ラブスコーンさんのラスベガス旅行記
(2001年3月15日〜19日)

 

前がき
 なぜラスベガスを選んだか・・・それは行ったことがある人皆が「あそこは楽しい!」と男女関係なく聞かされていたからだ。そこで海外旅行苦手(飛行機が苦手らしい)主人の説得にかかり、ようやく承諾を得た。さて、いつ行こうか・・・やっぱり有休がなかなか取れない主人だ、高いけど仕方ない、お正月休みに行こうと思い代理店に予約しに行く(10月の上旬)・・・がしかし、すでに一杯???えーっ!もういっぱい?凄すぎーっどうしよう…あまりに落胆している私を見て可哀相になったのか夫が3月に休みを取って行ってもいいよーという素晴らしい打開策を出してくれた。
 わーいっ、それ最高―!値段も安い上、季節もGOOD!まだ半年近くあるから十分下調べも出来るしっ・・・、日程は3月15日〜20日の6日間、往復NWの直行便を利用し、ホテルはパリスで95000円也。これこそ私が望んでいた日程に飛行機にホテルに価格です。そして旅行会社はJTB。インターネットでの個人予約も考えましたが、トータル的にみてもJTBの方が送迎や向こうでの移動手段、郊外のアウトレットのチケット付と嬉しい特典が付いている分お得だと思い今回はシースルーパッケージを選択しました。さて、長くなりましたがいよいよ出発です。

第1日目(3月15日)
 14:50出発のNW、時間の遅れもなく離陸し、約9時間の空の旅。定刻より少し早い現地の早朝7:00に無事ラスベガスのマッキャラン国際空港に到着。なんだか工事中だったりとひなびた空港だけど、まぁ直行便だから仕方ないよね。これから嫌というほどスロットマシンを見かけるのだからここではもうしばらくガマンです。
 さてやっと外へ・・・わぁ〜、なんて日差しが強いのー。天気は快晴です!まぁ当たり前なんでしょうけど…しかし、現地係員いわく1週間前にはなんと異常気象で雪が降っていたとの事、信じられない!!!私達はすでに半袖状態なのに・・・やっぱりお天気って大切ですよね。(とくにグランドキャニオンを予定している私達は)
 さて、バスでホテルまで移動・・・ってもうガイドブックで見たゴールド輝くマンダレイベイホテルがすぐ見えます。本当、ラスベガスの町って空港から近いのね。15分ほどでパリスへ到着。あぁー。やっぱりとても綺麗なホテル。本当にパリが凝縮されちゃってます。まだ朝の8時だし、しめしめ丸1日遊べるぅ。係員の人から一通りの説明を受けてから、チェックインは3時からなのでさっそく行動です。まだ10時になっていないのでお店が開いてない。写真を撮りながら徒歩でエクスカリバーまで歩きます。通りには、ハーレダビッドソンカフェあり、コカコーラ・M&M's・MGMグランドホテルあり、通りの反対にはベラッジオホテルにモンテカルロホテル、NYNYホテルどこをとっても素敵な被写体ばかりです。お店が開いていない分、人通りも少ないので写真を撮るにはGOODだと思いますよ。エクスカリバーからモノレールに乗ってマンダレイベイへそこからJTBの特典である、無料のトロリー(バスのようなもの)に乗ってベルツアウトレットへ向います。10分かかったかなぁって感じでした。ベルツでは靴と家庭用品を購入。安くて大満足!
 ベルツからまたトロリーに乗ってパリスへまだ2時前だけどチャックインできるかなぁ・・はい、全然大丈夫でした。(11時頃でもお部屋の準備さえ出来てればOKみたいですよ)特に並ぶこともなく、お部屋のリクエストは主人の為に喫煙室、高層階、ツインのお部屋・エレベーターからなるべく近くをお願いしました。ドキドキのお部屋チェックです。27階で高さGOOD。広さは標準的でBETTERです。部屋は大人っぽい雰囲気でGOOD。バスタブとシャワーが別々でGOOD。眺めは辛うじてベラッジオの噴水が見えるのでBETTER。エレベーターからは遠いNo GOODでした。でも総合的には大満足な内容です。まぁ、4日目にちょっとした事件が起こりますが・・・それは後ほど、請うご期待です。
 まだスーツケースがこないので、また遊びに行きます。パリスのショッピング街を通ってシーザースパレスにあるフォーラムショップを目指します。本当に一つ一つのホテルが大きい。やっとフォーラムショップに着き、まずはレースフォーアトランティスへ木曜日だからか全く待たずに入場、なかなかの迫力だし、なんせ動きが激しくて体が左右に振られて大変だったがとても楽しいーっ!(ちょっと短いけどね)終って出ると、フェスティバルマウンテンが始る。えーあれ、人形なのーって感じでとてもリアル・・・ちょっと内容が全部把握できなかったので、キャー火がキャードラゴンがって感じで楽しんでました。(でも、ストーリーが分かったらもっと楽しいんだろうなぁ。まさしさん、是非ストーリーをホームページに掲載して下さい)。
 次に腹ごなしをするべく、近くにあるチーズケーキファクトリーへ、白ワインとパスタとシーザーズサラダを頼みます。なんて1皿が大きいの!4人位でシェアして食べるのがちょうどいいなぁ。味はもう美味しかったです。パスタは日本ではお目にかかれない感じのパスタでした。主人はこれを大絶賛!どうにか二人でサラダとパスタをたいらげ、楽しみにしていたチーズケーキをと思ったが入る余地なし!しかたなく、デザートはあえなく断念。パリスに帰りつつショッピングしたり、カジノを見たりし(ここでは見るだけでした)、ベラッジオで噴水ショーを見て(これ最高―!!!)、パリスに戻りルノートルでケーキとコーヒーを購入して部屋へ戻りました。買ってきたケーキを食べ(美味しいですがここのケーキは高いです)この日は就寝。ひゃー、長い一日でした。

第2日目(3月16日)
 JTBの特典で無料で乗れるバスでNYNYから郊外のファッションアウトレットへ。3時間もショッピングできるかなぁと思っていたのに、なんと帰りのバスに乗り遅れたー!!!これはとてもひんしゅくな事なので行かれる皆さんはくれぐれも気をつけましょうね。私達は1時間後のNYNYではなくMGMグランドに着くバス乗せてもらいましたが、もしバスが満員だったらと考えると・・・とてもコワイ(タクシーで帰る事になっていたのかなぁ???)。
 MGMからはまた徒歩でパリスを目指しつつ、M&M's・コカコーラ・ウォルグリーン(コンビニ)でお土産などのショッピングを楽しみ両手いっぱいに荷物を抱えてやっとパリスに。部屋で一休みしてから、パリスのバフェに行きました。お昼時間終了の20分前だったけどランチ料金で入れました。まったく待たずに入れた上、夜のメニューであるカニもしっかりと頂けました。噂通り、とても美味しかったけど$20以上払う価値があるかどうか・・・は疑問です。(お昼だったので私達は1人$13でした)
 お腹も一杯になり再び行動開始。モンテカルロへ行き、日本で予約しておいた明日見るランスバートンのチケットを受け取ります。ここで初めてのカジノタイム¢25スロットで楽しみました。私は、$10の資金で始まり最終的に換金したら$40返ってきたので+$30!主人は$30使って$30帰ってきたので±0。二人ともとても楽しくカジノデビューできました。(すみません、カジノ初心者なので額はものすごい小さいです)
 気を良くして、お楽しみのNYNYでのマンハッタンエキスプレス!もうコワイのなんのってもの凄く楽しかったー!乗ってる時間も長いです。ジェットコースター好きなら是非乗って下さいね。それと小刻みな上下があった時、写真が撮られるのでくれぐれも顔を下に向けないよう笑顔で収まりましょう。降りるともう目の前に写真が貼ってあって買えますよ。ジェットコースターの興奮も覚めやらぬままベラッジオへ行き、噴水ショーを人工湖の目の前で見ます。曲は大好きな「Time Say to Goodbye」でした。もう大感激!!!昨日もみたけど、やはり少々待っても真ん中の目の前で見ることをお勧めします。水が踊っているかのようで本当に素晴らしいです。興奮していた神経が感動に変わり、この日はこれで就寝。

第3日目(3月17日)
 今日は朝7時にロビーに集合し、グランドキャニオンツアーに出発です。空港は8:00出発の便で約1時間程でグランドキャニオン空港に到着します。この日はとても天気が良かったからか、飛行機は全く揺れず快適な空の旅でした。グランドキャニオンでは2箇所のポイントに連れていってもらいました。もう本当に素晴らしい景色です。自然はなんでこんなに偉大なものを作っちゃうのでしょう・・・ってちょっと気恥ずかしい言い方ですが、本当に川が削り出したとは思えない素晴らしい自然が目の前に広がっています。その後、空港の近くにあるホテルでお昼(バフェ)を取り、1:30出発の便でラスベガスに戻ります。
 ラスベガスからはまたホテルに送ってもらえるのですが、事前に頼むと朝お迎えに来たホテルとは違うホテルでも送ってもらえます。私達は、ここぞとばかりに遠いストラトスフィアタワーまで送ってもらいました。ストラトスフィアタワーに行く時、右側にドライブスルー系のチャペルがあります。運が良ければ(ラスベガスでは頻繁らしいのですが)幸せなカップルがみれるのでストリップを使って行く方は気にしてみて下さい。さて、着きましたストラトスフィアタワー!展望台に乗るべく、乗り場を目指すが行くまでにお店がずらりとあり、ついつい見てしまいます。やっとお得な展望台+ビッグショットのチケットを買い展望台に行くエレベータに乗り込みます。展望台では360℃のパノラマが楽しめます。しかし、心はすでにビッグショット!ワクワクドキドキ。さらに上に上がるエレベータに乗りビッグショット乗り場へ。10分ほど待っていよいよです。スコーンッと真上に飛ばされたと思うと今度は無重力状態・・・そろそろ終るかと思ってもこの無重力状態が思ったより長い。あと、2回ほど上下のバウンドを繰り返しENDです。あまり多くは語りませんが、マンハッタンエキスプレス同様やはりこれもお勧めです!より恐怖体験がしたい人は必ず夜に乗ってください。怖さは倍増するはずです。二人でどっちが良いだのと意見仕合いながらJTBのトロリーに乗ってファッションモールへ移動しました。ここでのお楽しみはダイブでの食事!!!・・・がっ、あれれ???ダイブの横に穴が開いてるぅ〜。えー、取り壊し中―っ!!!ショックー楽しみにしていたのにー、繁盛してなかったのかなぁ・・・仕方ないのでフードコートで中華などを食べてからショッピングを楽しみました。それからトレジャーアイランドへ行き、バッカニアショーの見学15分前頃に行ったらもう人・人・人・・・どうにか真ん中の1段上がった所を確保して見ましたが、うー、やっぱりラスベガスってすごいホテルの前でこんなショーをしちゃうなんて、最後がちょっと以外な展開で終ったので(よーく考えれば当然かもしれないですね)びっくりでした。これも是非、場所取りをちゃんとして見た方がより楽しめるでしょう。
 すごい混雑の中ミラージュへと移り今度は火山のショーを見ました。シーザースパレスからJTBのトロリーに乗ってモンテカルロまで移動し、とても楽しみにしていたランスバートンのマジックショーを10:00〜楽しみました。1番前の席だったにも関わらず???の連続。途中では笑わせてくれるショーもありとたっぷり1時間20分楽しませてくれました。ランスバートンはカッコイイし愉快だし、本当良かったです。今日はこれで就寝。

第4日目(3月18日)
 さて丸1日遊べる日も今日で最後。まずは、マンダレイベイへ行きます。日本から予約しておいたハウスオブブルースで行われるゴスペルブランチです。これは、バフェ形式で食事をとり、食べ終わる頃にゴスペルのステージが始ります。もうすごい迫力!教会で聞くゴスペルとは違い、パワフルでライブ(?)な感じです。「さぁ、皆立って!ナフキンを振って〜」ってゆっくり食事は出来ません(笑)。これは、もう我忘れて楽しまなきゃソン!恥かしがってちゃいけません。主人はちょっとノリ切れなかったみたいだけど、私はもうライブハウスを出る時もノッてました(恥かしっ!)その後、マンダレイベイをちょっと探索してモノレールに乗ってルクソールへ。とても広そうだったので入口の所で写真だけ撮ってMGMグランドへ行き、ライオン(とてもだるそう)を見て、アラジンを見学。ここでカジノ(ルーレット)を観察して夜チャレンジする事にする。
 パリスに一旦もどり一休みしてからJTBのトロリーにのってダウンタウンへフリーモントエキスプレスを見に行く。ガイドブックに18:00からと書いてあったのでそれまでに行ったのに何と始まったのは18:40頃。これは、日没後が始まりの時間のようです。でも、すぐ2回目が7:00からみれたので良かった。全然1回目と2回目では違うので色々なパターンを見るといいと思います。あと、ダウンタウンにマリリンモンローが歩いてました。一緒に写真を撮りたかったけどトロリーの時間がきていて走っていたので撮れなかったーゔ―、残念。でも、不思議な事に他の人達は全然マリリンの事を気にしてない感じだった。(見慣れているって事なの?)
 トロリーで中心地に戻り、アラジンへ。でも、なかなかルーレットの席につけない・・・ディーラーは恐そうだし、お客さんも・・・。30分位右往左往し、やっとテーブルへ着きました(長々とお待たせしました)$60を$1チップに交換してスタートです。一気に半分以上が消えていき「あ〜ぁ」と思っていたが今度はどんどん当る〜!!!きゃー、なんと初めのチップの3倍近くにはなってるぅ〜すごい、私って!でも、ここでやめられないんですよね。ちょっと負けだしたと思ったらそれを取り返してさっきの額まで戻したい欲望がでてきて、最終的に換金したら$30でした。でも、すごい長い時間遊べたし、最初はルールもままならずディーラーに教えてもらったり、時にはお客さんに教えてもらったりとなかなか楽しく遊べました。その後、パリスでスロットをして全て使い果たし、ラスベガスの最後の夜が終りました。

第5日目(3月19日)
 帰国する日。7時30分にロビーに現地係員がお出迎えです。パリス(ツアーだからかは不明)では、部屋で何も使用しなかった場合、チェックアウトの必要がないということでとっても楽々です。空港では、シナボンとコーヒーで軽い朝食をとり、定刻通り10:35日本に出発しました。到着は30分ほど早い、日本時間15:30に無事到着し、この旅行を終えました。

後がき
 カジノで言えばTOTAL$100程あちらに貯金という形になりましたが、めちゃくちゃ楽しいイカジノ体験でした。行く前はラスベガスはカジノをやらなくても十分楽しめると思っていたし、現にあまりやるつもりもありませんでした。しかし、実際に向こうでやってみると本当にゲーム感覚(私の場合は)でとても楽しい思い出ができました。カジノ以外でも丸4日間よく歩き廻り楽しみましたがまだまだ見切れていない・・・やっぱりラスベガスは大きい。なので今度また、貯金を取り戻すべく遊びに行きたいと思ってます。今、デザートインの所が中華系に工事していたし、マンダレイベイの前にロンドンを意識したホテルが出来るとかで日々変化してます。ラスベガスって老若男女誰もが楽しめる所だと思います。これまで読んでくださった皆様長々と有り難うございました。これからラスベガスに行く方が満喫できる様、お祈り致します。最後にこのホームページに出会えて、ラスベガス旅行の楽しみ方が広がりました。本当に有り難うございました。そしてこれからも頑張って下さい。ラスベガスバンザーイ!!!

ラブスコーンさんに感想のメールを送る


他の方のラスベガス旅行記を読む