Poker−jさんのラスベガス旅行記
(2001年7月7日〜14日)

 

(1日目)
 いつも利用するユナイテッドでサンフランシスコ経由ラスベガス入り。すぐにハーツレンタカーへ行き、日本で予約(保険の種類も日本語で書かれた用紙を取得済み)していたので、簡単に手続完了。コンパクトサイズだったので、ちょっとパワー不足を感じました。
 さて予約したモーテルは結局バジェットスゥイート。長期滞在用のモーテルです。細かい事を除けばそこそこ綺麗で、広々としていて場所もトロピカーナaveを西へ、NYNYを越えて約500mぐらい行った所かな?まずまずかな?料金は7泊で計300ドル弱。かなりリーズナブルです。
 荷物を置いて知人に電話して夕食の約束。それまでの時間は勿論カジノ。早速お気に入りのハラスへ直行。が、しかし、ポーカールームがなくなっている!どうしよう?ベラージオへ行くか?いや待てよ。以前来た時フラミンゴにも有ったな、と思い出しフラミンゴへ・・・有りました。ふ〜、良かった良かった。さっそくホールデムを・・・と思ったら、そう今日は土曜日。待っている人がたくさん居て、すぐには出来ない。夕食までそんなに時間がないので、とりあえずは諦めて、カリビアンポーカーを。あれ、あれ、あれ?と言ってる間に、125ドル負ける。しょうがない。ブラックジャックでもやるか。おっと今度は調子いいぞ。やったぜ、100ドル勝ったぜ。まずまずだな・・・と思いながら次々に他のゲームを・・・スロットのホイールオブフォーチューン、BJ、カリビアン、BJ、レットイットライド、BJ。収支はどうなった?計750ドル負け・・・くそ〜!

 てな感じでむかつきながら、知人と集合。「ベラージオのバフェに行こう!」と言われ、あまり気が進まなかったんですがとりあえず行く事に・・・案の定めちゃ並んでる・・・止めようよ・・・と心に思いながら口には出来ず・・・結局30分程並んでいたがらちがあかず、トロピカーナを東へ数キロ。コリアナバーベキューへ。ここは以前にも来た事がある所で私のお気に入り。知人といっても初対面だったので、積もる話をしながら焼肉を食べる。やはり美味しかった。キムチの盛り合わせみたいのが最高です。とりあえず後日また会う約束をして解散。もちろん速攻フラミンゴへ・・・ゲームはホールデム。いざ勝負!運が良かったですね。数時間でプラス350ドルぐらいまでいきました。その後朝まで永遠やり続けて、最終的にはプラス200ドル。ま、こんなもんでしょう。良しとしましょう。その後ちょっろと遊びでやった3種類のテーブルゲームで100ドル負け。この日の収支は計650ドルの負け・・・初日でこれだとやはり帰る時には5000ドルぐらい負けるんだろうなぁとため息をつきながらホテルへ帰還。6時間後にアラームをセットして就寝。

(2日目)
 この日はこれといった予定も無く、とりあえず土産を購入。ベルツでナイキショップ、帰りにキャロウェイゴルフセンター、ポロタワーで社長から頼まれたバ○ア○ラ、他にビーフジャーキー、日本食でつかの間の休息。フォーラムショップでナイキタウン。以上で土産購入は終了。残りの時間はカジノ三昧。でも勝負の早いゲームは避け、ポーカーでのんびり遊びました。結果はホールデムで142ドル、7スタッドで40ドルの負けでした。相変わらず弱いなぁ〜

(3日目)
 この日は夜にショーを予約していたので、その時間までやっぱりカジノで遊ぶ。ちまちま色んなゲームをして、トータル231ドル負け。いよいよショータイム。予約したのはMGMで6月から始まった、本場フランスのダンスショー。名前は「LA FEMME」。ベガス6回目にして初のショー体験だったので期待していたんですが、どうも私には芸術的感覚が無いのか、それとも完全なカジノバカなのか、いまいち感動しませんでした。周りの客の反応もいまいちだったと思います。はずれでしたかね?
 さて気分を切り替えてまたまたカジノへ。パイゴーでだらだらやりながら60ドルの勝ち。次にホールデムでは一時350ドルまで勝っていたのですが、時間はまだまだあるという事で、続けてやっていたら結局112ドルの勝ちで終わってしまいました。勝つことだけを考えたら、引き際を慎重に考えないと駄目ですね。ま、でもひと時だけでもいい思いが出来たので良しとします。この日の収支は59ドルの負け。

(4日目)
 この日の予定は、夕方から「デザートシューティング」。まさしさんに紹介してもらって、前もってメールで問い合わせ、銃の種類などを下調べしていったので、理想のシューティングが出来ました。確かに室内では体験できないものですが、一つ不満を言えばターゲットがあまり整備されていなかった事です。せっかくライフルを撃ったのに、一発一発がターゲットに当たっているかどうか分かりませんでした。その辺をもう少し何とかしてもらったら本当にいいツアーだと思います。余談ですが、インストラクターはかなりの営業上手ですよ。撃ち終わった後、土産用のキーホルダーなどをその場で販売するんですが、参加者の殆んどが買ってました。手榴弾が人気商品でしたね。かくいう私も思わず買ってしまいました(^-^;
 さてこの日もその後は勿論カジノ。相変わらず弱いですね・・・最初はホールデムで102ドル勝ったんですが、その後パイゴー、BJ、またホールデム。そうこうしているうちに結局この日は330ドルの負け。いつものパターンです。

(5日目)
 この日は・・・と同じ書き出しになってしまいますが(笑)、夜にヘリでのストリップ上空遊覧ツアー?に参加しました。あっという間でしたが、日本ではなかなか体験できない事だと思います。お勧めですね。本当に綺麗でしたよ。ただアドバイスとしては恋人もしくは夫婦で乗るべきでしょうね。前の席に座った夫婦が熱いキスをしてるのを見ると羨ましかったです。思わず隣に座っていたその夫婦の娘さんにキスをしたくなりました(笑)。
 その後いつものごとくカジノに行ったんですが、この日は色んな体験をしました。BJで大負けしたかと思えば、今度は大勝し、また大負けすると今度はスロットで初のハンドペイを体験。額は恥ずかしくて言えないぐらいですが、とにかく嬉しかったです。その後も場所を変えてメガバックスにひたすら挑んでいたのですが、ジャックポットは出ないにしても、立て続けに「777」を出して、この日のスロットだけの勝ちは500ドルになりました。そうなると一日の成果はどうだったのか・・・?はい、結果は予想通り330ドルの負け・・・これが私です(笑)

(6日目)
 本日の予定は・・・(ちょっと変えてみました・・・)、現地の知人と最後の晩餐。この時は奥様も同席してのベラッジオのバフェへ。もちろん目当てはカニ。食事の最初と最後にたらふく食べました。やはりここのバフェは最高ですね。殆んどの料理が美味しく食べれました。日本食以外で美味しいと思ったのはここだけです。さすが人気NO.1だけの事はあります。並ぶだけの価値はありますね。でも週末だけは避けた方がいいと思います。それか早めの時間から行くかですね。さて滞在期間も残りあとわずか。そろそろ今までの負けを取り戻さないと、次のベガス旅行の予定が立たない。勝負するか!と思い、BJをメインに・・・+150、+100、+300、+200、+300・・・おお〜いいじゃないか。どうなってるんだ?このまま行けば・・・△635、△700・・・やってもうた・・・結局トータル477ドルの負け・・・今回が最後のベガスか・・・もう明日は遣り残す事なく散ってしまおう・・・

(7日目)
 最終日。後は野となれ山となれだ!勝負するぞ!と意気込んでいざBJへ・・・+575、△400、+525、△5、+175、+300、+20、+100、ここで一息ホールデム。△86。ここまで1.204ドルの勝ち!よっしゃ〜!一度ホテルに帰り身支度。残り1時間の最後の勝負。△200、△400・・・え〜い、やけくそだ!こうなったら大金賭けてやる〜(あくまで私にとってですが)。1点200ドルの2点賭け・・・・・・・・・・・・・・・動きは激しかったが結局200ドルの負け・・・惨敗・・・・・・・・・・最終日は414ドルの勝ち。ま、終わり良ければすべて良しということで・・・結局最終的にはどうなったんだろう?計算してみよう。合計1.614ドルの負け。む〜ん、どう捕らえたらいいのやら、なんだか中途半端な気がするなぁ〜。もともと予算は6.000ドル。それを考えたら良しと思えるし、でもよく考えたら1.600ドルも負けている。ま、でも7日間これだけカジノ漬けでこの負けで済んだのだから良しとするべきか・・・?全財産失ったわけでもないし、1年後には何とかまた行けそうだし・・・・・・・・・・・・・・・と、いった感じの旅行でした。この旅行で分かった事が一つ。「やはり私はカジノ馬鹿!」

(カジノ総括)
 どうも旅行記は出来事ばかりの内容になってしまったので、もう少しゲームについての私なりの感想を。まずホールデム。私の一番のお気に入りですが、やはり相手は海千山千のギャンブラー。そう簡単には勝てません。でも駆け引きを楽しむには最高のゲームですね。常に慎重に場模様を理解しないといけないですし、テーブルに座っているすべての相手の癖を見抜かないといけない。自分の癖を見抜かれてもいけない。とにかく自分の腕次第。このあたりが他のゲームと違う所ですかね。絶対お勧めですよ。よくポーカーはちょっと・・・という方がいらっしゃいますが、ヤフーのポーカーで練習すれば、ルールなどはある程度理解できると思いますので、是非挑戦してみて下さい。ちょっとルールは違いますが、もしあまり大金が動くのは・・・と思われる方は、7スタッドから始めるのもいいかも。こちらは結構ちまちましたベットなので、そんなに短時間でお金が無くなる事はないと思います。

 次にブラックジャック。このゲームはもう皆さんご存知だとは思いますが、ある意味ポーカーよりも危険なゲームだと私は思います。なんといっても勝負が早い。ミニマム5ドルでも、あっという間に100ドルぐらいすぐ無くなります。逆に言えば勝つときもあっという間です。このゲームの場合は、短時間でちょっと多めのお金を賭けて勝ち逃げする。これがポイントじゃないでしょうか?勿論勝っているときは、ピットボス?によくにらまれますが、気にせず勝ち逃げしましょう。ただマークされてしまうのも後々そこで勝負しにくくなるので、私の場合はある程度勝ったら、賭ける額を一気にミニマムまで減らして、ちびちび時間をかけて遊ぶ。程ほどに遊んでから席を立つという風にやってました。そこまで気を遣う必要は無いんでしょうけどね。だって負けてる時は負けてるんですから、たまに勝ったって文句言われる筋合いないですよね。

 あと楽しい&お得?なゲームとしては、バイゴーポーカー。このゲームの特徴は勝負が遅い。ですのでコンプゲットにはいいと思います。それとルールが分からなくても、ディーラーに手を見せて教えてもらう事が出来ます。ある程度は理解した上でやった方が勿論いいですが、もし悩んでも大丈夫です。あと余談ですが、このテーブルには中国系の人が多いです。元々中国のゲームをアレンジしたみたいですね。詳しくは知りませんが・・・それと私の勝手な感想ですが、一部だとは思いますが、中国系の人は相対的にお金を持ってますね。同席した人でかなりの大金を賭けている人をよく目にしました。他のゲームでもそうです。ま、関係ない話ですが・・・・・なんだか最後は訳分からなくなってしまいましたが、最後までお付き合いして頂いて有難うございました。あまり面白みの無い旅行記になってしまいましたがお許しを。また来年行く事が出来たら、同じような内容になってしまうとは思いますが(笑)、投稿させて頂きたいと思います。まさしさん、その時はまたよろしくお願いします。  by poker-j

poker-jさんに感想のメールを送る


他の方のラスベガス旅行記を読む