シャラポワさん家(ち)のポチさんのラスベガス旅行記
(2006年5月12〜19日)

40歳代のおチャンが何でこの時期に長期休暇が取れたのか?
 オイラは、某飲料メーカーに勤めるオペレーターで冬物の製品生産を行っていますので夏に向かってのこの時期すごく暇になり、人が余ってくるのでいつもの年は、応援に他の部署に回っていたのですが、年休が毎年使いきれないので、思い切って上司に長期休暇を申し入れた所OKが出たので。何時も行く旅行社でツアーを選んでいたら、JALで直行便が出ている!行かねばなるまい・・・と言う事で、2回目のラスベガス行きが決まりました。
 5月の12日〜20日までの旅程で、ホテルはエクスカリバー、むっ あのDランドのシンデレラ城の様な乙女チックなイメージのあのホテルかぁ・・・前途多難だね。オジちゃんはいささか恥ずかしい気持ちであったが仕方が無い
<12日>
 三重県鈴鹿市在住のオイラは運行始まったばかりの四日市発の高速艇シーワープでの出発です。6時55分発セントレア行き、この地方では一番早くて安い交通手段、駐車料金無し往復3380円で往復割引有り(7月まで)はありがたかった。
 8時50分のJL054で成田へ。10時5分着でラスベガス行きのJL026は16時発。なんでこうなるのか解らないけど。6時間も中に居られないので、一時出港させてもらいゆっくり食事をしてラウンジ(おチャンなのでゴールドカード持っている、えへん)でただの飲み物飲みあさりながら、ニンテンドウDSで遊んだり昼寝をしたり。ラスベガスはまだかぁ〜。
 なんだかんだで、ラスベガス行きのジャンボに乗りこんで一路ラスベガス・マッキャラン空港へ。近頃トラブルつづきのJLもやはり飛行機はアメリカの会社の物より快適で、勿論各シートにテレビ画面がありリモコンでプログラムの選べる物、新作映画も懐かしい物も観放題、聞き放題。客室乗務員もほとんど日本人だから9時間45分なんて全然気にならない。何でも乗り物乗せてもらえば喜んでいるやつだからとうぜんかも
 現地に着き、ツアーのお迎えスタッフに無事に見つけてもらい、他の参加者はホテルごとに出発してゆきましたが、同じホテルに行くお客さんがなかなか出てこない。あちゃ〜、またか。実は、前回も同じツアーの参加者がロサンゼルスで乗り遅れて最後まで待っていた事がありました。中に見にいってもらったら6人位のファミリーでトランクが壊れて受け取り場所で中身をぶちまけてしまい、何か面倒になっているらしいとか。9日間もあるからへチャラだよ。どうせ、ホテルのチェックインは午後にしか出来ないからね。同じように出待ちのアルバイトと、ママについて来たらしい、子どもに折り鶴を教えて遊んでいた(海外旅行の時は折り紙を何時も持参している。折り鶴をプレゼントするとすごく喜ばれる)やっと、遅れていた人達も出てきたので、エクスカリバーに出発て、出たと単に「あじぃ〜〜〜」スタッフの美由紀さん、いわく「今、37度くらいです」黒いスーツ着てサラッとゆうなよ。
 さすがに、夜の一人歩きは無鉄砲な事だと思い、AVAのオプショナル・イルミネーションツアーを予約。前回も参加していて、ホテル・リオ・オールスイートのマスカレード・ショーとかフリーモントストリート・エクスペリンスとかストラトスファーのタワーの夜景とか楽しめるし、免税店の岡田屋さんでミネラルウウォーターも貰えるし割引で買い物も出来る。日本食の浜田のオニギリも付いている。タクシーで行くよりも一人だったら安上がりで何より安全だから。スタッフの美由紀さんと1時半に待ち合わせをして荷物を預けてカジノをウロウロ、その間にCasherでTCをドルに両替とりあえず$300、この位だったらパスポート手に持っているだけでサインしてOKですよ。TCは額面どうりでもらえるのでレートを考える必要が無いので楽ですね。
 チェックインは3時からと思っていたら、美由紀さん頑張ってくれて、2時前に出来ました。部屋のチェックの電話を美由紀さんにして、荷物を開いてシャワーを浴びてから、ベットで転がってTVを付けたらホテルの紹介チャンネルが2つもあり系列のマンダレイ・ベイとルクソールのショーとかレストランのCMを見ている間に眠くなったので昼寝を少し。ホテルの中の散策をしながら、食事をする事にしたけどお腹がすかない。ブラブラしているうちに、めんどうくさくなったのでマクドナルドで済ましてしまいました。
 ナイトツアーの集合場所のルクソールのスフィンクスの胸から入って右のカウンターの所で6時半って、この長いカウンターのどこよ???でもなんとか見つけてもらって参加できました。道路の混みぐあいでルートが毎日変わるそうで、まずは、岡田屋さんで買い物タイム、乾燥肉をしきりに進めていましたが「ビーフジャッキーですか?」って聞くと「ハムです」って言われて首を傾げてしまいました。だって乾いているジャン。周りを見ていると、5個買うと1箱サービスのチョコレート皆買っていたけど。気温40度くらいの所では溶けて日本では団子になっているのでは、などと考えてしまうのはオイラだけ?店内もエアコンでしっかり涼しいので忘れちゃうのかな?
 ストラトスフィアのタワーに一番先に行くのぉ〜?だって明るいじゃん夜景はどうなるの?上がった頃は夕焼け黄昏時、しょうがないので夕暮れのストリップ通りをパチリ。エックス・クリームやビックショットに挑戦する命知らず(オちゃんは臆病者なので絶対乗らない)を待っている間に日が沈みアッと言う間に夜景になっちゃた。さすがにプロの仕事。夕暮れのストリップと夜景のストリップ両方見ることが出来ました。「ベガスの太陽、釣瓶落とし」後、30分遅かったらドォ〜と観光客が押し寄せて登れなくなるそうです。押し寄せる観光客を尻目に次のスポット、フリーモント・ストリートに。2年前にも来ましたが、その頃は交通信号と同じサイズの電球の組み合わせで映像を見せていたので粒子が粗くて今一の感想でしたが。何か全面改装になってパソコン制御でレーザーがどうので、滅茶苦茶綺麗になっていました。始まる前に手近なカジノに入る時にネックレスをプレゼントされて機嫌よくスロットマシーンに座って10分位時間つぶしに冷やかしで5ドル入れて10セント×5ラインで3回くらい回したらアラ、ビックリいきなりボーナス画面が出てきて油田がポッポッて、オイル噴出して。あっという間に5倍位になちゃった。時間が無いのでストップしたらジャラジャラコインが出てきて・・・小切手じゃないの?て言っている場合じゃないので。コインバンクにジャラジャラ10セントコイン入れて。外に飛び出してショーを見て。面倒なのでそのままバスまで持って帰って自慢してやった。今回もスタート好調じゃない。前回もこの店で結構小遣い稼ぎした3分くらいで4倍くらいになった覚えがある。前回は旅行中トータル$150位のささやかな勝ち逃げをしている。今回はどうかな?と言っても普段パチンコも行った事のないギャンブル音痴なので直ぐ飽きちゃうよね。
 次のスポット、リオ・オールスイートのマスカレードショーの見学ショーが始まる前からピエロからネックレスの争奪戦いきなりゲットしたけど後にも先のこの一個だけでした。でもショーの方は相変わらずとても只とは思えない中身の濃いものでした。
 1日目はこんなもんでカンベンしてやろう。

<13日>
 昨夜は、昼寝とか時差ぼけ?とかで寝付かれなかたのでドタバタしている間に朝が来たので、AVAのツアーサービスで貰ったストリップ・トロリーのチケットを使って見ようと思ってホテル前のバスストップで待っていたら9時半からって書いて有るけど何処のバスストップから出るのかボォ〜と座って考えていたら。ジリジリ肌が焼けてくる感じがしたので、日焼け止めを塗ってないのを思い出して取り出して塗ったら、たいしたもんだね。ジリジリする感じが無くなったよ。紫外線跳ね返しているのかな、などと考えているうちに。トロリーがきた。貰ったチケットを出したら運転手君「のんなぁ〜」って顎をしゃくって見せた。日本でやったら怒られるよなぁ〜って思ったけどここだと腹が立たないのはなぜかな?お客はオイラだけ、ついでだから一回り乗ってやろうとフツフツと考えたのは乗ってから、マンダレイ・ベイ、フーターズと止まるたびに乗客が増えるのはいいけど。乗ってくる人が平均的日本人の3倍位の容積があるのにビックリ。いくらアメリカだからっていろんな人が居るはずなのにこのバスはドラム缶みたいな人ばかり乗ってくるんだろうって思っているうちに。陽気なドラム缶サイズの人々に囲まれてしまった。なのにバスの椅子はなぜか日本の物より小さめに見えるのは、目の錯覚かな?
 MGM、バリ−ズと止まってファッションショーモールをこえてヒルトン、リビエラの次がストラトスフィアで折り返しと思ったら止まったまま動かない、いつまでたっても動かない。待ってるうちに、寝てしまった。30分位したら次のバスが来て、運転手君が皆降りてあっちのバスに移れって言ってきた。なるほど、バスも運転手もチェンジで料金そのままで乗り換えOKでした。その後ドンドン乗って2時間半位で一回りしてニューヨーク・ニューヨークで下車して今夜見ようと思ってたフォーリーズ・バジェーのチケットを買いにホテルの前に行くと一台のスロットマシーンの前に行列がなにやら只のチャレンジで一等賞は、車ムスタング($17000)が貰えるとか、それ以下でもショーのチケットとか貰えるみたいで、まったくはずれでも、ショーの割引してもらえるみたいで、はずれだったけど貰ったチラシみたいなのを見せて「一人」って言ったらテーブル席でなんと$38くらいでした。確か$52くらいのはずだったのに、やっぱり割引あるみたい。チケットも手に入れたのでホテルに戻って、明日からの計画をガイドブック見ながら作戦を練りました。トロリーもなれたので移動は1日券であっちこっち乗り回す作戦。昼は暑すぎるので夕方から出歩く事に。体力温存は最後まで楽しむコツと見た。シャワーを浴びて、昼寝して日没頃に動き出す。なかなかいい調子だ。24時間寝ない町だから、こんな事も出来るんだね。トラムに乗ってマンダレイ・ベイまでの急行に乗り帰りにルクソールにも止まる各駅に乗っていったり来たり。水族館やアトラクションの場所の確認などしました。トラムに乗っていて気が付いたのが、マンダレイ・ベイの向かいにあるマクドナルドとサブウエーなどの並んだ店舗、朝飯に便利かも。
 ユルユル歩いて、夕食にフータ−スに行く事にしました。2年前サンレモの頃に泊まったホテルなので、一寸思い入れがあったので・・・でも、行ってビックリ、玄関前で度肝を抜かれた。オレンジのホットパンツに白のタンクットップの女の子がタクシー係とかしながら「ハァ−イ」ってお出迎え。中に入るとドリンク運んでいるのもバフェのウエートレスも一部のテーブルゲームのディーラーまでやっている。どの子も何処で探してきたのかと言うくらいスタイルもルックスも抜群で「フーターズガール」と言うそうで、売店には彼女らのカレンダーやトランプや小物や衣類なども売っていた。バフェは結構込んでいたので、隣のレストランに。おじさんは、太り気味なので食べ放題はご法度。でも普通の食事でも多いくらいなんだから空いている方がいい。席に案内されてメニューを見ながらステーキは何が良いか聞くと、「カーボーイ・ステーキ」を進められた。骨付きのでっかいリブステーキだった。厚さは3センチ位、指を含めた手のひら位のサイズがありタップリのマシュポテトが下に引いてあった。処で、レストランのウエートレスはグレーのメイド服でした、ウエーターもいて、滅茶苦茶アットホームな雰囲気で雑談しまくり、客に対してもフレンドリーで、担当テーブルの人が何度も「美味しいか」とか「飲み物は足りているか」とか気さくに声をかけてくれる。退屈しているとそばに来て話し相手もしてくれるので、たのしかった。チップとビールを含めて$30くらいでした。
 フォーリーズ・バジェーは、フーターズとエクスカリバーの中間くらいにあるトロピカーナのテファニー・シアターで開演される、1959年から続く歴史のあるショーで、シアターに入ったら案内係のおじさんがいたのでチケットを見せたら、舞台の砂被り位のテーブル席に連れて行かれた7番テーブルの9番シート間違いない。ちっと脇であるが体は中央向きで後ろを向かなくてもそのまま見渡せる位置。当日昼過ぎに買った40ドル弱の席とはとても思えない最高の席でした。1時間半にも及ぶ賢覧豪華なショーはレビューとしては前回に観たラ・フェーム、スプラッシュよりも各段位上だったように思えました。安かったぁ〜。
この晩は満足してホテルに戻りました。

<14日>
 今朝は、時差にもなれたのか、突然、大音響と共に動き出すエアコンもものともせず、9時半ごろまで。寝坊してしまった。やばいベットメーキングが来てしまう。身支度を整えて10時までに部屋を出ようしたらノックがした「げ、1分遅れた」何となくガッカリしちゃった。当然、後で回ってもらえるのだけどね。
 昨日、見たマンダレイ・ベイの向かいにある、マクドナルドなどの入った店舗に行ってみた。日本と同じモーニングメニューがあった。おんなじだぁ〜?コーヒーは「まず〜う」何これって思ってしまった。水の不味さが露骨に出ているね。歯を磨く時何となく、塩味がしたような気がしたが・・・飲料メーカーに勤める性でしょうか?ここだけかな?
 外に出て他に何の店舗があるか見て歩くと。サブウエー、雑貨も扱っている酒屋さん、バンダ・エクスプレスと改装中の店舗で、酒屋さんでミネラルウォーター買う事にしました。500mlの普通の物が79セント位だったかな、とにかく何処で買うよりも滅茶苦茶安かった、ドラッグストアーとかでは1ドル位、ホテルでは2ドル位だから朝から得した気分になった。単純なやつ!?
 今夜、バリーズのジュビリーを見ることにしました、総勢100人位のダンサーが出演するてんで、昨夜のフォーリーズ・バジェーよりすごいらしい。チケット売り場も直ぐわかったし。22時30分の回で略中央のシートが82ドル。夜、トロリーで移動できるか試してみるつもりで。いそいそ出掛けたて、ベラッジオの噴水ショーを見たりして時間をつぶして、シアターへ入ったら男性ダンサーがカーネーションの束を抱えて待っていた「ああ、今日は母の日だった」女性客に1本ずつ配られていた。たしか、母の日は、アメリカ発祥のイベントだったね。席について待っていたら、やがて幕が開くかと思ったら。天井からダンサーがゴンドラに乗って降りてきた。およよって思っているうちに幕が開き大階段からガンガンダンサーが下りてきて舞台いっぱいになっていた。すごい豪華絢爛なレビュー思わず息を呑む場面しきりでした。1時間40分充分楽しめました。フォーラムショップのバスットプからトロリーに乗れてやっぱり使えるじゃない格安の脚として有効でした。
<16日>
 今朝は、まずまずの目覚め。ゆっくり支度をしながら窓の外を見ると。正面にルクソールのスフィンクスとマンダレイ・ベイが正面に見えるロケーション、トラムが行ったり来たりしてるいのが見下ろせる左手に視線をやると、マッカラン空港の飛行機の離着陸が良く見えること・・・4日目なのに今頃気が付いた。写真を撮らなくっちゃ。夜、ルクソールのピラミッドの天辺からビムーが出ているの見えるだろなぁーって。オイラって天然かぁ〜。
 今朝は、朝食をパンダ・エクスプレスで2プレートを注文。お皿にチャーハンかヤキソバをチョイスして好きな惣菜を2種類選べる。すごく簡単。22ozのドリンクとで7ドル20。おみくじ入りのクッキーも貰えて今日は、大吉か?良く解らん、なんか良いみたいだけど。中華料理のファーストフードあちこちにあるけど。パンダ・エクスプレスが一番美味しいみたい。上海とかで食べたパラパラライスのおなじみのチャーハンがシミジミ美味しいのでオイラは好きだな。
 サーカスサーカスのサーカス・アクトは本格的で只で見せてもらって悪いみたい。だってやってる人は命がけなのにね。空中ブランコ…口あけて見ていた。
 ファッションシュー・モールで買い物するでもなくウロウロしていたらまた、とんでもない事を思いついた。床一面と壁の一部が天然大理石なので、何か化石があるのでは?と見て歩くと有るわ、有るわ、あっちにもこっちにも。アンモナイト位しか知らないオイラでもいくらでも見つけられる。ご婦人達のお買い物に飽きてしまったご同輩、幾つ見つけられるか挑戦してみては?軽く2〜30個は見つかりますよ。たぶん100個以上あると思います。もっと詳しい人ならもっと色んな化石を見つけられると思います。イソギンチャクみたいな丸い形の物がいっぱいありました多分サンゴの化石も沢山あると思います。笹の葉の様な形のナメクジを真っ直ぐに伸ばした様な。脊椎動物の先祖みたいなのも見つけました。いいオちゃんが床にしゃがみこんで写真撮ったりしているので、暇なお店の人やガードマンが「何だ?何だ?」って覗きにきたよ。指差して「シェル」って言ったらビックリしていた。何も知らずに働いていたみたい。
 TIのサレンス・オッブ・ティアイなにやら、2年前よりセクシーでユーモラスなショーになっていたね。捕まえた海賊囲んでいたぶっていたし。女の子にぼけ担当がいたよ。前はいなかった。終わっってからドッ〜ト!!ミラージュの噴火に動いて行くのだけどオイラは反対向いて得意のトロリーに乗りに行ったら。待っていたようにバスがいて乗ったらゾロゾロ歩いている観客の群れを追い抜いていき車窓から噴火大爆を見ることができましたシーザー・パレスで下車したら夜のベラッジオの夜の噴水ショーにドンピシャでした。明日の晩はエッフェル塔の上から見ることにしよう。
<17日>
 スタートレッ久・ジ・エクスペリンスを朝、突然ひらめいて観にいきました。入り口に入場料何処にも見つけることが出来ないまま、前の客の様子を見ていたら。なんかカードで支払っている人が多いみたい。写真の注文もあるので沢山払っているみたいと思っていたけど「写真なんかいらないしぃ〜」とか思って、まさか20ドルは超えないでしょ。トロピカーナのフォーリーズ・バジェーだって38ドルだったのにて勝手に思っていたら一人32ドル30だって切符売りのオババがサラリと言いよった。DランドだってUSJだって1日券は5,500円だぞ、スペイン村だったら、4,500円だぞ。一つのアトラクションでなんで30ドルこえるのよ。いくら撮影に使った本物が置いてあるからっと言ってそれは一寸ボッタクリでしょう。方やオッパイまで出して1時間30分も踊って38ドルで一つの出し物で32ドル30じゃおかしいでしょって言ってもキャンセルできない見栄っ張りなので払って見ちゃいましたけど。1日きげんが悪かった。だって、ショーガールに申し訳ないでしょ。いっそのこと、もう一度観にいけばよかった。だって綺麗だったもん・・・グスン
スロットで負けた方がもっとすっきりするよ。

<18日>
 昨日のショックが覚めやらないので、朝からプールに行きました。寝椅子に寝転んで日焼け止め塗って、水持ってタオル2枚借りて横になっていたら。トドとかマグロなんて可愛いね。すごいよ、カバだよ、カバ、日本の女性の横幅の3倍くらいあるお尻があっちこっちでプカプカ浮かんでいる。中にはグラビアから切り抜いてきたような。映画女優やファッションモデルみたいな人もいるけど、ほんの一握り?いや!一摘み!!すごいもの見せてもらった。日本の女性は何処やせたいのか聞いて回りたくなりました。
 昼から、土産物買いに行きました。99セントのコーナーは便利ですね。トランクの隙間いっぱい買ってきました。200ドル位小遣い残っている。今夜は、ステーキたべに行こう。
明日は、朝市帰りだから。

 取り留めの無い文ですが、旅行記書いてみました。よろしく

 

他の方のラスベガス旅行記を読む