ルーさん&ピンさんのラスベガス旅行記2
(2001年1月2日〜1月5日)

 

事前準備

<<発端は・・>>
 2000年11月下旬、今回の冬休みは年始が1月8日までと長いことに気付く。そこで、ルーが海外にでも行きますかっと言い出す。海外と言えば・・・・当然ラスベガスでしょ〜っ!!・・と言う事で、ネットや雑誌で情報収集し、12月初旬にツアーの予約を開始。しかし、どこもキャンセル待ちで難しいと断られる。ラスベガスは諦めて北海道に滑りにでも行こうかなぁ別の線を考え始めた頃、1社から「出来る限り頑張る」との回答を頂き、可能性を信じて仮契約金を振り込む。(30000円/1人)

 日程:2001年1月2日発 3泊5日
 便名:未定(乗継ぎ)
 ホテル:ルクソール、モンテカルロ、トレジャー、MGM、NYNYのいずれか
 ツアー代:89800円+空港使用料/1人

・・のはずが、ツアー料金でとれるホテルは満室とのこと。しかたなく、通常レートでホテルをとってもらうことに・・で10000円/1人UP。

<<行けるぞ!>>
 12月中旬、LVをすっかり諦めかけた頃、全て取れましたとの連絡が!やった〜(^o^)待ってて良かった!で、早速、この旅行記の準備編を書き始める。しかし今だホテルと便名は未定。
 12月24日。有馬記念の予想と一緒に、どのホテルになるかの予想を始める。ピン的にはNYNYがいいんだけどなぁ・・。マンハッタンエクスプレスに乗りたいし。ちなみに有馬記念はルー見事一点的中!ピンちょい負け。そして、丁度この日に旅行会社からツアーの詳細が届く。最終的に以下のようになった。

 日程:2001年1月2日発 3泊5日
 便名(行):2:55pm成田発 大韓航空KE001⇒LA乗継ぎ⇒11:21amLA発 AmericaWest航空HP2106
 便名(帰):6:00amLV発 AmericaWest航空HP2100⇒LA乗継ぎ⇒10:00amLA発 大韓航空KE002
 ホテル:トレジャーアイランド
 ツアー代:99800円+空港使用料/1人

 LAXでの乗り継ぎは自分でやらなくちゃならないので下調べ開始。それにしても、思ったより早くラスべガスに到着できそうで、かなり嬉しい(*^^*)

 

2001年1月2日(火):1日目

<<出発>>
 お正月気分も程々にラスベガスへ出発!今回は、成田までの交通手段は行きあたりばったり。何も予約せずに、とりあえず9:30amのロマンスカーで新宿に出てみる。そして山手線で日暮里まで行き、京成スカイライナーで成田へ。乗り継ぎがスムーズで、なんと12:00am頃到着してしまう。
 チェックイン開始は12:55pmからだか、とりあえず行ってみると、すんなり終了。その時に貰ったクーポンで食事をし、ターミナルへ。出国審査はガラガラに空いていた。その後、免税店でタバコとアナスイの口紅を購入。2:55pm発の大韓航空KE001便は、第3エンジンチェックの為、搭乗が送れる。うむぅ・・大丈夫なのか?少し不安・・。3:15pm頃ようやく搭乗開始し、3:40pmやっと出発!8時間37分の空の旅。大韓航空はイメージが良くなく、これまで避けてきたのだが、食事は美味しいし、入国カードのチェックはしてくれるし、かなり好感度の高いサービスをしてくれる。途中揺れたが、ワインを頂き良く眠れた。

<<トランジット>>
 出発は遅れたのだが、予定通り7:30amLAX着。入国審査はとても混んでいた。8:30amやっと外に出てルー1プク。そのまま右手にあるバス停からシャトルバスAに乗り、ターミナル1へ。ここまで順調。しかしAmericaWestのチェックインカウンターは激混み!!30分程並ぶが、まだチェックインできないと言われる。さらに1プクし再度並び直す事30分。10:20amようやくチェックイン完了。
 #この不安だった乗り継ぎ手順については「なおみさんの旅行記」を参考にさせて頂きました。とても助かりました。ありがとうございましたm(_ _)m
 そして、お腹が空いたので早速マックへ。日本と同じ味・・でも日本より安い・・かな?!その後ブラブラして時間をつぶし、11:10am搭乗開始。OnTimeの11:21amラスベガスへ向けて出発!!あぁ〜〜ここまで本当に長かった・・。前回の直行便がいかにラクだったか早くも痛感(=_=)

<<到着!>>
 AmericaWestは3x3シートで小さい。私達は最後部の席だった。乗った途端に熟睡し、12:20pm、あっという間にマッカラン空港に到着!早速スロットのお出迎え!!しかし、すぐそこにツアーの添乗員さんが・・。スロット横目に団体行動をこなす。この時添乗員さんが「有名人が沢山来ている」という話しをしていた。どこかで偶然会えたりしないかしら・・(結局会えなかった・・)。そしてバスでホテルへ送ってもらう。どうやらトレジャー宿泊は私達だけのようで、予想通り、ホテルへ送ってもらえたのは1番最後だった。ホテルのチェックインカウンターは空いていた。早速、喫煙でエレベータに近い部屋をオーダー。2:45pm、33階の部屋へようやく入ることができた!!ストリップ側ではないが十分OK!前回のパリスよりやや狭いようだが、すっきりと使い易い部屋で気に入った!

<<行動開始>>
 荷物をクローゼットへ入換え小休止。1時間程寝て、身支度を整え出発!まずはトレジャーのスロットカードを作成。前回も作成したのだが持ってこなかったので、改めて同じ番号で2枚作成してもらった。次にミスティアのチケットカウンターへ。ダメ元で聞いて見ると、4日の7:30pmがとれた。ラッキーッ(^^)そしてお腹が空いたので、バフェへ直行。ここもガラガラに空いていた。時間がよかったのかな?そして食べ物は美味しい。骨付き肉が柔らかかった。パンプティングもなかなかいける!けど、あんなにお腹が空いていたのに、あっという間に満腹になる。パンプティング、もう少し食べたかったぁ〜(T-T)
 満腹になったところで、今日の目的「ピンのカバン探し」へ。まず徒歩でファッションショーモールのヴィトンへ行くが空振り。そのままフォーラムショップへ行こうと南へ歩くと、トレジャーでバッカニアベイシーバトルが始まった。今回は完全編を見ることが出来た。大迫力で大満足(^-^)そのまま徒歩でミラージ方面へ向かうと、ボルケーノの最後ちょこっとだけ見ることができた。ミラージ前を素通りしフォーラムショップへ。まず、リアルなマグネットやお菓子などのお土産を買う。そしてここのヴィトンに行くも、またもや空振り。しか〜し!目的外のカバン達も日本より安い!買おうかどうしようか悩むが、こんなところで無駄使いしてはいけない。本当に欲しいのが見つかるまで待つことにした。
 再びミラージまで歩きスロットカード作成。ここでポイントの目安などの日本語説明書を貰った。誤字はあるものの分かり易い。それにしてもミラージのカジノは真直ぐ歩くのもままならない程、超混雑している。トレジャーとは大違い!だがルー&ピンは人混みは苦手なのでトレジャーの方が落ち着く。混んでいるミラージでビデオポーカーをやるが、さすがに疲れたので部屋へ帰ることにした。この時すでに10:30pm。

<<まだまだ続く>>
 とりあえず部屋へ戻り、お土産の整理をして、シャワーを浴びて、廊下の自販で買ったジュースとスナックで腹ごなし。このスナック「Rufflesのチーズ味」は超ウマかった(^^)0:00am、再び出陣!トレジャーのカジノフロアで、25¢の9/6ビデオポーカーと25¢のスロットを行ったり来たり。3:00amすぎ頃、ようやくTerraceCafeで夜食をとることに。お腹が空いていたので、ルーはハンバーガー、ピンはオムレツをオーダー。分かってたけど量が多い!しかしほとんど残さず頂きました・・が、満腹になりすぎて、部屋へ帰っても寝れそうにない!ということで、ミニマム5$のBJテーブルに座る。2人ともとりあえず100$をチップに交換。ルーは順調に増やすも、ピンは増えず減らず。5:00am頃、ピンは100$の黒いチップに交換してもらいチャラで終了。ルーもチャラまで勝負をして、100$チップに変えてもらい終了。部屋へ戻り、恒例の両親へのハガキを書き上げ、5:30amやっと就寝。長い1日でした。

ここまでの成績  ルー:ー60$  ピン:ー80$

 

2001年1月3日(水):2日目

<<ホテル巡り1>>
 なんと起床1:30pm!やはり昨日頑張りすぎたか・・。のろのろと支度を整え、2:30pmようやく活動開始。今日のプランはアラジンまでのホテル巡り。まずストリップを向こう岸へ渡り、ベネチアンへ向かう。ベネチアンはキレイ!の一言。船頭(?)さんの歌声もすごい。突然どこかで誰かが歌い出したりもする。みんな良い声をしていて聞き惚れてしまう。とりあえず運河沿いにショッピングモールを1周。ここのショッピングモールは通路が狭い。特に買物もせず、カジノフロアへ降り、スロットカードを作成しようとクラブカウンターへ行ったが、結構並んでいたので諦めた。ひとしきり写真を取り、ベネチアンを後にして南へ歩き出す。ちょうど日差しが正面からで歩きにくい。そんなに暑くはないものの日差しはキツイんだなぁ。と、そこにハラーズ出現。日差しを避けるため中に入ると、すぐに25¢の8/5BONUSポーカーがあったので、休憩がてらやってみる。ルー負け。ピンちょい勝ち。そのままインペリアルホテル前を素通りし、フラミンゴヒルトンへ入る。ハラーズと同様、結構混雑していた。ここで前回の旅でハマッたSLINGOを発見!しかし、この後パリスに行く予定なので、ここでは我慢した。

<<バッフェ>>
 そういえば今日はまだ何も食べていない。すでに5:00pmを過ぎている。かなりお腹もすいたので、フラミンゴヒルトンを素通りして、バリーズのバッフェを目指すことにした。バッフェは既に夕食料金で15.99$/1人。高めだが空いているので入ってみる。味は少し濃いがどれも美味しい。中華も結構いける!デザートのイチゴアイスも美味しかった(^^)満足!!私達の食事が終わる頃、入り口付近ではすごい行列ができていた。

<<ホテル巡り2>>
 バリーズから連絡通路でパリスへ。懐かし〜い!とにかくSLINGOへ直行し、前回の旅で作ったスロットカードを差込みしばらく黙々と楽しむ。やっぱり面白い!しかし、あっさり負け(;_;)ポイントもついたし、深追いせず、アラジンへ。ここでも早速スロットカード作成。キラキラしててカワイイカードだ。そのままショッピングモールへ向かう。ガランとしている。途中、雷が鳴りだし、池(?)のようなところに雨が降るショー(?)を見ることができた。モールをほぼ1周したころ、やっと目的のものを発見!HennaTatoo屋さんだ!!ちゃんとしたお店ではなく、露店のような感じである。このHennaTatooとは、薬草か何かを混ぜたような絵の具のようなものを、キューっと搾り出しながら直接皮膚に模様を書いて、この絵の具が乾いて剥がれ落ちた後も、その模様が2週間位残るというもの。色はオレンジ⇒こげ茶⇒薄茶というように変化していく。私は右手の甲の手首から人差し指の先まで「※〜※〜※」というような模様を書いてもらった。3分程で書き終わり15$を払う。すぐ乾くのだが自然に剥がれ落ちるまでそのままにしておく。そうだ!今後スロットのボタンはこの指で押そう!!・・ということで、アラジンで25¢のスロットを少しやりポイントをつける。案の定Tatooの指で押してもダメだった。ちなみにココのカジノも空いていた。

<<フリーモント>>
 アラジンからタクシーに乗ろうと思ったのだが見つからなかったので、パリスからタクシーに乗る。「ゴールデンナゲットまで」と告げ、FreeWayを走り10分弱で到着。13$。ゴールデンナゲットではなく、フリーモントストリートの脇の路地(?)に降ろしてくれた。すぐにフリーモントストリートへ出るが、8:00pmのショーは終わったばかり。とりあえず、ガイドブックでよく目にするカウボーイの電飾などの前で写真を撮る。そして外で待つのも寒いので、中央の信号近くでビデオポーカーを少しやる。すると8:45pm頃(だったかな?)に、アーケードの電飾が流れ始めた。少し早めに始まるのかなぁ?と見ていたらスグに終わってしまった。この時は隣接するカジノの電飾は消えていなかったので、もうすぐ始まるよ!ということだったのか?そして9:00pm、一度全ての明かりが消え、本物のフリーモントエクスプレスがはじまった。噂通り、すごくキレイだった。タクシーで来た甲斐有り!!帰りはゴールデンナゲットからタクシーに乗り、トレジャーへ帰った。またFreeWayを走り、12$。

<<小さな買物>>
 ルーがトレジャーのライターを買いたいというので、ホテル内にあるバッカニアベイショップへ向かう。ここは24時間営業なのかな?明け方でも開いていた。レジ近くでどのライターを買うか散々迷っているルーを尻目に指輪を眺めていたら、ルーが買ってイイと言う。その変わり、ライターも買えと・・。指輪の方が高いので、もちろん快諾し、共通財布からこれらを購入(^^)そのまま昨日やった9/6ビデオポーカーへ。ピンはかなりヘコんだが、ルーは4カードや配牌ストフラを出してホクホク。ここで一旦部屋へ戻り、ジュースとスナックで休憩。

<<1$台デビュー>>
 11:30pm、再び出陣。トレジャーのカジノフロアの25¢スロットでチマチマ遊ぶが、その後、今回初の1$スロットへ。結果、長く遊べたが、ルー惨敗、ピンちょい負け。この時ピンは負けていながら200枚クレジットがあったので、これを出して、1$の9/6ビデオポーカーへ移る。ルーも一緒だ。そして、ここでもルー4カード!・・しかしのまれる。ピンも手持ちの200$をあっさりのまれ、追うが負け。ここで気分転換にTerraceCafeで夜食をとることに。しかしウェイターのお兄さんには「GoodMorning!」と言われた(^^ゞそうか・・朝食になるのか?で、ハンバーガ、オニオンスープ、ソーセージを2人でシェアして満腹(^^)ピンはこのまま部屋へ。しかし夜に1人でエレベータに乗るのは恐いので、ルーに送ってもらった。そして4:30am就寝。ルーは再々出陣し、50¢のスロットへ。このスロットをチャラでやめ、別の50¢スロットをやるが、あっさりのまれ終了。大逆転の夢を捨てきれず、25¢の9/6ビデオポーカーに移るも・・・。すっかりやられて部屋へ戻り、7:30am就寝。

ここまでの成績  ルー:ー1000$  ピン:ー665$

 

2001年1月4日(木):3日目

<<コンプ>>
 本日も、起床1:45pmと遅め。でもこれは予定通り。明日の早朝にチェックアウトの為、今日は徹夜なのだ!このくらい寝ておかないと、トランジットのLAXで眠りこけてしまうかもしれない。身支度を整え、栄養ドリンクをイッキして、2:30pm行動開始。まずスロットクラブへ向かい、コンプが受けれるか聞いてみる。ポイントは514。するとキャッシュバックとミールが可能だと言われた。バッフェはもう行ったので、他のレストランも可能かとバッカニアベイクラブというレストランの予約をお願いすると、すんなりOK。やった(^-^)今日は7:00pmからミスティアを見るので、その後の9:30pmに予約。さらに51$のキャッシュバックをもらい2人で分けた。負けていても、こういう特典があるとイイ。ちょっとすくわれる(-。-)そして、次回ここに泊まる時コンプレートで泊まれるのか?と聞いたら、もちろん!との答えが。そこで、名刺を下さいと言ったら、名刺ではなくて、その人のメールアドレスを書いた紙をくれた。聞き方悪かったのかな?でも、まいっか(^^ゞ

<<Tatoo再び>>
 まずホテル内にあるスタバでカフェラテを買い、それを持ってトラムでミラージへ。ミラージのトラムは外に着く。しかしミラージへは入らず、そのままアラジンへ向かって歩き出す。昨日のHennaTatooが1ラインで物足りないので、さらに書き加える為だ。ピン1人で行こうと思ったのだが、ルーも付き合ってくれた。この日のTatoo屋さんは結構混んでいた。30分程待って、ようやく書いてもらう事が出来た。今回は、右手の甲の親指から手首まで前日と同じ模様を、中指・薬指の第2間接の上に指輪のような模様を書いてもらった。これでも15$。一体どのように値段を決めているのだろう?私の前の人は、大きな模様2つで16$だったけど・・。この間、ルーは当然カジノへ消えていた。小額で長時間遊べたようだ。

<<大きな買物>>
 トレジャーへの帰り道、ハラーズのカジノフロアを1周していると、小さなプレスリーが手を振り、投げKissをしながら歩いていた。一緒に写真を撮ってもらえば良かった・・失敗(--)で、結局何もせずに外へ出ると、向かいのミラージでボルケーノが始まった。道を挟んだ向かい側から見たが、結構迫力があった。そのままベネチアンに入り、ルーの服でも買おうかと思ったのだが、良いのが見つからず、ファッションショーモールへ向かう。今日は本当によく歩く日だ・・。ファッションショーモールで、まずヴィトンへ向かう。一昨日探して空振ったカバンが入荷していないか確かめる為だ。それにしても相変らず日本人が多い(私達もだけど・・(--))。2Fのヴィトンで聞いて見ると、なんと今日入荷したとのこと。ラッキー!!カジノでは負けてるけどイイ事も沢山あるじゃん!で、早速ご購入。もう1つ探していたカバンがあるのだが、これはなかなか入荷しないとのことで、次回にかけることにした。この後、BANANAREPUBLICへ行き、ルーの服を探す。安くて良いズボンが沢山あるのだが、なんせサイズが・・。痩せ気味ルーにはちょっとデカイものばかり・・。という事で、セーターをご購入。ルーは滅多にセーターなど着ないのだが・・これも海外マジックか?!

<<急げ〜っ!・・?>>
 ここで既に6:30pm!ミスティアが始まる!!急いで部屋へ帰り、セイフティーボックスへ入れておいたミスティアのチケットをとり、ルーは買ったばかりのセーターへ着替え、ピンは寒さ対策のパシュミナを首に巻いて、シアターへ直行!!チケットには7:00pmと書いてあるので、かなり焦ってシアターまで行くも、入り口付近やチケットカウンターは、まだ人でごったがえしている。どうやらこれは開場時間だったようだ。今から入って待つのもなぁ・・ということで、ディナーのバッカニアベイクラブの場所を確認しに行くことにした。このレストランの入り口は、バッカニアベイショップの隣のエレベーターだった。楽しみだ(^^)まだ時間が少しあったので、50¢のトリプルビデオポーカーを少しやる。楽しい!・・が、すぐに引き上げてミスティアのシアターへ戻る。

<<ビバ!ミスティア!!>>
 私達の席は、Section105-B7,8だ。もぎりのお兄さんに右側から入れと言われる。ポップコーンや飲み物を買う人達で混雑している中、奥へ奥へと進み、そこに立っていたオバチャンに席番号を見せると、教えられたのは最右端のSection。そして番号を追って行くと・・・なんとその中でも最右端の前から2列目の席だった。首が痛くなりそう・・。けれどもステージに超近い!まぁ良しとしよう。このようなショーは初めて見たが、評判通りスバラシイものだった。もうパフォーマーの技の全てに感激!超レベルが高い!(ピンは昔体操部だったので少しは知識があるのです)さらに席が前方だったので、細かい表情や衣装の擦れる音など見聞きすることができ、終始充実していた。ただ・・上方で行なうパフォーマンスを見る時は首が辛かった。
 あっという間に時間がすぎ、8:45pm終演。ステージ脇に立っていたお兄さんに許可を取り、最後に出てくる大きな物(見てない方の為に抽象的にしてみました)と写真を撮り、外へ出る。

<<ディナー>>
 ミスティアが予想より早く終わった為、ディナーの予約時間まで少し間があいてしまったので、先ほどやった50¢のトリプルビデオポーカーで時間つぶし。ちょい負けでタイムアウトとなり、予約5分前に、バッカニアベイクラブのエレベーターに乗る。エレベーターを降りると、そこがレストランだった。「コンプリメンタリーの・・」と言うと、すぐに席へ案内してもらえた。1番奥の海賊船がよく見える席だ。食事は、前菜〜デザートまで1品ずつチョイスし、全てをシェアーすることにした。そして、ちょうどサラダを食べ終わった頃、10:00pmのバッカニアベイシーバトルが始まった。他のお客さんも席を立って、窓際で見ている。小さな窓なので、1部分しか見えないのだが、上から見るのもまたイイ。今回の旅、最後のショー見学も充実(^-^)全ての食事を美味しく頂き、超満腹&超満足で10:45pm退室。

<<ひとやすみ>>
 バッカニアベイショップで少しお土産を買い足した後、ピンは食べ過ぎて苦しいので部屋へ直行。そしてお風呂に入ることにした。ここはバスタブが深く、お湯の出もいいので、疲れをとる為にもバスタブに湯をはって入ってみた。結構いい(^^)のんびりつかる・・。と、そこへ食後のビデオポーカーをしていたルーが帰って来た。私が部屋へ行ったきり降りてこないので、何かあったかと心配になったようだ。スミマセン・・・(^^ゞ
 お風呂をあがって、パッケージを始める。お土産や服などを詰めたら、かなりイッパイになった。そして重い・・何故だ?!この間にルーもお風呂に入り、サッパリしたところで、栄養ドリンクをイッキして、1:00am、最後の勝負に出発!!

<<最後の勝負>>
 まず、2人共1$スロットをするが、程なく退陣。チェックアウトする4:00amまで、お金をもたせないといけない。ということで、次に2枚掛けの50¢スロットをした。長く遊べる(^-^)ここで、今回の私の目標達成!!ハンドペイである。50¢800枚(^o^)当たりをひいた、その瞬間、スロットマシーンから、3:00amの比較的静かなカジノフロアに大音量の曲が流れ始めた。ビックリしたが気分はいい。いろんな人が何事かと見に来る。そんな中少し待つと、紙幣を持った人が来てくれて、数えながら手渡ししてくれた。嬉し〜いっ!!もちろんチップも忘れずに・・。ルーはそのまま50¢スロットを続け、私は25¢の9/6ビデオポーカーへ移動。あとはチマチマ遊べればいいのだ(^-^)が、別れてすぐにルーが来て、T/Cをチェンジする・・とパスポートを持って行った。かなりやられているようだ(--;)さらにそのままチマチマ遊んでいると、今度は、オケラになった・・とルーがやって来た。で、今日コンプを受けた後に貯まったポイントをキャッシュバックして、それでもう少し勝負をしたいと言うのだ。やれやれ・・。でもま、前回、同じような展開で「早朝の奇跡」が起きたし・・頑張れ!と送り出す。が・・結果、惨敗・・・(=_=)ここでちょうど4:00amとなりタイムアウト!バゲッジを取りに部屋へ戻り、今回のカジノは終了。

この旅の成績  ルー:ー1600$  ピン:ー700$

 

2001年1月5日(金):4日目

<<さよならラスベガス>>
 4:30am。今回はルームチャージも何もなくチェックアウト不要なので、バゲッジを持ち、そのままタクシーに乗りこんだ。マッカラン空港ターミナル1までFreeWayを走り18.4$。結構高い。AmericaWestのチェックインカウンターは、またも行列。まだ受付係(?)が来ていない。5:00am頃ようやくチェックイン開始。スムーズに終了し、早速シナボンへ!朝早いから無いかなぁ・・と心配だったものの、シナモンのいいニオイがしている(^^)1個ずつゲットし、ゲート前のイスで食べる事に。私達の前に座っているカップルはフォークで食べている。うぅ〜ん、たしかに!これは手がベトベトになる・・。次はフォークも忘れずに!食べ終わってすぐ搭乗開始。OnTimeの6:00amより少し早く出発。飛び立つとラスベガスの街が光って浮いているように見えた。また来るぞ〜っ!・・と、その輝きに誓う。かなり揺れて、予定より早くLAX着。

<<百味ビーンズGET>>
 シャトルAで国際線ターミナルへ移動。しかし手前のターミナル3で下車し歩く。この方がバスより断然早かった。早朝で空いているコリアンエアーのチェックインカウンターで中央席をオーダーする。窓際は寒いのだ。7:30am、スムーズにチェックイン終了。9:30amの搭乗開始まで、かなり時間がある。さっきシナボンを食べたから、お腹は空いていないし・・。なので、とりあえずショッピング!ということで、WBショップに入る。と、ピンが今ハマッている、ハリポタグッズが山のようにある!欲しい物は沢山あったのだが、荷物を増やすのは嫌なので、百味ビーンズ(分かる人には分かる?!)を購入。その後DFSでレスポのポーチを買ってしまった。ちょっと衝動買い・・。
 もう見る店もなくなったので、ゲートを目指す事に。かなり歩いた。遠かった。やっと着いたが、しかし搭乗まではまだ1時間近くある。とりあえず座って、ルーは寝て、ピンは毎日少しずつ書いていた、この旅行記の、今日の分を書いていた。9:30am搭乗開始。が、出発は少し遅れる。帰りは10時間35分の空の旅。私達は予定通り、食事の時間以外は寝ていた。帰りの便も食事はウマイ(当たり前か(^^ゞ)。しかし、私達の列担当のスッチーは高圧的で恐かった(--)

 

2001年1月6日(土):5日目

<<到着>>
 予定より早い2:10pm、成田着。3:50pmのシャトルバスを予約し、レストランでカレーを食べる。やっぱ日本の米はウマイ!!そして無事、現実の世界へ帰宅。かなり寒くて辛い帰り道だった。

<<最後に>>
 今回も、あっという間の旅でした。2回目ということもあって、前回程ワクワク感や新鮮味はなかったのですが、コンプを受けれたり・・とそれなりに立ち回れたかなぁ・・と思っています。今回もラスベガスに貯金をしてきてしまったので、この貯金を取り戻しに、また行く予定です。

 長々と書き綴りましたが、最後まで読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m

ルーさん&ピンさんに感想のメールを送る


他の方のラスベガス旅行記を読む