江戸前漁師さんのラスベガス(ネリス航空祭)観戦記
(2011年11月10日〜2011年11月14日)

 
10年前のニューヨーク911テロで友人を失い、そのショックからベガス帰郷(アメリカ渡航)を控えていました。
春先に航空ファン仲間のYKSKさんが、ネリス航空祭に行かれると伺い、色々とアドバイスをさせて頂きましたが、私も「行きたい」と日々気持ちが高まり、ベガス帰郷を決定しました。
今回は、ネリス航空祭(Aviation Nation)に特化した観戦記をお届けします。
万人の方には興味が無い内容ですが、来年計画される方々や同時期にベガス訪問をされる方のお役に立てば幸いです。

◎ネリス航空祭(Aviation Nation)概要
ネリス航空祭は例年11月の2週目前後に開催されます。
ネリス基地は、空軍アクロチーム・サンダーバーズの本拠地です。
サンダーバーズは春先から全米と世界各国でショーを行い、このネリス航空祭がファイナルを迎えます。
アグレッサー部隊(戦術の研究を行う教官集団)も有名です。戦闘機・爆撃機・輸送機・クラッシック機など、次から次とフライトが行われ、航空ファンのみならず同時期に行かれる方には必見の航空祭です。

↑公式ホームページより引用
◎準備編
5月上旬から下調べをスタートし、個人手配を行いました。
●フライトの手配
現在は国内空港からのベガス直行便がありませんので、経由地&乗り継ぎ便の便利さ、航空会社の選択からはじめました。
11月のチケットは9月に入らないと料金が発表されませんので、9月に各社の料金を検討し、デルタ航空・シアトル経由に決定しました。
シアトル経由にした理由は「一粒で二度美味しい作戦」の実行です。
デルタ航空のシアトル便は早朝に到着します。シアトル発、ベガス行きの最終フライトは夕方の6時ですので、約10時間の乗り継ぎ時間が出来ます。
この乗り継ぎ時間を「プチ観光時間」にしてしまうのです。
私はレンタカーを借りて、エベレット市のボーイング工場、航空博物館、スペースニードル、スターバックス1号店を回ってきました。

↑偶然にも撮影できた、ボーイング工場でのスカイマークB737-800のファーストフライト。祝

↑航空博物館に保存されている、再び飛ぶことのないコンコルド。寂

↑スターバックス1号店の専用ロゴ、コーヒーよりグッズが売れていました。笑
●ホテルの手配
日々刻々と価格が変化する中で「最低価格」を狙いゲーム感覚ベガス・ギャンブルがスタートします。
今年はネリス航空祭前日の金曜日がアメリカの祝日と重なり、ホテル側も強気で価格が高く、よく利用していたバリーズも圏外に。
最悪はオフストリップかモーテルも視野に入れましたが、インペリアルパレスホテルの瞬間的低価格を発見し、即座に予約しました。
11月10日から4泊で、朝食付き$350でした。*出発直近のホテルサイトでは$870に高騰していました。汗
◎いざ、ネリス基地へ
日本からの航空券・ホテル・ネリスまでの送迎付き・のパッケージツアーや現地ツアーを利用する方法もありますが、レンタカーで行く方法をご紹介します。
●レンタカーでの会場アクセス
ストリップのホテル群から、ネリス基地まで、約40分(初めての訪問、運転なら約60分の余裕を見ましょう)です。
(厳密には、ネリス基地には直接乗り入れが出来ませんので、指定駐車場のラスベガス・スピートウェイを目指します)
ストリップ大通りの西を走っている「I−15北向き」に乗れば、ほぼ一直線です。
注意点としては、ダウンタウンに近づくと大きなジャンクション(95号線)がありますので、右側の車線を走行しているとI−15から外れ95号線に乗ってしまいます。
この場合は、次のインターで降りてUターンし再度I−15北行きに乗ってください。
ラスベガス・スピードウェイ駐車場へは、出口54番を降ります。(手前で特設簡易電光板があり、ネリス・イベントと表示されています)
出口を降りると道なりに進んでください。整理の軍人さんの指示に従い駐車して下さい。

●駐車場からネリス基地へのアクセス
駐車したら、セキュリティーチェックを受けます。
内容は空港のチェックとほぼ同じですが、屋外なので問題なければ靴を脱ぐ等は不要です。
チェックが終ると、荷物と腕に「カラーバンド」が巻かれ、シャトルバスの乗場に進みますので、指示に従い、列に並んでください。
バスが発車すると、約10分でネリス基地に到着します。
★ラスベガス・スピードウェイ駐車場はI−15からアクセスする「ブルー」とラスベガス大通りからアクセスする「レッド」の2つのエリアがあります。
シャトルバスの前面にカラー表示と、乗るときに説明がありますので必ずご自分が駐車したカラーを確認して下さい。
間違えると、帰路時に大変な時間のロスとなります。
★基地内には大きな荷物や食物・飲物が「原則として持込み禁止」です。
詳しくは、公式サイトで確認をされてください。

↑セキュリティーチェックの開始待ちの列。8時開始時点で100名くらいしか
並んでいませんでした。奥のバスでネリス基地へ向かいます。

↑セキュリティーチェックの模様です。ガラガラでした。
◎ネリス基地内探索
いよいよ、憧れのネリス基地に入場しました。
シャトルバスを降りると新聞が無料配布されますので貰ってください。基地のマップ、ショースケジュールが明記されています。

↑いよいよネリス基地に入場
●何時に行けば良いのか???
私の地元・入間基地航空祭では前日から待機しているファンもいるとか。汗
「最前列をキープ」するには、始発電車では無理だと聞いています。
ネリス航空祭では、この様な努力は全く不要です。
セキュリティーチェックの開始が8時頃、シャトルバスの運行が8時30分頃ですので7時30分頃にホテルを出れば楽勝です。
この時間帯なら、サンダーバーズが駐機してありショー終了後にサイン会が行われるセンター地区の最前列がキープ出来ます。
どうしても「一番乗り」を目指すならホテルを6時頃に出発しましょう。笑
(セキュリティーチェックに一番乗りしても、シャトルバスの配車状況でネリス基地には必ずしも一番乗りできません。)

↑10時頃のラプター前。人がまばらです。驚

↑飛行を待つ、サンダーバーズ


↑綺麗な密集飛行
●トイレと喫煙場所
簡易型トイレが多数用意されており、サンダーバーズのショーが始まる時間帯には多少の列が出来ますが、国内の航空祭の様な大混雑はありません。
喫煙場所も決まっていますので、必ず指定場所で喫煙して下さい。国内の航空祭の様に「灰皿」は置いていませんので、後始末は確実に。

●売店
飲み物と軽食の売店がありますが「高い・不味い」を覚悟して下さい。笑 (ソフトドリンク$4、バーガー・ホットドック$5でした)
グッズ関係は認定業者の売店と、部隊の売店があります。
やはりレアなのは、部隊の売店でTシャツ・バッチ・シール・ピン・タオルなど販売しています。

●無料グッズ
航空関連企業のボーイング社やプラット&ホイットニー社、海軍等のブースでポスターやカタログ、ボールペン、鉛筆、マグカップ、エコバッグなどを無料でゲットできます。

●ATM
流石アメリカ、屋外ATM機が数台設置されていますので緊急時助かります。

★サンダーバーズの公式パンフレット
サンダーバーズの演技が終わり着陸する頃に、センター地区で公式パンフレットが無料で配布されドライバーやクルーの紹介、演技等が解説されています。
サンダーバーズのショーに行って、このパンフレットを貰わないと行った意味が無い程、貴重なものですので必ず貰ってください。(航空ファンにとってです。笑)

↑公式パンフレットの表紙

↑今年のドライバー(パイロット)さんです
◎帰路
楽しかった航空祭も終わりネリス基地を後にする時間になりました。そろそろ日も傾き始めています。

●サンダーバーズのショーが終ると、皆さんが一斉に帰りますので、ネリス基地入口のシャトルバス乗場は大混雑しますが、30分待ちはありませんのでご安心を。
前に書きましたが、ご自分の「駐車場カラー」のシャトルバス乗場に並んでください。

●駐車場に戻り、レンタカーを走らせたら「流れに乗って」ください。
通常なら10分程度の渋滞でI−15南行きに乗れます。もし、間違えてI−15北行きに乗ってしまったら、ひとつ先の出口でUターンしましょう。

●時間帯によっては、西日が直撃しますので、運転には充分にご注意ください。
また、ダウンタウン周辺からトロピカーナ通り周辺まではI−15が混雑することがありますので、出口への車線変更時にはご注意下さい。

以上、長文にお付き合い下さり有り難う御座いました。もし、ご質問がありましたらお気楽にご連絡下さい。
*メールアドレスは、まさしさんにお聞き下さい。

江戸前漁師

他の方のラスベガス旅行記を読む