大阪名物ぱちぱちはんちさんのラスベガス旅行記2
(2002年1月9日〜13日)

 今回はCES(ビジネスショー)の出張で1/9-1/13までLasVegasに行ってきました。前回の投稿と同様に、これから行く人達に少しでも役立てるように、有益と思われる情報を中心に書かせていただきます。内容的に、前回の追加情報という形式で書かせてもらいますので、できれば前回の投稿を読んだ上で、本文を読んでください。

【飛行機】
 行きの飛行機はLosAngels経由でした。前回の投稿で、「SanFranciscoよりLosAngelsの方がお店も多くていいよ」と書いたので、自分も実践したのですが、前言を撤回します、ごめんなさい。LosAngelsの空港でお店がいろいろあったのは国際線で、国内線はSanFrancisco空港よりもお店が少なく、乗り換えのための距離も長かったです。それに、SanFranciscoからLasVegasまではヨセミテ国立公園やデスバレーの上を飛ぶので、飛行機に乗ること自体が観光みたいなものですが、LosAngels経由では、砂漠しか見えません。今回、帰りはSanFrancisco経由だったのですが、ヨセミテ国立公園上空では、機長の「今、ヨセミテ国立公園上空で、下がきれいだよ」という放送があった後、飛行機をローリングさせて、わざわざ下を見えるようにしてくれました。さすが、アメリカのパイロットですね。
 というわけで、大変申し訳ありませんが、前回の投稿の「LosAngels経由の方がいいよ」というのは、間違いでした。直行便の取れない人は、SanFrancisco経由をお勧めします。ほんとにごめんなさい。
 それから、同時多発テロ事件の影響ですが、市内は全然問題ありませんが、やはり空港は前回と大きく異なっていました。警備がとてもきびしくなっていたのです。まず、スーツケースをカウンタで預けるとき、抜き取りで中を開けられる人がいます。そして、検査官により徹底的に調べられます。下着も、お土産も、全部一旦外に出して、スーツケースが完全に空になるまでチェックし、再び検査官が詰めて行きます。その間は、一切自分の荷物に触れる事は許されません。検査官は男も女もいますので、いくら手袋をしているとはいえ、女性が自分の下着類をおっさんにさわりまくられるのは、ちょっと抵抗あるでしょうね。次に、ゲートを通るときはこれまでとあまり変わりませんが、自動小銃を持った兵隊がうろうろしてて、ものものしい雰囲気です。面白いので、ビデオをとろうとしたら、おこられてしまいました。これで終わりかと思うと、スポットで飛行機に乗る直前に、もう一度抜き取りで検査される人がいました。これも徹底的で、かばんの中を全部調べ、ビデオやカメラは動作する事をその場で見せないといけないし、一眼レフのカメラはレンズを外して中を覗かれていました。また、靴もぬがされて、靴底まで調べられます。とにかく、これはちょっとうんざりでしたね。

【滞在ホテル】
 さて、いよいよホテルに到着。今回はRivieraです。このホテルは、ビジネスショーの会場に近いというだけで、他に語る事はありません。特になにも特徴がないからです。本当に、寝るだけのホテルでした。ただ、前回のMonteCarloに比べると、ずっと壁は厚いようで、隣や外の声が聞こえるという事はありませんでした。
 あと前回の報告で、MonteCarloの悪い点として「歯ブラシや安全剃刀、朝の新聞サービス、ロビーからの荷物運搬サービスなどといったサービスがありません。」と書きましたが、これは別にMonteCarloに限った事ではなく、他のLasVegasのホテルでも共通の条件のようです。
 立地的には、Stripの北に位置しており、前回MonteCarloを拠点に南を攻略した僕にとっては、北を中心に攻略できたため、ある程度良かったです。向いにはCircusCircusがあり、マクドもあります。また、近くにはコンビニのWalgreensもあります。ただ、やはり中心地から少し離れており、ホテルそのものに何も見るべきものがないため、あまりお勧めはできないように思います。
 ところでLasVegasでは、どこのホテルでも、どこのカジノでも、乾燥しているせいか、絨毯のせいか、静電気がすごいですね。とびらをさわるたびバチバチくるので、扉をさわるのが恐くなります。

【食事】
 Rivieraのフードコートは、BurgerKing、ピザ、コーヒーショップ、中華のファーストフードがありますが、朝食の時間ではBurgerKingしか開いておらず、高いので、もっぱら向かいのマクドを利用しました。その他、CircusCircusのBuffetがやたら安いので、朝食に利用しようと思って行きました。しかし、7:00開店のところを7:10に行くと、すごい列で、恐れをなして結局入りませんでした。
 BuffetはTrasureIslandとBallysに行きました。まず、TrasureIslandのBuffetには5時前に行きました。4時から夕食料金のはずなのですが、なぜか昼食料金で入れてくれました。料理が並んでいる棚が結構ずらっと長いので、結構選択肢が多いと思って良く見ると、中心から左右対称に同じものが並んでいました。味は可も無く不可も無しといったところ。ステーキ肉も柔らかくて、アメリカの食べ物としては上等かな。タルト生地にクリームと果物ののったデザートもあまり甘くなくておいしかったです。これで$8程度なのは安いですね。
 Bally'sのBuffetは前回も行ったのですが、配置が変わっており、デザートが少なくなっていたように思います。それ以外は、塩辛いカニも相変わらずでした。全体的に悪くはないのですがこれで、TrasureIslandの倍の値段だと考えると、ちょっとコストパフォーマンスが悪いかな。
 それ以外には、前回も行ったMonteCarlo南にあるCarrowsというレストランに行きました。ここはなぜか日本人はぜんぜん来ていないのですが、味も良くておすすめです。今回も巨大なステーキを食べて満足でした。
 LasVegasは観光都市ですので、食事に大きな当たり外れはないように思います。アメリカの他の都市のように、猛烈にまずいものを食べさせられることがなかったですね。僕なんか、まずいものがでると、それはそれで、「ほほー、アメリカ人はこんなまずいものを食っとるのか」とか、「こんな食い物が存在するとは思わんかった」とよろこんでしまう方なのですが、そういう意味では、食事に面白みがありませんね(悪趣味?)。

【無料ショー】
 前回回れなかったものも含めて、追加情報を示します。

・CircusCircusのサーカスショー
 サーカスが無料で見れます。1回のショーは10分弱と短いのですが、それなりの芸を見せてもらえます。1回のショーでの演目は1つですが、種類は7種類ぐらいあるようで、時間によって演目が異なっています。時間は45分おきだったり30分おきだったりと不定期です。僕は、空中ブランコ、一輪車、アクロバット、綱渡り、フラフープを見ました。やはり空中ブランコが一番すごかったし、頻度も多いようで、3回も見てしまいました。なんせ、Rivieraにいても退屈なもので、暇なときはずっとCircusCircusにいたのです。空中ブランコは男2人、女2人でやるのですが、女の人はちょっと未熟な感じで、僕が見ただけでも2回も落ちてしまいました。でも色っぽいから許しちゃう(*^_^*)。男の方は非常にダイナミックでうまかったのですが、客の入りの少ないときは結構手を抜いていたりしてました。男は許さんっ。平日は10分前に行くと充分座れるのですが、土曜日は15分前でもとてつもなく混んでいました。これは他のショーでも同様で、LasVegasは週末は近隣の観光客でかなり混むようですね。
 無料のショーというわけではありませんが、サーカスショーの周辺は夜店のゲームのような子供向けゲームがたくさんあります。いずれも$1で、当たればぬいぐるみがもらえる単純なものですが、結構よく当たるようで、大きなビニール袋にたくさんぬいぐるみをつめた子供が一杯いました。また、CircusCircusにはアドベンチャードームがあり、そこはわりと多くの施設のある遊園地になっているので、子供連れの人にとってはいいホテルなのではないでしょうか。

・FramingoのWildLifeHabitat
 ホテルの中庭がトロピカル庭園になっていて、ペンギンとかフラミンゴがいます。きれいな庭園ですので、近くに来たら見てもいいけど、わざわざ見に行くほどのものではありません。

・ForumShopのバッカス
 ForumShopのStripから入ってしばらくしたところにある大理石のバッカス像が動きます。でも、全然おもしろくありません。

・FreemontAvenueのアーケード
 ショーの中身については前回書いたので、ここではそこに行くためのバス情報をもう少し書きます。Stripに走っている路線バスは301と302の2種類ありますが、いずれに乗ってもFreemontに行きます(といっても、南向きに乗ると反対方向なので、StripのParisやVenetianのある側から北向きに乗ってください)。前回は301しか使わなかったのですが、今回は302も使いました。302は急行で、主なホテルの前しか止まりませんので早かったです。なんせ、5:30からの海賊船ショーを見終わってから道の反対側に渡り、302に乗ってFreemontに着くと、6:00のFreemontExperienceを最初から見る事ができました。302は301と違って、Freemontの直前で角を曲がり、よりFreemontStreetに近い(といっても100mほどですが)ところに止まりました。したがって、301よりも降りるべきところがわかりやすいです。つまり、バスが曲がったら、次のバス停で降りればいいわけです。今回は合計4回バスに乗りましたが、そのうち3回は次のバス停のアナウンスをしていました。

・GoldenNuggetの金塊
 FreemontにあるホテルGoldenNuggetには、世界一大きな天然金塊を展示しています。まあ、見てもどうってことはないのですが、せっかくFreemontまで行ったのだったら、ついでに見ておいてもいいのではないでしょうか。

・Rioのマスクレードショー
 前回はわざわざRioまで行ったのにもかかわらず、COMDEXの期間中はお休みというショッキングな結果だったので、今回は行く前に電話で聞いてみました。そしたら案の定、CESの期間中もお休みでした。こら、Rio、許さんぞ。

【有料エンターテイメント】
 今回はちょっと有料のものにも手を出してみました。

・デスバレーツアー
 今回は1日オフの日があったので、デスバレーへの日帰りツアー($99)を申し込みました。予定が不確定だったので、前日ぎりぎりになって申し込んだのですが、なんと他のツアー客がないので、不成立!。最少催行人員は2人だそうです。しくしく。他に、レッドロックキャニオンやらブライスキャニオンもだめでした。計画している人はご注意を。

・LasVegas自然史博物館
 デスバレーツアー以外に予定を考えていなかったので、急遽ホテルのパンフコーナを調べ、ここを見つけたので、行ってきました。Freemontまでバスで行って、そこから1kmちょっと北に歩いていったところです。途中結構さびしいところを通っていきました。自然史博物館そのものは思っていたよりも小さく、現生動物の剥製と、前世紀生物の模型が中心で、期待はずれでした。大ゴキブリ超巨大ヤスデの実物を初めての見れたことぐらいが収穫かな。入場料$5.5の博物館としては、こんなものかな。いずれにせよ、よほど酔狂な人以外、LasVegasでの貴重な時間を潰すところではありませんでした。

・LuxorのIMAX Theater
 映像と同期して椅子が動くライドです。UniversalStudiosのバックトゥーザフューチャーライドと同じようなものです。でも乗り物がふたつ(?)も乗れます。$7でした。ただ、映像と椅子の動きがマッチしていない事もあって、ちょっと気持ち悪くなりそー。

・Bally'sのJubilee
 宝塚のレビューのような派手な衣装での踊りと歌の、いかにもLasVegasといった豪華なショーです。一部トップレスもありますが、いやらしさはなく、衣装の一部にトップレスのものもあるという位置付けでしょうか。したがって、成人限定という制限はありますが、女性客も半分近くおり、カップルでの観劇も多数みられます。舞台設備も非常に大掛かりで、驚くほど次々とセットが入れ替わります。4部構成となっており、各部の間にはマジックショーがあります。マジックショーもヘリコプターや車を消すという大仕掛けです。ただ、あくまでもつなぎのマジックなので、技術はそれほど高くなく、半分ぐらいネタがわかってしまいました。一緒に行った人は別のマジックショーを見たことがあるそうですが、やはりマジックをメインとしたショーの方がかなりレベルが高かったそうです。つなぎはともかく、本編のショーはすばらしかったです。時間も2時間近くあり、$62.5という料金は決して高くなかったです(値段は席の位置により多少違います)。席は、思いっきり前だったのですが、全体を見にくいという意味では、ちょっと前過ぎました。少し後ろの席の方がいいかもしれません。「ラスベガスでショーを見てきた」という思い出づくりのためには、最適なショーではないでしょうか。公式サイトはここです。ここにある写真のような人が、ずらっと並んで踊っているというようなショーです。

【カジノ】
 今回もパス。僕は2回もLasVegasまで行っといて、1銭も(1セントも?)カジノにお金を使っていない変な人なのです。どうも、カジノの収益によりあれだけのホテルを維持できることを考えると、ぼったくられるように思ってしまうもので・・。ただ、カジノは掛け金に対する当たり金額の比率を公開する義務があり、どこのカジノも98%以上の返還率なので、他の賭け事よりはずっと率がいいのかもしれませんね。とにかく、LasVegasは空港だけではなく、セブンイレブンやスーパーにもスロットマシンが有るすごいところです。

【買い物】
 今回は、前回行けなかったFashonShowMallに行ってきました。ここはデパートがたくさん集まっているというようなところで、本当に買い物をするのにはいいのかもしれませんが、これなら日本のデパートと同じで、せっかくLasVegasにきたのだからという感じのところではありません。要するに、「買い物しなくても見るだけで楽しい」というところではありません。そういう意味で、めずらしいお店というのもあまりなく、特筆すべき店も、せいぜいディズニーショップとピカソの専門店ぐらいかな。これに対して、ForumShopは見て歩くだけで楽しいショッピングセンターです。いろいろと珍しい工芸品、美術品、おもちゃ、と、バラエティーに富んだ店があります。ラッセンの専門店などもあります(いくら本物で高いといっても、ピカソの線画なんかより、見る分にはラッセンの方がずっときれいだもんな)。アーケードや店構えそのものも凝っています。実際、お客さんの数もForumShopの方がずっと多く、FashonShowMallは閑古鳥が鳴いていました。
 その他、Sahara通りをStripから東へ2km程行くと、Smith'sという大きなスーパーマーケットがあります。ここは別にLasVegasならではの店ではありませんが(LasVegasだから店頭にもスロットがありましたが)、アメリカのスーパーマーケット一般として、結構面白いです。肉類はすごく安いし、めずらしい食材がいろいろならんでいるので、僕は海外に行くとスーパーを見るのが結構好きです。

大阪名物ぱちぱちはんちさんへ感想のメールを送る



他の方のラスベガス旅行記を読む