅行記の時と同じように、キャビア・生牡蠣・ロブスターがシャンパンに合い美味しいと思っていましたが、今回初めて食べたラムチョップも非常に美味しく、さらに生牡蠣にキャビアを乗せて食べると最高に美味しくシャンパンに合うと新たな発見です!!やはり、このシャンパン・ブランチは1人85ドルと高価ですが、それ以上の価値があると思います。この旅行で、ナンバー1の美味しさだったと思います!!

26はダウンタウンのMain Street Stationホテル内、
Triple 7 Restaurant and Microbreweryです。
27のビール・サンプラー(5.5ドル)で、
28のプライム・リブ(10.99ドル)と
レインボー・ロール(13.99ドル)を食べました。
プライム・リブとレインボー・ロールに
ビール・サンプラーの組み合わせは、私的に
このお店の組み合わせでベストじゃないかと思いました。

29もダウンタウンのFour Queensホテル内にあります、CHICAGO BREWING COMPANYです。ビール・サンプラーの飲み比べをしてみようと思い、このお店にも行きました。
30はビール9種類のサンプラー(8.99ドル)で、上段に4種類、下段に5種類のビールがありまして、そのうちの1つはルートビアだと思います。
31はスパイシー・チキン・サラダ(9.25ドル)をシェアで半分づつにしてもらい、高さのあるシカゴ・ピザ(9.49ドル)も食べました。ボリュームたっぷりだったので食べきれなかったのは持って帰りましたが、味は良かったです。こちらはテーブルも小さかったですし、料理の品数も少なかったので、食事メインならメイン・ストリート・ステーション・ホテルのトリプル7、ビールを楽しみたい時はこちらが良いのでは?と思いました。ビールの味は、どちらのお店もそれぞれ非常に特色があり、ビール好きなら飲んでみる価値ありだと思います。

32もダウンタウンで、Californiaホテル内の2階にありますAloha Specialtiesです。フードコートとレストランの中間のようなお店でしたが、アヒ・ポキとご飯にラージ・サイミンで合計20ドルぐらいでした。飲み物はレギュラー・ウォーターで、ご飯とアヒ・ポキに汁物のサイミンはホッとする優しいお味でした。。
33からは、トレジャー・アイランド・ホテルとファッションショー・モールの間の、スプリング・マウンテン・ロード沿いにあるチャイナ・タウン近辺のお店です。
今回初めて、スプリング・マウンテン・ロードにバスを使い行きました。Yelpで評判のお店を調べて、グーグル・マップで位置とバス停を確認し、バス会社RTCのサイトで時刻表などを確認して行きました。
33は韓国料理のMR. TOFUの外観です。
34はハイト・ビールと韓国焼酎に無料の付きだしです。この付きだしは、無くなるとお代わりをもらえて得した気分でした。韓国焼酎は日本酒と焼酎の中間のような感じで、はまってしまいました。
35はサムゲタン(14.95ドル)と韓国風うどんのAnchovy Noodles(8ドル)です。サムゲタンの朝鮮人参が苦いのにビックリしましたが、滋養がつきそうでした。
36は2度目に行った時で、この時は寒かったのでコーン茶がでました。料理はチゲのSOON TOFU-Combination(8ドル)です。チゲは辛さをマイルドで選択し、ビーフ・ポーク・ムール貝・タコ・海老・豆腐が入っていました。辛さが丁度良く、最後にご飯を入れて食べると美味しかったです。
37はビビンバも食べてみたかったので、お持ち帰りにしたTo Goのビビンバ(8.95ドル)です。目玉焼きが入っているのに驚きましたが、目玉焼きも崩して食べると絶妙で美味しかったです。冬瓜のスープは味が薄かった印象でした。

38もスプリング・マウンテン・ロード沿いの「PHO SO 1」というベトナム料理屋さんです。39はレアの牛肉が入ったフォー・タイを2人前と生春巻き1人前、ベトナムの33という銘柄のビールとチンタオ・ビールの大瓶です。全部で35ドルぐらいの支払いでした。フォーはボリュームがありスープも美味しかったです。お水じゃなくジャスミンティーが出てきたのも嬉しかったです。隣の方が注文されてたベトナム風焼肉の良い匂いがして、それを試せなかったのが残念でした。

40もスプリング・マウンテン・ロード近くにある、Wendy's Noodle Cafeです。
41は小龍包のShanghai Dumplings(6.25ドル)を2人前と、中華レタスのガーリック炒めのChinese Lettuce with Garlic Sauce(6.95ドル)、特製平打ち米粉焼きそばのHouse Chow Fun(7.95ドル)に、チンタオビールです。初めての小龍包だったのですが、スープが中からこぼれてしまっていたと思われるものもありましたが、1度やってみたかったレンゲに肉汁を溜めて食べることができ大満足です。焼きそばが麺がモチモチしていて、これも頼んで正解でした。席に着くと、ジャスミンティーとピーナッツが出てきたのも嬉しかったです。
42はデザートで、生マンゴーとタピオカ入りのフレッシュなマンゴーピューレのMango Tapioca with Coconut Milk(3.50ドル)です。この値段で、この内容にびっくりです。上のグレープフルーツの果肉とココナッツミルクが、味をいっそう引き立てていて、食べて大正解です。後ろに見えているビニール袋は、残った中華レタスと焼きそばの持ち帰りですが、夜食に食べても美味しかったです。
このお店はファミリー経営のようで、ウェーターの青年と少し話?をしたのですが、日本人大歓迎と言っていました!!
以上で今回の旅行記は終了ですが、今回は円高のおかげ?で大韓航空のビジネスクラスで、初めてラスベガスに行くことができました。韓国・仁川空港からラスベガスへは往復ともに直行便で、地方発着便を利用していると本当に便利だと思うとともに、羽田空港にもっと頑張ってもらいたいと思いました。以下に座席と機内食の写真がありますので、お時間のある方はご覧いただければ幸いです。
43は福岡発仁川行きの機内です。
44は機内食で、1時間足らずの飛行時間ですがしっかりとした機内食が出ました。
45は仁川空港の免税品店ですが、ヴィトンの免税店がありました。

46は仁川発ラスベガス行きの機内です。47はアミューズ?で、プラムのビネガーは酸っぱかったです。でもシャンパンが嬉しいです。48が前菜の、イチジク・生ハム・チーズです。49がスープです。50はビビンバが品切れで、ステーキとなりましたが見た目よりボリュームたっぷりです。51はデザートに葡萄とチーズをいただきました。52はラスベガス到着前の朝食で、ソムロンタン?という牛骨のスープでした。味が無かったので、自分で塩とコチジャンで味付けしました。でも最初から味付けしてもらえるほうが美味しいと思うのですが・・・。53のデザートを食べたら、ラスベガスに到着でした。

54は帰りのラスベガス発仁川行きの機内です。帰りはフルフラットになるシートらしく、行きと比べて座席の間隔が広かったです。
55はラスベガスの出発時間が午後11時40分でしたが、希望するとビビンバの夜食が出ました。ビビンバはラスベガスで食べたほうが美味しかったですが、この干し鱈のスープは絶品だと思います。
56は深夜にリフレッシュメントでいただいたラーメンです。これにも干し鱈が使われていてピリ辛で美味しかったです。
57は仁川空港到着前の朝食で、ネギと蟹の入ったおかゆです。これに刻み韓国海苔を入れて食べると好きな味でした。
58のデザートを食べてしばらくしたら、仁川空港に到着です。

59は仁川発福岡行きの機内です。
60は、帰りも1時間の飛行時間でもしっかり食事が出て、アスパラのスープとトマトとチーズにピーマンのサンドイッチで美味しかったです。

長文となりましたが、掲載していていただきましたまさしさんに感謝いたしますとともに、
ラスベガスへ行く方の少しでもお役に立つことができましたら嬉しく思います。
それでは失礼いたしますm(__)m


他の方のラスベガス旅行記を読む