パンちゃんとりりポンの珍道中
(2003年12月28日〜2004年1月1日)



 絶対にお正月に海外で、できればNew Yorkで「HAPPY・NEW・YEAR!乾杯」なんてやってみたくて計画していたんです。でもね、New Yorkはちょっと景色が寂しくなっちゃたじゃないですか、だから、クリスマスにラスベガスっていうのがいいかなーって変更して、それでもって夫の都合も聞くとやっぱりお正月以外休めないらしく、なんと12/28〜1/2の予定になってしまったんです。で、早速、年末予約で8月にJTBから調べてみれば余裕かな?って思っていたら、ガガーン!!ツアーが出た時にはすでにキャンセル待ちでした。じゃあ、いつから頼めばいいのかしら?・・・まっ、他ももっとお安くあるし、調べて調べてと、、、IACEにTELしてみました。あ゛―、又もやキャンセル待ち・・・じゃあ、トラベルコちゃんはと、、、ちょっと高いかなぁ?・・・そうそうABロード!これがいいかな?ん?えーっ、これもキャンセル待ち!行きの便は取れても帰りは取れないみたいで結局、旅の窓口からホテル予約し、エアーは1ヶ月切って、全然見ていないMSNのサイトからTELし、3泊5日の予約をしました。
 28日は伊丹から成田へお昼に出発で、夕方に飛んでサンフランシスコ〜ベガスへ着には夜になり、31日のAM6:00起き8:00に発つわけです。あんまりにも短い時間でおまけに「HAPPY・NEW・YEAR!乾杯」ができない!無理言って、ぎりぎりまで探してもらい、後から¥26000追加して、割り込んでみました。ホッ、日にちは変わらないけど、お昼に着いて、お昼近くに出発・・・これでちょっとはマシかな、、
 さあこれからスーツケースをレンタルし、成田の待ち時間をどう有意義に過ごせるか考えようー。『ラスベガス大全』から近くの映画館を探し、又すんごい時間があまったらと、リムジンバスじゃなく電車で行ってもいいかなとかネットで探しまくり!気分はウキウキ!『エンジョイ!ラスベガス!!』でショー’O’の取り方も教えてもらったもんねー。
 たくさん調べてデータを2人分スケジュールにしてみました。それで前の時間での予定表もいらないけど、一応失くした時の為に予備も 入れときました。


12月28日 出発

 朝は早めに起きて出発するつもりでしたが、休日ダイヤの為、自宅前から出ている電車に少し乗り遅れたようで、あれ? 伊丹発にはぎりぎりかしら?・・・あせってあせって、パンちゃんとはずむ会話も無く、空港に着いてみると うん、早めに考えていたのを忘れていたようで1時間の余裕がありました。良かったぁ。
 東京の乗り継ぎは絶対こんなことにならないように、と思っていると まぁまぁ時間が余る位なので どうつぶそうか考えてみて、 映画で もし遅れたり、途中になるのも嫌だし、「とにかく直行しよう」と。で、貧乏旅行の私たちは、羽田から成田までをゆっくり電車に乗ることにしました。それで、日頃、会話不足の私たちは、その中で今回の予定の打合わせをしよう!乗ってみると1時間30分とはいえ、ゆられながらスーツケースを支えてはすごくつらい・・・睡魔も襲ってきて長い。いつになったらつくのかなー?横の特急に乗換えたいなー、まぁもう少し、、「第一ターミナルの方は次で降りて下さいー」ん!?「どっちのターミナル」とパンちゃんから・・・??チケットをみれば解るかな?あかん、英字でさっぱりやん。確か空港まで最終って書いてたよな?電車の地図では第二ターミナルになってる。「うん、じゃあ、次で降りよう」でもなんか時間がせまってるのは何故?降りてみると違ったらしく、バスで第一ターミナルへ移動。不安でバスの案内の方に尋ねると「30分までにチェックすれば問題ないし、10分ごとに来ますよ。」タクシーに乗っても一緒かと思い、乗り込んだ。なっなんか遅い、、混んでるの?最悪なことが発生―「どうする?乗れなかったら?」「もう帰るしかないなぁ」え、えーっ、
 4時30分過ぎに到着。・・・カウンター、カウンター(汗)、すごい!長打の列っ、いきなりチェックへ割り込んでチケットを見せてこれに乗ります!って言ってみたが、外人さんは厳しく、後ろへと。仕方なく列最後につくが、係りの人にもう一度説明してみる。ぎりぎりになれば絶対呼びに来ますから大丈夫ですと言われる。
「もう並んでいる間がないっ」りりポン、「ちゃんと並ばなきゃっ」とパンちゃん、
 カウンターへ駆込み、日本人の方へ事情を説明するとたいへんたいへん、最前列の荷物チェックへ。でももう遅し・・・15分前に入ってないと無理なんですよねー。

 目の前にして乗り遅れてしまいました。到着予定は28日PM12時だったのが、21時です。残念なことにこの後にもう1本飛ぶはずの便もキャンセルになってしまい、エアーを変えると1人\22万の追加のなるそうでした。ぐったり、待っていると、又、飛ぶようになったとの連絡。ワーイ、到着時間は2時間早くなっただけでしたがそれでもいい!
 乗り込んだら、すごいガラガラで1人1列という感じで横になって寝ていました。(テロ直後に行った時みたい)そして睡眠・・・サンフランシスコには早く着きました。快適でこの分じゃあ、ここからバスなんかがあるとすぐにベガスに着くのに、、きっと大阪から東京くらいまでなんでしょうね。6時間の空白は何をしたかというと、入国審査と空港内の移動(ご存知の通りこれが1時間以上かかって)ここさえ抜けていれば、今放送している便に乗っているはずなのにーって思っていました。
 じゃあ、無理かもしれないけど、ショートカットの交渉へ!!スーツケースは案内されるままに 預け、その後身軽になってカウンターへ行きました。ジャパニーズのEnglishで3回目にしてやっと通じたのですが、スーツケースは積み込んでしまっているのでなかなかの交渉が要りました。<ブルーとゴールド>って伝えると電話口でめちゃくちゃ愛想の良い返事で「任せてちょうだい!心配ない。」とカウンターですごーく盛り上がったのでした。キャンセル待ちを2便かけて、空いていればスーツケースも積み込んでくれるので、ポート前で待つように言われました。1回目はダメでした。なんかヒアリングも自信がなかったのでむちゃくちゃ不安になってしまいましたが、本当に出発直前、全員が乗り終わってから名前が呼ばれました!一緒に座っていた人たちも皆キャンセル待ちだったようでワー、ワーって喜び合いました。座席でも「よく来たよく来た!」って感じで隣の席の知らない人たちで拍手で迎えられました。(うれぴー!)1時間でしたが隣のおじさんは横で何かと気をつかってくれましたが、
 到着、6時過ぎです。急いでバゲッジルームへとりに行くと、無い!あれ?ひょっとしてブルーとゴールドのツートンカラーのスーツケースがまわっているのは・・・やっぱり!後の便で来るはずよね!?「置いておいて後でとりに来よう、先に’O’に並ぼう」5時から並ぶはずの当日のショーO´のキャンセル待ちに急ぎました。明日(月曜)はもう’O’はやってないので、この1日は賭けですね。


’O’

 マッカラン空港からタクシーをとばしベラッジオ.Hに着くと素晴らしい!でっかいでっかいTVモニター、派手なネオン。中にはゴージャスに飾り付けられたX´マスツリー。イブに来るともっと素敵なんでしょうね。私たちはゆっくり見物せず、ボックスカウンターへまっしぐら!長蛇の列で50人はいました。そして3時間30分位は経ち、何度もその間に店員から「もう諦めた方がいいよ」っていう説明がありました。もう最後尾の時はそうかな?って思ったけどやっとやっと入口へ。待ち時間の間は交代でスロットにはまってしまいました。皆同じみたいで出たり入ったり、、うまくなっている。
 $99で3階の席でしたが、不思議なオリジナルサウンドでくるくる変わる舞台と、艶やかな衣装で素晴らしいショーでした。感動ひとしおで待ち時間のせいもあるかもしれないですが、今回のメインの目的が達成でき、喜びでいっぱいでした。バレイは実は苦手ではあったんですが、心地よい音楽のせいでうつらうつらしてしまいました。失礼!
 終わってショップで買い物を済ませて時計を見ると1:30でした。のんびり、マッカラン空港へスーツケースを探しに戻ると、24時間動いているはずのレーンが止まっていて、ユナイテッドのバゲッジ・カウンターも閉まっていました。ガラスケースの中に見覚えのある2つのスーツ・ケースが・・・インフォメーションへ聞いてみるがカギは開けてもらえず、朝4時以降にTELするようにメモを渡されました。う〜ん、日本と違って不便、、
 仕方なく サンレモ.Hへ歩きました。ま、今回は空港に近いので良かったかも。
 チェック・インし、やっと部屋に落ち着くとベッドが1台しかない。チェンジして移動。あれ??・・・予定表は?カウンターで出し入れしていたファイルが行方不明。うそーっ、たくさん割引チケットが入っていたのと細かく移動予定を書いたものがない!まさかの事態で、予備の時間変更前の予定表を使うことになるなんて。それにショー予約の控えが入っていたのでこれはいけない!着替えがないまま シャワーを浴びて3時になりました。ちょっと本当に眠い、、パンちゃんはぐっすり。
 危ない感じ・・・寝てしまいました。ガガーン、8時に起きて急いでTEL。途中までわかったけど通じない。フロントに聞いて日本人の方に代わってもらい、結果は私が空港へ取りに行くことになりました。無事に受け取り、荷物を開けると大したものも入ってないけど必要だと実感しました。昼食はホテルで簡単にとり、1時過ぎに出発。最初の予定はアドベンチャー・ドームへ行ってスター・トレックを見に行く予定でしたが、時間がないのと、乗り物を堪能したのとでキャンセルにし、明後日の予定のバリーズへショー予約の確認を早めにすることにしました。とはいっても隣にトロピカーナ.Hでリック・トーマスのマジックの当日券を求めに行きました。評判がいいし、時間もお昼なのでちょうどいい。
 セコセコの私たちはホテルで簡単に購入できるかと思いましたが、なんと売り切れ!列に並んでいたのは翌日のチケット分でした。前からもどって来た男性が私たちに何か言っていたのは券をくれると言ってたみたいですが、その場では理解力がなかったので断ってしまいました。そして2時から半額をねらい、ショー・ケースへ向かいました。コーラの辺りでお店の方に聞いてもわからない(?)と言う返事でしたが列を見つけて並びました。年末のせいなのか当日券はあまり観たいものはありませんでした。明日はレビュー・ショーなのでとりあえずマジックにし、こちらもVIPがとれました。その後、急いでバリーズへ。なかなか控えを失くしたことが通じず、悪戦苦闘。ダブって席をとってもらったり。やっとカード照会してもらい明日のチケットを手にしました。お腹がへりました。じゃあ食事にしようか?それとも移動先で落ち着こうか?というとやっぱり移動。サハラ.Hへ歩きました。早めに着いてフロントで場所を聞く。「NO―」これは違うホテルだよ〜ん。エ゛―、ショー・ケースで何回もサハラ.Hだって繰返されたのに・・・!!「まだ時間があるから早く戻って!」なんだか握手されて見送られたのですが、よく間違いがあるのかしら?




 でもまあ、アラジン.Hへ逆戻りで間に合いました。(見るとチケットに「アラジン」って書いてありました。)スティーブ・ワイリックのショーはダンサーといかにもスターという演出がラスベガスらしいです。(笑)
 その後、すっかり満足し、もう閉店まで30分程しかなっかたけど、このホテルでバフェに。たくさん種類があってスパイシーでこれも良かったです。パリスと違っておかずになるようなものが多いような。そしてエッフェル塔の時間を聞くと明日は無理そうなので今日登ってみることにしました。素晴らしい夜景です。ベラッジオの噴水が上から見え、ストリップの中心からの夜景はどこを撮っても絵になります。携帯電話を落しそうのなりながら、撮りまくりました!で、でも、寒いー!やっぱり!雪が降ってきました。こちらでは珍しいことでしょう。皆、大歓声で凍えていました。だって吹雪いているんだもん。
 その後、かなりの短時間に満腹していたのでスロットで遊ぶことになりました。ベラジオ.Hが出そうなので移動。→すっからかんで2時過ぎに外へ出ると雨が降ってきました。身も沁みる寒さで24時間ファーマシーに入り、大好きなプリッツエルを買い込みました。雨はいっそうひどく、ホテルの窓からは雪景色です。高い部屋からはとてもきれいでした。


12月30日 最終日

 私は寝付けず、4時頃です。そして明日の予定はというとパンちゃんの希望の買い物になりました。VIP席のチケットを受け取り、ひと安心つき、ビア・ベラッジオへ向かいました。ゴージャスな雰囲気がとても気に入り、シャネル、エルメス、グッチ、といろいろおじゃますると、貧乏旅行のつもりがつい買っちゃいました。パンちゃんはもう、ウキウキ気分で!
 続いてフォーラム・ショップへ潜入、さすが、全てのブランドが入ってるというだけあって1日つぶしてしまいそうでした。ここでは日本人の声がよく聞こえてきました。(笑)
 広いモールの中を抜け、夕方になったのでトレジャー・アイランドへ迎いました。6時〜の海賊ショーには少し時間が早かったけど、いっぱいになるので場所を押さえていました。新しく変わったらしいので見に行ったんですが、12月に砂漠で外に出ていると、凍えそうでした。女海賊が歌を歌ったり、挑発したりで内容はよく解らなかったけど、華やかな感じで良かったです。この時期でも水の中に飛び込むのには、拍手ものでした!


ジュビリー
 
 大混雑の中をバリーズへ向かい、ジュビリー開演の30分前に着くと、VIP席3列目のはずですが、一番前の席に案内されました。すごいスモークを飲みながら、目の前のどアップのシートで圧倒されました。豪華!すごい衣装!数億円かかっているのにも納得。飽きることなかったです。後ろの席でも十分でしたが・・・失礼ながらまた、何度が寝てしまいました。記念に撮ってくれる写真のほうも立派なフレームでした。
 そしておなかがペコペコになってしまったのでファット・バーガーへ駆け込みました。前回はフライド・ポテトを注文したら、ハンバーガーが2つ出てきたんですが、今回は無事にオーダー通り出てきました。店内は店員が番号と注文を繰り返し、何処かのラーメン屋のように活気がありました。レタスもしっかり入っていてジューシーです。そして、遅い時間でしたが、M&M´sに立ち寄ってみると、パンちゃんがおおはしゃぎでリュックを購入。私もカートを購入。すごいかさ張っていたんですが、今回立ち寄ってなかったマンダレイ・ベイへも向かうことにしました。えーっと、ルクソールにもX´マスの飾り付けは似合わなかったです。で、うろうろしながら結局 時間も遅いのでホテルへ帰りました。MGMのクラブへはまだ、長蛇つづきでとても入れそうになかったし‥。サンレモ.Hはこじんまりしていて無駄がないですが、やはり気分を盛り立ててくれるのにちょっとかけます。今回は日にちが少なかったんでちょうど良かったんですが、1日はホテルで過ごすようなプランでベネチアン.H等で行きたいと思います。帰りはロス経由でスムーズに無事に戻れました。全部読んで頂いて有難うございます。もっとためになるお話をしたかったですが、パンちゃん(28才)とりりポン(+7)の珍道中の記念にしてみました。


パンちゃんさん&りりポンさんにこの旅行記の感想メールを送る


他の方のラスベガス旅行記を読む