ritさんのラスベガス旅行記
(2001年5月28日〜6月1日)

 

●計画
 私(rit)は派遣社員です。3月に仕事が終わりなので4月にどこかに行きたいなぁ、と考えておりました。どこか=ラスベガスなんですけどね(笑)。隣の席の派遣ちゃんも3月までなので誘ってみたら、6月末ならなんとか、という返事。では6月に決定、ということでしたが・・・・実はマジカルエンパイアというショーを見たい、とずっと思っていたのですが、3月で終了とのこと。がしかし、大全さんのページによると6月2日まで延長?の文字。(その後、終了は白紙撤回されました)そこで5月中の出発でもいいかと打診したら、NG。それじゃあ、・・・こっそりと他の人(rayちゃん)に聞いたらOK!rayちゃんは海外未経験なので手間はあったものの、ずーっと行きたかったみたいだったので。ritはベガス3回目です。すでに安いツアーは見つけてあったので、すぐに予約。5月28日出発、4泊6日、ホテル指定なしツアーでエクスカリバーに決定。

●出発
 飛行機は大韓航空、乗り継ぎはナショナルエアライン。ナショナルエアラインのトラブルって、有名・・・・。それに、大韓はマイルのカードを持っていません。UA系、NW系が良かったんですけど。それに個人的に印象が・・・が、しかし!大韓はいい!マイルは新たに入るとしても期限はないし、アテンダントの方も日本語が通じます。機内食も美味しい!そんなことって、はじめてです。そしてロスに到着。
 実は、乗り継ぎを自分でやるのは初めてなんです。でも、なあんの問題もありませんでした。あれれ、ロスは天気が悪いじゃあないですか?そんなことを気にしつつ、ナショナルエアラインでラスベガスへ。
 ヒャッホ〜!帰ってきたよ〜、ラスベガス。こちらは天気が良さそうです。待っていたのは現地係員のお兄さん。ツアーの目印を持っているのは・・・が、外人さん。流暢な日本語でお出迎え、ホッ。どうやら、この日の到着は私達だけのようです。トイレ休憩のあと、シナボンを横目に見ながら通り過ぎ(涙)、スーツケースを受け取ります。rayちゃんのはすぐに出てきました。私のは・・・・よかったぁ、無事届きました。そして、ホテル(エクスカリバー)へ直行です。

●5月28日
 ホテルはrayちゃんがタバコを吸うので、喫煙のお部屋で交渉をしてもらいます。チェックインはかなり人が並んでいましたが、Mr.G(現地係員)のおかげですぐに部屋へ入れます。エクスカリバーは2回目なので館内は分かっています。そして、オプショナルツアーの説明。ナイトツアーを強くすすめられます。乗り気じゃなかったのですが、予定にないハードロックホテルも行きます、の言葉にOK。7:30に迎えにくるとのことで、それまで仮眠。少し早めに起きて、クリスピークリームのドーナツを食べながらお迎えを待ちます。どうやらナイトツアーもMr.Gが専属で私達を連れて行ってくれるようです。
 まず、リオのマスカレードショー。ステージの一番前のど真ん中で、ダンスを見ます。私達でも知っているようなスタンダードな曲もやるので十分楽しめます。そして、ネックレスをもらいに(?)行きます。狙いめはステージ向かって右の方らしいです。私達はgetできませんでしたが、Mr.Gやここだけ一緒に来たMs.Kが取ってくれました。感謝。
 次が、トレジャーの海賊戦のショー。着いたらすでに始まっていて、端のほうで良く見えません。rayちゃんは、それでも満足そう。私達の近辺にいた人は次の回にかけているようで、終わるとまん中の方に歩いて行きます。私達は次があるので退散です。
 ストラトスフィアタワー。この日はメモリアルデーとかで、エレベーターも混んでいます。が、ここは手違いで早く乗れました。ここの夜景はすばらしいです。日本にはない、夜景ですね。必見です。107.25万ドル(LV税込)の夜景。rayちゃんはビッグショットに乗る、と言って1人で行きました。最初から絶叫マシーン系は1人で乗ってね、と打ち合わせ済みです。その間、Mr.Gと楽しくおしゃべり。あまりにもrayちゃんが遅いので、Mr.Gが下まで見に行きます。するとrayちゃんが戻り、Mr.Gも戻り、無事合流。Mr.Gの情報によると、サハラホテルのジェットコースターがお勧めだそうです。スタートからほとんどMAXのスピードで動くようですよ。豊島園のシャトルループ(でしたっけ?)のような感じなのかな。
 フリーモントエクスペリエンス。ショーの15分前に到着。お土産屋さんを覗いていると、すぐに時間になりました。ここでは何も買わず。名前入りの歯ブラシがありましたが、メチャメチャでかい。(口に入れるブラシ部分)日本では見られないサイズなので、受け狙いにはいいかも知れませんね。ritはこのショーを見るのはもう3回目。やっぱり、1番最初が感動したかな。時間がいつもまちまちなので、たまたま気に入った回だったのかも知れませんけど。そしてこんどはベラジオへ。
 ベラジオの噴水ショー。音楽が何パターンかあるようですが、私達はこだわりません。んー、文句なしできれいです。
 最後はハードロックホテル。駐車場からカジノにつながる通路が人がいなくてちょっと寂しい感じです。時間も12時を過ぎているから?駐車場のエレベーターの中の手すりに、ガンズ等の歌詞が書かれていたりします。ところどころに衣装やギターがあり、興味のない人はちょっと厳しいかも知れないですね。グッズショップも開いていたので、友だちにギターの形をしたクッキー型を購入。実はritも欲しかったのですが、使わないと判断。お土産分だけを購入です。友だちにこれでクッキーを焼いてもらい、クッキーをプレゼントしてもらおう♪
 最後にアクシデント発生。Mr.Gが車を発車させる時に、後ろの車にぶつけてしまいました。私達はなんともなかったのですが、Mr.Gが慌ててしまいそれから別れるまで、上の空のようでした。翌日、リオで会ったMs.Kからフォローの電話をもらい、Mr.Gはこれから頑張って働いて車の修理を払うそうです。0.5日目終了。この日はカジノに行けなかった!

<教訓>
 ナイトツアーは本来は自分でいけるけど、楽チンですしわがままが言えるし(日本語で)、お得かも?!レンタカーがない方や、初心者同行、時間のない方の場合はお勧めです。リピーターとしては観光名所にそうそう時間はかけたくないですから!

●5月29日
 この日はファッションアウトレットへ。予約はしていないので早めにNYNYへ。早すぎて、窓口も開いていません(笑)。そこでフードコートでパンとフルーツ(2人で分けて)で朝御飯。ritはチェリーのデニッシュ。ジャムの部分が甘いけど、美味しい!しばらくするとアウトレットのチケット窓口が開いたので、チケット購入。バスの出発まで時間があるので、スロットクラブに入会。なかなか「スロットクラブ」が通じなくて参りました(汗)。カードをもらって、いざスロット開始。手持ちのコインを使う程度でバスの時間です。アウトレットは・・・省略(笑)。ガイドブック等、見て下さい。ritはエディーバウアー、ラルフローレン、ナインウエスト等で買いました。バスも問題なく、ストリップに帰ってきました。前回は行きにバスがトラブって、途中で立ち往生し、帰りが1時間遅くなりました。
 帰ってきてから、ハウスオブブルースで遅めの昼食。ジャンバラヤとパンケーキを2人でシェアします。お腹いっぱい。美味しいですよ。店員さんも気を使って、「おいしい?」と聞きに来てくれます。食事の後、予定はベルツでしたが、疲れたのでM&M's等に行くことに決定。ritはコカコーラの白熊のクラッシュアイスの機械を日本の通販(コカコーラとは関係ない通販)で2年前に見たことがあり、それを探しに行きます。・・・ありませんでした。2年前だしね。切り抜きもとっておいたんだけど。そして、ポロタワーのJ●Bで明日のオプショナルツアーの申し込み。J●Bで行ったわけじゃないんですけど、「ブラックキャニオンラフティングツアー」があったからです。ホテルの案内だと、$300くらいしたんです。J●Tだと$110。高いですけどね。日本語で予約ができるっていうところを買って。Mr.Gのところでは取り扱っていませんでした。
 そして、webで購入したOのチケットの引換えに行きます。丁度7時の回のキャンセル待ちのチケット発売と重なっていたのかな?人でごちゃごちゃしています。無事、チケットに引換え終了。隣のバフェを見てびっくり!長打の列。入る予定もありましたが、止めました。そして、昨日のMr.Gからメッセージをもらっていたので、電話をします。 rit、初・公衆電話。電話に出た相手は外人さんのようでしたが、日本語がペラペラでした。ただやはり最初は英語の会話でしたので、かなりビビリました。伝言をし、終了。そのあと、ウォルグリーンでちょっとしたお買い物。ritはコルゲート(歯磨き粉) 好きなので、2種類程購入。&お水。一度ホテルに帰り、再びOを見るためベラジオへ。MGMからモノレールでバリーズ、ベラジオへ。すごく時間がかかるので歩いた方が断然早いです。私達が入った入り口の、Oのもぎりのお兄さんは日本語がペラペラでした。ちょっと笑えます。rayちゃんとは席は離れています。ritはメインフロアの端、rayちゃんはまん中あたりの2階(といっても地続き)。ritは居眠りしました。・・・・悔やまれます。カクンっと、やってしまった時、隣の男性(外国の方・・ここでは私が外人か?)が見ていました。「隣のJapaneseは寝ていたよ」とか、言われてるんだろうなぁ。今度はキャンセル待ち席でみるぞ〜!と意欲満々です。当然、おすすめです。がんばってチケットをとる価値あり。その努力は無駄になりません。幻想的すぎて理解できるか不安でしたが、ただ単純に技術の高さにびっくりです。(だったらミスティアのほうが向いているのかな?こちらはまだ見たことないんです。)CDはサンプルを視聴後に購入決定。Oっていう曲、ドラマの挿入歌等で使われてません? 似てるだけかな。どなたか着メロ作って下さーい! 携帯鳴るたび、うるうるしちゃうかも?!
 ホテルに帰り、軽めの夜食です。サンドイッチ風の物を食べましたが、ハムが塩っぱいんですね。それが、うまいんです。ベガスを思い出すために、塩っぱいハムをたまに日本でも食べたいのに。夜食も半分残し明日の朝食にするため、お持ち帰り箱をもらいます。次の日も朝が早いので、この日もカジノはおあずけ!(涙)

●5月30日
 さあ、今回のメインイベント、「ブラックキャニオンコロラド川下り」です。何年か前にTVで久本雅美さん達がやっていて、rayちゃんも見ていたので「絶対に行く!」と決めていたのです。ホテルを順に巡り、ピックアップしてくれます。しかも時間ぴったりのお迎え。日本人は私達だけ。日本語ガイドもいません。でも・・・いいこともあります。ガイドの方、同じボートの方々、みんな気を使ってくれます。親切です。しかも、ボートを運転させてもらったんです!!多分ですが、ガイドの方が意地悪をしてハンドルを最初から切ってあったように思います。だから、超・蛇行運転。こっちは焦りましたが、乗っている人たちは大喜びだったそう。(rayちゃん談)その前に運転していた女性はうまかったんですけどね・・・・だって、自動車の免許も持ってない、ritにやれって言ったってねぇ!ものすご〜〜〜く陽が熱く(あえてこの字)、5分おきに日焼け止めを塗るぐらいですが、川の水は冷たーくって気持ちがいいです。乗っているだけでボートの底から水がかかります。ガイドさんも川で濡らしたタオルをブンブン振ります。(日射病予防のため?)行かれる方は、ほんとう〜に頭から濡れてもいい格好で。すぐ乾きますけど。水着じゃないのが悔しかった。泳ぎた〜い!途中、野生の鹿がいます。彼等(?)は心得たもので、かなり良いポーズでこちらを見ています。なんだかディズニーランドと錯覚しそうな感じでした。景色も最高です。ランチボックス付き、ボートには冷たい飲料水も用意されています。帰りのバスでは同じボートの女性の方、別のボートから私の運転を見ていた方から声をかけれました。「楽しかったわぁ。あなたの運転、さいこーよ」・・といったところでしょうか?同じボートの女性からはかなりフレンドリーに話し掛けられ、「同じ釜の飯を食べた仲」状態。
 ホテルに戻ると、ritは全壊したサンダル(山道を歩いたら半壊のサンダルが全壊に)を前日に買ったナインウエストのサンダルに履き替え、服も着替えて行動開始。
 CATに乗ってフラミンゴで降り、シーザースパレスを目ざします。ホテルがエクスカリバーなのでトロピカーナから乗ると空いています。実は、初・CAT。前回までツアーのシャトルバスを活用してきました。だから降りるヒモを引く体験もお初です。あれって、いつ引くんですか?降りる直前?アナウンスがあってすぐ?初心者の私達はすぐに引っ張っちゃったのですが。
 シーザースに着き、マジカルエンパイアに向かいます。チケットは30分後スタートを無事購入。もちろん英語の回です。英語が分からなくても楽しかったですよ。食事も美味しいし。日本語ではなく英語の回に行くことをお勧めします。盛り上がりが違うと思います。rayちゃんとテーブルが離れてしまった(席は隣)のですが、私の隣の席のカナダの女性の方がここでも気を使ってくれて、いろいろと話し掛けてくれます。ありがたいです。食事の後に、たまたま1人でいると、1人のマジシャン(女性)が手品をしてくれました。・・・・ 女性らしいマジックです。幸せになれそう・・・・そうそう、忘れずにトイレに行って下さい!! 鏡は必見です!外人(私から見ての外人)のおばちゃんが、私に早口でまくしたてています。「もおお、びっくりしちゃったわ〜。鏡を見てたら時々ねェ、ほらほら、ね、すごいわぁ。」(おそらく)そして、アジア風の部屋でトランプマジック、広めの部屋で大掛かりなマジック。マジック自体はちょっとお粗末な感じも受けました。でも大満足!
 帰りはパリスのエッフェル塔に行きます。全然、並びません。すぐに上がれて、ラッキーでした。年始に行った通天閣の方が混んでました(笑)。エレベーターをおりる時に足下の隙間を覗くと・・・ヒヤッとします。一瞬で足の裏に汗をかきますよ。夜景としてはストラトスフィアタワーの方が、goodでしょう。ただこちらはベラジオの噴水ショーが見られます。ベラジオの噴水ショーを見てから下へ降ります。するとちょっと列が出来ていました。丁度空いているときだったんですね。そして、美味しいといわれるパンを明日の朝食にするために買いに行きます。なかなか見つからず、カジノフロアを一周しました。やっとこ、パンを購入(アプリコットデニッシュ、デニッシュ系が好きなんです。)。
 ついでにアラジンも見学。すぐにストリップに出るはずが、デザートパッセージを一周。あれれ。ホテルへ戻り、お持ちかねのカジノタイムです。それでも明日のことを考え、スロットとVPをちょこっと。$100もやってないんじゃないかな。もちろん負け。

●5月31日〜6月1日(帰国)
 まず、朝にパリスのパンを食べました。美味しい!出来ればできたてを食べたかったです。ラクソーまで通路を渡り、ブルーマングループのチケットを買います。本当はジュビリーにしようと思っていましたが、初日にMr.Gにどちらがいいかと聞いたら、ブルーマンだよ、と言われたからです。ブルーマンは英語が分からないと厳しいと知っていたので敬遠していたんですが。インテルのCMを見ていたので、あんな感じ?と思って、ブルーマンに決定。
 ラクソーからタクシーでベルツへ。ラクソーのベルボーイはフレンドリーで、「起きてるかい?」と話し掛けてくれました。ベルツと言ったら「今日はベルツでショッピングだね、それはいい!」(推定)と言ってました。感じが良かったのでチップも忘れず。10分程度でベルツに到着。1時間半後にタクシー乗り場にrayちゃんと待ち合わせ。さあて、お買い物。ハッシュパピーに靴に感動し、2足購入。その他諸々。
 ホテルに戻り荷物を置いて、フォーラムショップスへお食事&お買い物。グッチでお財布を購入。誕生日プレゼントを兼ねて自分へのお土産です。日本ではほとんど、ブランドものは買いません。海外ではお土産と称した、唯一の贅沢ですかね。ということで、品ぞろえや価格などはまったくわかりません。店に入って気に入ったお財布を買いました。
 チーズケーキファクトリーでお食事。シュリンプパスタを2人で分けて、ケーキを1つづつ。ちょっとヘビーでした。甘いケーキを食べて、ダイエットコークを飲むと苦く感じます。(一口メモ)帰りはトロリーに乗ります。立っていると、空いている席の隣の人が「座れば?」と勧めてくれます。みんな、やさしいなぁ。CATやトロリーではあまり日本人の旅行者にはあまり会わなかったように思います。みんなタクシーなのかな。NYNYで降り、エクスカリバーに続く通路にあるアクアマッサージにチャレンジ!7分$12で、ちょっとお高めですが、最高!!エクスカリバーは浴槽がないので、湯舟に浸かりたい日本人としてはこのマッサージは最高ではないでしょうか?水はお湯なのでいい感じです。濡れないし!通路なのでちょっと恥ずかしいですが、そんなことは言っていられません。ただ、鞄を預かってくれるところがないので、機械の後ろに置いておいたのが気掛かりでした。メガがでたら、まずあの機械を買うかな。体が軽くなった後、ホテルで仮眠。
 起きてから、バフェへ。Mr.Gによると、エクスカリバーのディナーのバフェは安くて美味しいとのこと。夕食は利用したことがなかったので、行ってみることに。寝ていたせいもあってあまり食べられず、でもプライムリブは頂きました。美味しいです。穴場かも。でも目玉になるのはこれくらいなのかな。ディナーで1人約$10は貧乏人には嬉しいですね。
 そして、ブルーマングループ。楽しいです!英語がわからない、アメリカの文化が分からない等ありますがちゃんと笑えます。ドラム(太鼓)をやっている人は見て下さい。圧巻です。帰りに出口に出演者がいるので写真も撮ってもらえます。 そこでもブルーマンはパフォーマンスは続いています。私達はカメラを持って行かなかったので、チケットの裏にブルーマンに青のしるしをつけてもらいました。そしてCD購入。ラクソーのメダルカップもブルーマンだったので、ありがた〜く頂戴してきました。
 その後、荷造りをし4時頃までカジノタイム。ポイントはあまり貯まらず、ウエストポーチをもらいました。4時半にはチェックアウトをし、5時には空港へ。(早い!)6時のデルタ航空でラスベガスを後にしたのでした。ロスで大韓航空がディレイでロス延泊も期待したのですが(ユニバーサルスタジオに行きたかった!)、何ごともなく私達を日本に連れて行きました。英語が分からなくてもみんな親切で、片言の英語も理解しようとしてくれました。あからさまに嫌な態度をとられたのは1度だけ。(たまたまだと思いたい!)rayちゃんはいろいろと多忙なので、これからもずーっと一緒にベガスに帰れるか分からないけど来年は一緒に帰る、と約束をしました。でも・・・rit的には今年中に1度、帰りたいなぁ。
 ほとんど日記の様になってしまいましたが、参考になったでしょうか?ガイドに載っているようなことは極力さけたつもりです。だから肝心なことが抜けているかも?文章を綴るのが苦手なもので。あまりにひどい箇所、アドバイスがありましたら教えて下さい。どこぞのフォーラムのような揚げ足とりは、御勘弁を!(笑)まさしさんはじめ、みなさん、ありがとう。

ritさんに感想のメールを送る


他の方のラスベガス旅行記を読む