めぐちゃさん&さっちゃさんのラスベガス旅行記
(1999年12/26〜29)

 

★ 旅行に至るまで★

 去年の7月くらいだったか、名古屋にデビット・カッパーフォールドが来るということで、テレビで彼の紹介をしていました。その時、彼は「ラスベガス」でショーをしていました。もちろん、彼のショーと一緒にラスベガスについても紹介していました。そこで、ラスベガスに世界一高い場所にあるローラーコースターとフリーフォールのようなものの紹介もありました。そして、もちろんNYNYの「マンハッタン・エクスプレス」もありました。その番組を今回一緒に旅行に行った「さっちゃ」も見ておりました。そして、二人して、「あのコースターに乗りたい!!」と言う意見が合致。しかし、二人とも働いている身。休みがとれない!!ということと、なんと言っても、「2000年」になる日を海外でカウントダウンしたいと言うことで、年末年始に行くことに決定しました。それからというもの、週末のたびに、旅行会社へ・・・。しかしそのときはまだまだ、7月。全然「年末年始」の旅行は発売されてもいないのに・・・。そして、「2000年」ということで、「Y2K」問題もあったのと、年末年始のラスベガスのホテルはめっちゃ高いというので、ラスベガスだけで年を越すのは無理らしく、ユニバーサルスタジオとディズニーランドに行くことに決定し、某J社のパックが一番安い?のと、ディズニーランドでカウントダウンが気に入って、決定致しました!!

 あまりにも長い「待ち」の期間(申し込んだのは9月なので)の後、遂に行って来ました。では、旅行記に移ります。長いです・・。

 

★ 12月26日(日)★

 出発当日、名古屋−成田間のチケットも無事取れ、朝7時に名古屋空港へ到着しました。ワクワクドキドキ眠気もなんのその!新しい空港で記念撮影!そして、いざ出国審査へ。
 朝早いせいか、そんなに混雑していませんでした。それでも、26日が名古屋空港の出国ラッシュだったらしいです。荷物検査に並んでいると、後ろから「さっちん」と言う声が。振り向いてみると、高校時代のクラスメートで今から韓国へ行くところだそうな。なんと偶然。約10年振りの再会でした。

 9時JAL054便にて、成田へ。10時過ぎに成田着。ターミナルを移動して、NWでチェックイン。係りの人によると、すごく人が少ないらしい。「Y2K」の影響か・・・。待ち時間は約4時間強。すごく暇そうなレストランで「みそかつ定食」を食べて、DFSで頼まれたタバコを買い、ブラブラしていると時間になりました。
 14時20分頃、いざ搭乗。14時45分発NW078便にて、いざラスベガスへ。 飛行機には、本当に人がいなくて、ほとんどの人は席を移動して、横になって寝ていました。私はというと、興奮してか2時間くらいしか眠れず。しかし、さっちゃはほとんど寝ていた・・・。

 同日朝7時15分、ラスベガス、マッキャラン空港に到着。朝早いせいか、人は少ない。入国審査は、たいしたことも聞かれず、荷物を取り、外に出ると、J社のプラカードを持った人が立っていた。ホテル別にバスに乗り込み、いざホテルへ。

 ホテルは9月にオープンしたばかりの「パリス」。ロビー(ではないが、のようなところ)で私達の他3組と現地係員の「マチコ」さんから説明を聞くが、どうしようもない話の上、20代後半の私(童顔で、背が低い…)をつかまえて、「カジノは21歳以上だから、特にあなたはパスポートを忘れずに」みたいなことを、みんなの前で言われ、ムッときたのと、パリスの中を歩いて説明なんていうくだらないことに時間を使うのはもったいないということで、ブッチしていざ行動開始!!

 まずは、前々からベラジオの「O」が見たいと思っていたので、ベラジオのチケットブースへ直行。私達のラスベガスにいる「26、27、または28日のチケット」があるか聞くと、「27日10時半、後ろの方のチケット」があるとのこと。後ろの方すぎたので、他にないか聞くと、「28日10時半、すっごい端っこの2列目」があるとのこと。端っこかーと思って他はないかと聞くと、「この他がよければ、キャンセル待ちに並べ」とのこと。そんな時間はもったいないと思い、28日の端っこだけど、2列目を購入。
 さて、チケットも買ったし、予定では、この日は「乗り物」と「ホテル巡り」の日。まずは、NYNYへGO!!のこのこ写真を撮りがてら歩くと、結構暑い。日本と同じくらいだとは思ってたが、コートを脱いでも、暑い…。
 朝早いせいか、誰も並んでない!!10$払って中に入ると、すごく興奮した女の子とその父親しかいない・・・。人気はないんだろーか?2列目に並び、他の客がくるのを少し待って出発。おおーーー、上がっていく姿がホテルのビルに映ってる!おおーー、あそこまで上がるのか。上がる姿が見えるとはなんて怖いんだ。てっぺんまで上がった後は、落ちるしかないっ。内臓が飛び出るぅなんて考えてる間に落ちて上がっての繰り返し。目なんて開けてはいられない!とめてくれ〜っと考えてるうちに、終わった・・・。寝てないせいか、フラフラだ・・・。でも、楽しい!夜乗ったら、夜景が綺麗だろうな。よし、また夜乗ろう!

 さて、乗るものも乗ったし、隣りのホテル「エクスカリバー」を通り抜けて「ルクソール」へ。写真を撮り、今度はモノレールで「エクスカリバー」に戻り、「コカコーラ」博物館?へ。3$50¢の入場券を買って、いざエレベーターへ。外から見るとコカコーラの瓶のエレベーター。ドアが閉まると「シュポン」とコーラの瓶を開ける音がして、上に上がりながら、氷をコップに入れる音とコーラを瓶にそそぐ音。エレベーターから出ると、コカコーラの歴史みたいなものがズラリ。私達は、「どこでコーラを飲めるんだ?」と歩く。おーーー、ここか、あるあるコーラ飲み放題!!あれ?待てよ、コーラ以外の飲み物といろいろな国限定の「コカコーラ社」が出している飲み物はあるが、「ただの」コーラが見当たらない!?いっぱいコーラの瓶が置いてあるその前にあったぞ、コーラが!炭酸ばかりそんなに飲めなかったけど、満足してロゴグッズのお店へ。でっかいでっかいコカコーラの白くまくんと記念撮影して、M&Mの博物館?へ。ここは入場せず、ロゴグッズのお店だけ見る。そろそろ昼も過ぎたし、お腹が空いた。何を食べるか決まらず、そこらにあったマクドナルドへ・・・。

 お腹もいっぱいになり、今度はストラトスフィアにある「ハイローラー」!おっと、その前に時間は2時だが、ホテルにチェックイン出来るかな?行ってみると、結構人が並んでる。5〜10分待って、チェックイン。上の方がいいか下の方がいいか聞かれたので、迷わず「上!」と答え、ついでに、「ストリップ側にして」と言うと、「追加料金がいるけど」と言われ、あきらめる。部屋は26階。話に聞いてたよりも広いではないか。新しいので綺麗だし。洗面所も広いし、シャワーとタブが別だ。ちょっと休憩し、コートを置いて、今度こそ「ハイローラー」へ。
 私達のツアー会社のトロリーに乗り、到着。展望台へのチケットブースはどこだ?グルグル回り、やっと見つけた。展望台とハイローラーのチケットでいくらだったか忘れてしまったが、展望台の上り、ちょっと景色を見て、ハイローラーの入り口へ。おおー、高い。乗ってみると、怖くない。それどころか、景色はきれいだし、楽しいぞ。と思っていると、止まった?あれ?同じコースを2周じゃないのか?まだ1周しかしてないぞ。なんか手違いがあったらしい。その後、あと2周して終わり。得した気分だ。上を見ると、あの「ビッグショット」が上がったり下がったり。怖い怖い、あれは無理だ。

 乗るものも乗ったし、トロリーで「シーザースパレス」まで行き、ちょっと覗いてみるかと「ベラジオ」のモールへ。買い物は明日と思っていたが、「PRADA」に入り、斜めがけバッグを購入。私の応対をしてくれた店員さんは、すっごくかっこ良かった!さっちゃも大きさの違う斜めがけバッグとお母さんに頼まれたカバンを買い、いざ、「エルメス」へ。成田で見ていたリングがやっぱり成田よりも安かったので購入。

 物で満たされると今度はお腹が空いた?さて、どこに行くか。あんまり下調べをしてなかった私達。ベラジオにいるから、ベラジオのバッフェとばかりに行ってみると、おお、並んでる、並んでる!!すごい行列だ。どうやら2時間待ちらしい。時間は9時ちょっと前。オイオイ…。他へ行こう。隣りの「シーザースパレス」だ。どこにするか?日本料理「百味」にするか。いや、なにも日本食でなくても。よし、バッフェだ。おお、並んでる、ここもだ。まぁ、日本食でいいかということで、「百味」へ。「うな重」を注文する。結構待ったような気がする。隣りでは、お客が遅いと文句を言っていた。
 ホテルへ戻る途中、ベラジオの噴水ショーがやっていたので、見ようと思うが、終わってしまった。朝は全然いなかったが、さすがラスベガスの夜?カジノには人がいっぱいいた。

 ところで、エッフェル塔にはいつ上る?おっ?あんまり人が並んでないぞ。今日にしようとばかりにチケットを買いに行く。値段は$8。階段の下には人はいなかったが、チケットを見せて、階段を上ると、結構人が並んでる・・・。(橋の上)まぁ、いいか。少し並んでいると、係員の人が、「二人の人いる?」と言っている。おっ、ラッキー。前の二人は聞いてないぞ。「ハイハイ」とばかりに、前に行く。ということで、10分も待ってないと思う。エレベーターは2基。エレベーターガール?が降りてくる時は、もう一台のエレベーターに乗ると違った景色が見れていいと教えてくれた。すごい勢いで上がる、上がる。高い、怖い。あっという間に展望台だ。金網が細かくはってあって、あとから写真を見ると、なんだかオリの中にいるみたいだ。もちろん、夜景は最高だった。丁度、ベラジオの噴水ショーがやっていたが、地上で見るのとはまた違って良かった。帰りはもう一台のエレベーターに乗り、地上に生還。

 

★12月27日(月)★

 朝7時起床。8時にホテルのバッフェへ。さすがに行列は出来ていなかったので、入り口で二人分の料金を払い、席へ案内される。バッフェはいろいろなセクションに分かれているらしい。さぁて、料理を取りに行くかと思うとウェイトレスが飲み物を聞きにくる。「オレンジジュースとコーヒー」注文し、料理へGO!ソーセージやベーコンなど一般的な料理が並んでいた。ハムを切ってもらい、フランスパンを取って、席へ。ハムの皮?はなんだか甘かったけど、おいしいかったので、もう一度もらいに行く。さて、デザートだ。人が並んでる。おお、これが、うわさの?目の前で焼いてくれるクレープだ!私は「いちごと生クリーム」を入れたクレープを焼いてもらう。さっちゃも同じだ。アメリカ人はすごい。みんなはちみつも入れていた。それが普通らしく、私が「いちごと生クリーム」というと、「シロップはいらんのか?」と聞かれた。朝なので、ケーキもアイスクリームも無かった。あとは、大好きなメロンをいっぱい取って、席へ。あったかいクレープはとてもおいしい!でも、大きすぎて食べれない…。

 今日は「買い物」の日。トロリーでDFSへ。しかし、行ってみると、帰りの便がシアトル経由の私達は買えないとのこと!!えーーーーーっ!なんてこと!だいたい、ツアーパンフには帰りの便がシアトル経由だなんて書いてなかった…。なんでうちらは直行便でないんだ?とは思ってたけど、まさか、こんなオチがあるとは…!!ほとんど何も買えずに、トロリーで「フォーラムショップ」へ。
 まずは、ヴィトン!(いかにも日本人!)さっちゃは、エピのキーケースと定期入れが目的だ。私は、別にこれといって…と思っていたが、ミニミニの手帳と弟にキーケースを購入。日本よりは5,000〜7,000円くらい安いのではないだろうか?私の買い物は早い!即決だから。ちらっとさっちゃを見ると、なにやらカタログを見ていて、後から来た客にどんどん抜かされている!!これじゃいかん!そこらにいた店員に「あの子をお願い」と言って、ようやく目当ての物について聞くが、ない!とのこと。で、「ファッションショーモール」にもヴィトンがあると教えてくれた。が、行ってもなけりゃーしょうがないので、聞いてくれと頼む。ここのヴィトンは品揃えが少なく、サービスも悪いという印象を受けた。後で行くことにして、私の目当ての「A/X」へ。Tシャツを買って、またまた、私の目当ての「FAO」へ。クマ好きの私の目当ては「シュタイフ」のクマ。「FAO」限定のクマは高かった!クマにこんなに出せねーと諦める。そして、またまた私の目当ての「ヴァージンメガストア」へ。ビデオとCDと買って満足満足。

 さぁ、次は、「ファッションショーモール」だ。どうやって行くか。トロリーでは時間がかかり過ぎだ。タクシーも道が混んでる。しょうがない!荷物をホテルに置きに行って、歩きだ!歩く、歩く。途中、「ミラージュ」のショーの主役の像の前で記念撮影。疲れた疲れた。やっと着いた。ヴィトンへ直行!さっちゃも無事欲しい物を買えて良かった。帰りはゆーーーーーっくり「ベネチアン」などを撮影しながら帰り、時間も5時前。いざ、「ベラジオ」のバッフェへ。

 さすがに混んでいない。すぐに入れた。うわさ通り、「カニ」がわんさかありました。エビも。私達は「カニ」をいっぱい取り、ローストビーフ、ピザなど野菜の苦手な私は肉系ばかり取り、席に戻りました。ここのローストビーフはちょっと赤身が多い。ピザはすごくおいしかった。デザートは残念ながら、「ティラミス」にはお目にかかれなかったが、「クリームブリュレ」は絶品だった。チーズケーキやタルトもおいしかった。アイスクリームもありました。食べることには、お金を惜しまない私達。ここの料理が高すぎるのかはよく分からない…。

 さて、「O」までには、時間がある。何をするか。そうだ、NYNYの「マンハッタン・エクスプレス」に行こう。今度は、歩いていくなんてバカなことはせず、ベラジオ−モンテカルロ間をモノレールで移動し、いざ、入り口へ。おっ、今日は人が多いぞ。10分くらい待って、チケットを買うが、さっちゃが、「昨日よりも安い!」と言った。どうやら、昼間に乗ったときは、$10だったが、この日は$8でした。夜だからか?実は、この旅行記になかなか値段が出てこないのは、お金の管理をさっちゃにまかせていたせいだ・・・。私達は、3万円ずつ出し合って、ご飯、交通費、入場料にしていたのでした。

 夜の「マンハッタン…」は」すごく夜景が綺麗で、最高でした。落ちるのにも慣れたし、よし、今度は「ピース」で写真に写るぞとばかりに、もう一度並ぶ。またまた$8。無事「ピース」した写真をキーホルダーにしてもらい、満足してベラジオに戻りました。値段はまたまた忘れましたが、キーホルダーは2コセットでいくらという感じでした。裏に入れる写真を2種類から選びました。キーホルダー用とは別にもう一枚同じ写真をもらいました。

 午後10時。ベラジオの「O」のシアター前に人が集まってきた。キャンセル待ちも長蛇の列だ。私は、大好きな「ロングアイランドアイスティー」を買って、席についた。もちろん、年齢を証明するものはあるかと聞かれた。席は本当に端っこだ。でも、すぐ前は舞台だ。チケットは端っこなので、$90+taxでした。
 10時半。ショー開始。内容はこれから見る人のために、書きませんが、すっごく面白かったです。もちろん、英語が分からなくても全然大丈夫です。1万円近いショーだけど、その分楽しめたと思います。観る価値ありありです!

 11時半くらいだったか、ショーも終わり、ホテルへ帰ると、部屋のカギが開かない・・・。何度やってもダメだ。壊れたかな?さっちゃのキーで部屋に入って、明日の予定を決めることにした。
 ここで、問題勃発。さっちゃは「アドベンチャードーム」と「フリーモントストリート」に行きたいらしい。私は明日はラスベガス最後の日、是非、カジノを心行くまでやりたい。まぁ、上の二つはどっちでもいい。さっちゃに何時に出かけるか決めてくれと言うが、全然決めてくれない・・・。その上、もう一度DFSに行きたいと言い出した。決めてよと言っても、何も言わない・・・。だいぶムッした私。何も決めずに、風呂に入って、寝てしまった・・・。

 

★ 12月28日(火)★

 朝、私は7時に起きて、準備をし始める。用意をしていると、さっちゃも無言で起きて用意を始める。お互い無言のまま、8時過ぎに部屋を出る。私は、昨日ぶっ壊れたらしい、カギをフトントに直してもらいに行く。もちろん、後ろにさっちゃが着いて来ていると思っている。無事、カギが直り、振り向くといない・・・。オイオイ、なんだっていうんだ?カジノを歩いて、探し回ること約20分、ようやく、向こうに見覚えのある人が・・・。さっちゃだ。お互い、ムっとしている。ロビーで沈黙約10分。その後、お互いに言いたいことを言い合い、ご飯にすることにする。もう9時も半ばだ。どこへ行く?決まらない。バッフェでいいや。やっぱり、時間も時間で混んでいた。15分くらい待って中に入る。料理は昨日と同じ。

 さて、気をとりなおして、アドベンチャードームへ向かう。乗りたかったのは、「キャニオン・ブラスター」だ。あんまり並んでいない。すぐに乗りこめた。意外に怖かったというか、ゴトゴト動いて、頭をぶつけて、気分が悪くなった…。他にはこれといった乗り物もナシ。このアドベンチャードームに行くのに、ホテル「サーカス×2」を通り抜けたが、人が多かったように思えた。なんというか、庶民的なホテルだった。家族連れが多い。

 フリーモントストリートは夜なので、時間が中途半端だったので、ファンションショーモールでトロリーを降りて、のこのこ歩いて、写真を撮りながら帰ることにした。「トレジャーアイランド」「ミラージュ」の前で写真を撮る。まだまだ時間があるので、フォーラムショップをブラブラして、ホテルに戻る。
 夕方になって、フリーモントストリートに行くトロリーのひとつ前のに乗って、DFSへ向かい、その後、フリーモントストリートへ。私達が着いたのは、6時20分ころ。まだかまだかと待っていると、7時に始まりました。約6〜8分くらいの電飾ショー。1時間に1回と聞いていたが、どうやら、ジャストに始まるらしい。ずーーっと上を向いていたので、首が痛い。短い時間だったが、楽しめた。来て良かった。

 さて、夜ご飯の時間だ。どこに行くか。ラスベガスだから、もうとことんバッフェしかない!!どこが評判いいかと聞くと、やっぱり「ベラジオ」。でも、もう行ってしまったし、そうだ、どうせカジノをするし、夜は行ってないので、パリスのバッフェにするかということで、決定。8時過ぎくらいに行くが、まーまー混んでる。どのくらい待ったか、やっと席へ。おーおー、ここにもカニがある。エビもサーモンも。おっと、ムール貝だ。魚のムニエルもある。パスタもある。オムレツに好きな具を入れて、焼いてもらう。パスタはイマイチだ…。そうそう、チーズも種類がある。ハムもローストビーフもある。ローストビーフはベラジオよりもおいしかったと思う。デザートも、朝はなかったアイスクリームや、ケーキがいっぱい。ティラミスがおいしかった。

 さぁ、お腹いっぱい、ギャンブルだ!私達は、ちまちまと25¢のスロットマシンを始める。もしかしてとの思いもあり、プログレッシブを選んで。さっちゃが、25¢3枚目くらいで、70枚出てきた!!いーなー。その後、5¢でちまちま遊ぼうとするが、5¢のマシンは満席だ。さっちゃが空いたところへ、すかさずGO!その間に、パリスのカードを作りに行く。2枚欲しい?と聞かれ、ハイを答えたが、どうやら、手違いがあったらしく3枚も同じカードももらう。戻ると、5¢マシンが空いている。少しやってみるが、全然ダメだ…。しょうがない、マシンを変えるとしよう。ちっちゃなちっちゃな当たりはあるが、やっぱりでっかい当たりは来ないもんだ・・・。
 それでも、2時間〜3時間があっという間に過ぎてしまった!!

 

★12月29日(水)★

 いよいよラスベガスともおさらばだ。朝、5時半だったか、ロビー(みたいなところ)に集合だ・・・。早い。これがツアーの悪いところだ・・・。チェックアウトは、さすがに朝早いせいか、誰もと言っていいほど人がいない。さっさと済ますことが出来た。カードキーは記念にもらった。

 マッキャラン空港には、「パリス」ホテルの模型があったので、一緒に記念撮影。そして、最後にもう一度夢を!!とばかりにスロットに。私はどうしても「スーベニアコイン」が欲しくて、スーベニアコインのスロットにかけた!7$くらいで、一つGET!やったーーーーーっっ!!気分良く、飛行機へ。

 ラスベガスとともにロスに行く人の為に?ロスについても書いてしまおう!

 7時40分アメリカウエスト航空にてL.A.へ。8時45分頃着。朝が早かったせいかグッタリだ…。しかーーーーーーし、悪夢が待っていた!!それは、某J社の現地係員だ!名前は忘れてしまったが、自称「左とん平」。こいつが曲者だった。あとで、某J社のアンケートには文句(率直な意見)を書かせてもらった。なにが悪夢って、うるさい!朝からテンションは高いし、みんな疲れてるのに、しゃべるしゃべる。しかも、さむ〜いギャグの連発だけならまだしも、人の悪口ばかり言っている。とても、不快だった・・・。

 さて、L.A.でお決まりの市内観光があった。ただひとつを除いて、行ったことのあるところばかりでした。まずは、サンタモニカ。それから、ロデオドライブを通って、チャイニーズシアター。ドジャーズスタジアム。これが行ったことのないところ。野茂選手のなごりで行ったという感じでしたが、まぁ、見れて良かった。最後にリトル東京。なんで、日本から来て、日本人町に行かねばならんのだ・・・。DFSにも行ったが、何故か私達だけ、シアトル経由の便で帰る為、何も買えない・・・。時間の無駄だ・・・。ラスベガスでもそうだったんだが・・・。
 そして、観光も終わり、一路、ユニバーサルシティへ。ホテルはユニーバーサルシティーヒルトン。自称「とん平」とエレベーターで別れ、エレベーターが閉まった瞬間、同じツアーのカップルが「はぁ〜、やっと静かになった」とため息をついた・・・。やっぱり。

 部屋は、「パリス」と比べてやっぱり広く感じた。でも、断然パリスのがいいなと思った。新しいからだろうか。少し休憩と横になったのが間違いだった・・・。寝てしまった、二人して。ハッと目が覚め、ヤバい・・・。さっちゃを起こして、ユニバーサルシティウォークへ。

 お腹も空いたので、レストランを探しながら歩くと、日本食が目についたが、とりあえず、日本食はやめることにして、名前は忘れてしまったが、結構奥の方にあったレストラン(ステーキ屋の隣りで、広場の周りのお店、広場には、いきなり水の出てくる噴水らしきものがあった)に入った。結構混んでいて、20分くらい名前が呼ばれるのを待っていた。注文したものは、「本日の魚」。market priceだったので、値段を聞いたら、意外や意外、サーモンだったが、$15だと言う。すーーーーーっごくでっかいサーモンでした。付け合わせのポテトがすごくおいしかった!なにか味がついていた。

 食後、ユニバーサルシティウォークの店を見ながら、ホテルに戻った。途中のお店で「HOLLYWOOD」と文字入りのプリクラを撮りました。残念だったのが、日本のように、色がカラー・白黒・セピアと選べたが、色がつくのは、周りだけ(文字など)で、自分達は白黒でした。

 この日がこの旅行一、早く寝た日だ。

 

★ 12月30日(木)★

 ホテルからユニバーサルスタジオまでは徒歩10分くらい。朝8時から始まるというので、8時には着いた。結構な人が集まっていたが、それほどでもなかった。しかし、8時になってもいっこうに、入れない…。結局、8時20分くらいに、入ることが出来た。
 一番に「ジュラシックパーク」の乗るぞっと決めていたので、行って見ると、オープンは9時だった…。仕方ないので、まずは、「バックトゥザフューチャー」に乗ることにした。あまり並んでいなかったので、結構早く入ることが出来た。いつもながら、首が痛くなる乗り物だ…。出てくると、もうすぐ9時だったので、急いで、「ジュラシックパーク」へ!!入り口を入ると、係員がいて、「ぬれるからポンチョを買うか」と聞かれたが、75¢をけちって、いざ進むと、なんと一番!!本当の一番で、一番前の席に座ることが出来た!!そして、感想はと言うと、「すっごく楽しい!!」でした。でも、すごくぬれた…。ぬれた服を乾かすべく、「バックドラフト」へ。これも、すぐに入れた。

 その後、「ET」へ入った。私達のお目当ての「ウォーターワールド」は11時からで、まだ時間があったので、朝ご飯を食べることにした。名前は忘れたが、入り口入って、右にある店にした。私はピザが食べたかったが、朝食メニューしかなかったので、クロワッサンサンドにした。たまごとハムをケチャップが入っていたが、とてもおいしかった。ボリュームも満点だった。その店のすぐに奥が「ウォーターワールド」だったので、人が並んでないかチェックしながら食べていた。10時30分くらいから、チラホラ人が集まり始めてきた。急げとばかりに入り口付近に向かった。私達は、前から20人目くらいにならんでいた。会場には何人といったか忘れたが、結構な人が入れるらしい。並んでいると、「緑のシートはぬれる席、青は、大丈夫、ぬれたい人は緑へ」というアナウンスが入った。もちろん「緑」のシートだ!!ゲートが開いて、急いで緑のシートへ。さすがに最前列にすわる勇気はないので、3列目の真ん中に座った。

 係りの人かと思った人は、実は、出演者で、入ってくるお客に気づかぬよーに、水をかける。そして、客が「きゃー」などと言って、振り向くと、そしらぬ顔をする。会場が沸く!そんなことを繰り返しながら、ショーが始まるまでの間に、水のかけあいが始まる・・・。ショーの前から、びしょぬれだ・・・。「緑」のシートに座ったら、カメラはしまっておく方がいい。カメラを出してるのが見つかると、狙われる・・・。ショーもすごく楽しかった。もちろん、びしょぬれだ。最後がヒヤヒヤする。是非、行ったら、見て欲しい!
 ショーの後は、主役の人以外の人と写真が撮れる。みんなとっとと会場を出てしまったので、全員を写真を撮った。びしょぬれの私を見て、「おっ、ぬれてるね」と言われたので、「あんたのせーだ」と言ってやった!出演者の一人は、カメラをかまえると、すごいパフォーマンスをしてくれるので、是非、写真を撮って欲しい。
 その後、「ターミネーター」を見て、トラムに乗った。このトラム2度目だが、とても、眠い・・・。まー、時間もあったし、いろいろ見て回れるので、いいとしよう。時間のない人は後回しでいいと思う。
 トラムの後、もう一度、「ジュラシックパーク」へ。今度は一番後ろの席だった。もちろん、ポンチョは買っていない・・・。私達以外はみんなポンチョを着てる・・・。今度は、最初の時よりももっともっとぬれた・・・。もちろん、ぬれているのは私達だけだ。せっかく乾いた服が…。この時、なぜか「ET」が混んでいた。
 最後に「ワイルド×3ウエスト」のショーを見た。
 6時半にホテルの集合だったので、ホテルに戻ることにした。
 ユニバーサルスタジオはいつ行っても、そんなに混んでいる印象はない。また、この日はあったかかったので、私は途中から半袖だった。12月も終わりなのに、ビックリだ。

 さて、ホテルにJ社の係員が来たが、またもや、あやしげなおじさんだった・・・。J社にはロクな人材がいないのか?いろいろなホテルで客を拾い、ディズニーランドのあるアナハイムへ。

 アナハイムのヒルトンにはDFSがあるが、またもやそこで、買い物の時間が・・・。私達は、バスで待つことにした。まったく時間の無駄だ。ロスの市内観光から一緒だった新婚さんが、ヒルトンで日本語新聞をとってきてくれた。それには、日本でとても話題になっていた雅子様が流産していたという記事が!!
 この新婚さんとは、ユニバーサルヒルトン、私達のディズニーランドでの宿泊先であった、シャラトンアナハイムで一緒でした。とってもいい人達でした。

 最後に私達の宿泊先のホテルへ到着。またまたくどい話の末、ようやくチェックイン。このホテルには、日本人が時間によってはフロントにいる。
 私達の部屋は、別館の3階。日本人のツアー客はみんな別館だった。入ってみると、なんだか、臭い…。それに、喫煙室だった。タバコの臭いではなかったが、とても臭かった。日本人の男の人はタバコを吸う人が多いので、喫煙室にされたらしい。タバコの臭さではなかったが、喫煙室を理由に部屋を変えてもらうことにした。1室だけ空いていてラッキーでした。私達が部屋の変更を頼んでいるときに、どこかの部屋から、フロントに電話が入っていて、どうやら、部屋を変えて欲しいとのことだったらしい。しかも、理由は一言「disappoointed」。確かに、このホテル、新館の方は分からないが、シェラトンといっても、たいしたことのないホテルだった。

 無事、部屋を変えてもらった後、近くのコンビニ「AMPM」へ行き、おかしを買って、ホテルの売店で、カップラーメンを買い、(ここには、まるちゃんなどのカップラーメンが置いてある)部屋のコーヒーメーカーでお湯をわかして、一日早い、「年越しカップ麺」をしました。

 

★ 12月31日(金)& 1月1日(土)★

 ミレニアム・イヴ。曇り・・・。この日のディズニーランドの開園時間は8時。キャラクターブレックファストのチケットを持っている私達は開園の1時間半まえの6時半から入場出来るため、5時に起床。そして、6時15分のバスに乗って、ディズニーランドへ!!結構な人が並んでいた。私達もいざ並び、6時半に入場。入り口を入ると、ミッキーの形をした花壇がある。そこで、写真を撮ってもらう。

 さて、何に乗ろうか。日本にはないものにまずは乗りたい!!「トゥモローランド」の「ロケットロッド」に乗りたい!!行ってみたが、通常通りの8時に始まるらしい。しょうがないので、「マッターホーンボブスレー」へ。ほとんど人は並んでいなかったので、すんなりと乗ることが出来た。
 次はどうしようか…?時間は7時ちょい過ぎだ。朝ご飯にしよう。ということで、レストラン「プラザ イン」へ行くと、すごい行列が…!!まさか、この列が?予感的中。しょうがなく並んでいると、雨が降ってきた!!(後で聞いた話、めったに雨の降らないディズニーランド。この日だけ降ったそうだ…)どれくらい待ったか、やっとのことで、入ることが出来、無事、キャラクターとたくさん写真を撮ることが出来た。食事はバイキング形式でした。ミッキーの形をしたワッフルは冷えていたがおいしかった。日本には、くまのプーさんはいるけど、プーさんの友達のピグレットやティガー、イーヨーはいないので、写真が撮れて良かった。

 朝ご飯を食べ終わっても、雨はやまない・・・。どうするか?おみやげを先に買うことにした。雨はいっこうにやむ気配がないので、みんなが着ていた「ポンチョ」を買うことにした。ポンチョは黄色一色で背中にミッキーの絵がついていて、確か6$ちょいだった。日本みたいに「2000」年をあしらったものはないかと探しているとありました!!足のところに「2000」と書いたぬいぐるみが!!でも、なぜか、ミッキーとプーさんの友達しかありませんでした。プーさんはないのか?と聞くと、プーは売りきれで入るかどうかは分からないとのことだったので、友達のおみやげと私用に全種類を購入。あとは、アメリカにしかない「Bee Pooh」のでっかいぬいぐるみを購入!!他、おかしなど・・・。

 買い物もすんだので、ロッカー、ロッカーと探していると、あった。が。いっぱいだ。じゃ、他のロッカーと行って見ると、いっぱいだ。外にもあったぞっと行って見ると、やっぱりいっぱいだ・・・。入場者の数の割には、ロッカーが少なすぎ!!どうするか?今日は、3時(AM)までやってるし、一度、ホテルに置きに行くことに決定。無事、ホテルに荷物を置き、戻ってくる。さて、何に乗ろうか?「インディアナ ジョーンズ」にしよう!!げげげ、75分待ち。ちょこちょこと進みながら、乗り場まで行く途中に、どうやら終わったらしき人たちが通って行くが、みんななんだか、すがすがしい感じに見えた。本当に75分くらい待った後、やっとのことで、順番が回ってきた。一番前だ。しかも、運転席(見かけだけ)だ!いざ、出発!!揺れる、揺れる。最後は例の音楽をバックに本当にすがすがしく終わった。
 次は「ロケットロッド」にしよう。ンンン?なんだ、あの列は?もしかして?そう、もしかしての長い長い列だ。「インディアナ ジョーンズ」以上だ。135分待ち?しょうがない、並ぶか・・・。長い、本当に長い待ち時間。建物の中に入っても、まだまだ列が続いてる・・・。いったい、どこが乗り場なんだ?何度か眠気で気が遠くなった。本当に、135分待った。その割には、たいしたことなかった。
 気を取り直して、今度は、「スプラッシュ マウンテン」へ。15分くらいで乗ることが出来た。その時、とてもビックリしたのが、日本と違って、縦に6人乗りのはずだが、9人乗ってる・・・。しかも、高校生くらいの男ばかりだ。キュンキュンだ。係りのお兄さんは注意するどころか、「荷物をこっちへよこせ」「パーフェクト」と言って、送り出した。日本じゃ、考えられない!!6人のりなのに、9人で乗ってる。しかも、係りのお兄さん公認だ・・・。さすが、アメリカ!とても、早く乗れたので、もう一度。すると、さっきの9人組がまた乗ってる・・・。
 次は、「ビッグサンダーマウンテン」だ!これも、早くて、15分くらい待っただけで乗ることが出来たので、もう一度並んだ。私達は、日本から持っていった、ミッキーの手をはめて、並んでいた。すると、前に並んでいた、高校生くらいの子達が、「かわいいー」と声をかけてきた。その子達は、なんだか、日本っぽいおもちゃを持っていて、私に「ためしてみて!」と言って貸してくれた。

 そろそろ、ご飯が食べたくなってきた。どこもいっぱいだ。しかも、電気が少ないのか、よく見えない。近くにあったお店に入ることにした。注文するのに、何分待ったんだろーか?さっちゃは、パンのボウルにシチューの入ったものを、私は、サンドイッチを頼んだ。ご飯の後に、「ホーンテッドマンション」に乗ることにした。全然混んでなかったので、ほんの10分もかからず、部屋へ入る。
 さて、時間は10時。何に乗ろうか。どうしようか・・・。お茶を飲むことにした。お茶をゆーーーーーっくり飲んでいると、もうすぐ11時。そろそろ、「眠れる森の美女」のお城へ行こう。カウントダウンの場所だ。

 城の近くに近づけば近づくほど、人が増えてきていた。お城の周りは人でいっぱいで身動きが取れないくらいだ。なんと、11時には、お城の周りには入れなくなるようだった。私達はギリギリのところで、お城の周りへ行くことが出来たが、すごい人で、もう動くことは出来ない・・・。でも、お城の周りでカウントダウンが出来るのでラッキーだ。もう少し遅かったら無理だった!!

 時間は、11時30分。どんどん盛り上がる!!40分。またまた盛り上がる。10分おきにどんどん盛り上がる!!大きな風船がいろいろな人の手によって、あっちへ行ったり、こっちへ行ったりしている。テレビ局もきていて、みんなの盛り上がりを手伝っていた!ついに、やってきました!カウントダウン!!「テン・ナイン・エイト・セブン・シックス・ファイブ・フォー・スリー・トゥー・ワン・ハッピー・ニュー・イヤー!!!」そして、ミッキーが出てきて音楽と共に踊りだし、花火がどんどん上がる!!

 盛り上がった、盛り上がった。さすが、ミレニアム。海外でのカウントダウンの経験はあるが、さすがにここまでは盛り上がらなかった。さっきまで、すごくたくさんいた人もまばらになっていった。今のうちにまた乗り物へGO!!「インディアナ ジョーンズ」へ。今度は30分くらいで、乗りこむことが出来た。私の中では、この乗り物がディズニーランド一楽しい乗り物だと思う!

 時間は1時過ぎ。乗り物も満喫したし、最後にもう一度お土産を見ることにした。すると、プーさんがある!!プーさんは他のものと違って、お腹を押すと、しっぽがピンクに光る!プーさんを2匹買って、ホテルへ戻った。

 ホテルに着くと、時間は2時過ぎ・・・。朝の集合時間は5時30分だ。もう寝てる時間はない・・・。お風呂に入って、荷物の整理をしなければいけない!!ベッドの周りには、おみやげの山だ・・・。来る時には、スーツケースの蓋の部分は全て空いていたのに、入りきらない・・・。どうしよう・・・。なにがかさばるって、ディズニーランドで買ったぬいぐるみ達だ。特に、でっかいBee Poohはどうしても入らない!!それに、ラスベガスのいろいろなホテルから持ってきた、カジノコイン入れも場所をとるだけだった…。仕方ないので、Bee Poohは手荷物にした。

 いよいよ時間だ。ここのホテルのカードキーには2000年という文字と花火がついていたので、チェックアウトの時にキーをくれと聞くといいとのこと。さて、ディズニーランドを後に、LAXへ向かう。朝も6時。ほとんど人はいないし、まだ、チェックインカウンターにも人はいない・・・。

 そして、チェックインの時に、荷物を名古屋まで、乗せてもらえるように頼んだが、新米さんだったらしく、乗り継ぎ先のシアトル・タコマ空港で、荷物が出てくると言う・・・。オイオイ、なんとかしてくれよーとばかりに、もう一度やってみてと懇願すると、なんとか東京(成田)までは大丈夫になった。本当は成田で出てきても困るので、もう一度聞いてみるが、某J社の係員が「成田−名古屋は国内線だし、飛行機会社も違うから出来ない」と言う。まったく、なにも知らない係員だ。成田−名古屋は国際線なんだよ!!と腹の中で叫ぶ私。しょうがないので、成田でなんとかすることにした。

 飛行機に乗りこむと眠気も限界。いつ飛んだのか分からない私とさっちゃ。そして、あっという間に、タコマ空港に到着。

 私には、ここタコマ空港である目的があったのだった。それは、「コーヒー」だ。アメリカでは最近日本にも入ってきている「スターバックス」が有名だが、私はここシアトルにある「SBC(Seattle's Best Coffee)」のバニラコーヒーが大好きで絶対に豆を買って帰ると考えていたのだ。そして、SBCを見つけると、なにやら、クリスマス限定?コーヒーが。その名も「EGG NOG COFFEE」。きっと「EGG NOG」とコーヒーを混ぜたものだと思い、買って飲んでみる。甘い・・・。でも、うまい!!そして、「バニラコーヒー」は無かったので、普通のブレンドの豆を購入。あとは余った米ドルを売店で、雑誌を買ったり、おかしを買ったりして、使いつくした。

 さぁ、いよいよ搭乗だ。これで、アメリカともおさらばだ。長いようで短かった6日間。あとは移動の2日間でもう終わり・・・。
 帰りの飛行機も、すごく空いていた・・・。そして、眠かった・・・。ほとんど寝ていた。起きていたのは、食べるときだけだ。二人で思ったのは行きよりも帰りの方が機内食がおいしかったし、アイスもでた!

 また、アメリカの新聞をくれと言った私は、日本人の客室乗務員に英語で話しかけられた・・・。まぁいいが、私は日本語でアメリカの新聞をくれと言ったのだが。いったい、何人に見えたのだろーか?

 いつのまにやら、約10時間が過ぎ、成田へ到着。荷物のことを聞きに、カウンターへ行くと、名古屋行きへ乗せかえてくれるとのこと。良かった、良かった。あの重い荷物を持ってターミナルを移動するのは大変だからなぁ。

 成田で約2時間くらい待って、名古屋への岐路に着いた。長かったようで、短かった旅も終わりだ。ケンカもしたが、楽しい旅だった。また行きたい!!

 

★ 終わりに★

 最後まで読んでくださった方、どうもありがとうございました。是非、参考にして、楽しいラスベガスの旅を!!何か質問等ありましたら、メールにてお答え致します。
 長い文章を最後まで読んで下さりありがとうございました。

めぐちゃさんに感想のメールを送る


他の方のラスベガス旅行記を読む