あきらさんのラスベガス旅行記
(2008年3月16日〜3月22日)


 今回10回目のラスベガス旅行です。今までにBellagio・Bally’s・Flamingo・Venetianに泊まった事がありますが、大抵MGMに泊まっています。
 MGMを選ぶ理由は:
  1.カジノが広い
  2.部屋の掃除が行き届いている・特にバスルーム
  3.カジノで貯めたポイントで宿泊費と飲食代が無料になる事がほとんど(キャッシュバックもあります)
  4.空港から近い
  5.MGMは広すぎて迷うとの意見を聞きますが、私は始めから特には迷った事ないです。
    部屋もなるべくエレベーターから離れた場所をもらっています(人の通りが少なくより静かになるため)。
  6.wichcraft最高〜!とってもおいしいサンドイッチ屋さんです。
 悪い点は
  1.手頃な値段のレストランで美味しい所がない(ビュッフェは口コミが全て良くないので行ったことありません)
  2.1回目にくれる部屋で満足した事がなく、最低1回は部屋替えをさせてもらう
  3.カジノが広いせいか、特定の場所以外カクテルウェートレスがなかなか来てくれない。
    テーブル系は定期的に来てくれます。ディーラーさんからも「飲み物はいかが?」と聞かれます。

 ラスベガス内のショーは一通り見ているので今回はお買い物とカジノがメインです。
 私のお勧めなショーはバリーズのジュビリーとMGMのカーです。ジュビリーは定番なナイトショーで人数の多さや最後のシーンは「さすがアメリカ!」と圧巻です。カーは、シルク・ド・ソレイユの火を使った演目でバトンの方は日本人です。舞台装置が複雑で見ていてハラハラドキドキします。

 2007年9月28日にJALの飛行機をオンラインで予約。JAL悟空の東京成田−ロサンゼルス−ラスベガス往復が一人\112,000+\35,020(税金等)=\147,020。即購入。二人で行くのですが、真ん中に人が来ませんようにと祈りつつ、窓際の3席の通路側と窓側を選択。結局行きは3人席を2人で使えましたが、帰りは真ん中に人が座りました。やっぱり混んでいるんですね。見た感じ満席でした。

 2007年10月15日にMGMホテルをOnlineで予約。Grand Tower Roomのツインを1部屋、1泊$217.99(税金含)です。2008年3月11日に調べたらツインの部屋はもう空いていませんでしたが、ひとつ広いタイプのBungalow Queen Suiteが空いていました。1泊$269.99(税金含)です。高いほうに泊まるとカジノで稼いだポイントで宿泊費が全部無料になる確率が低くなるので予約は変えません。

 カジノのポイントですが、5泊してこの様な内訳で宿泊費・飲食費が無料になりました。
  私:ブラックジャックテーブル:全5時間半・$25から$50の賭け金(大抵$30)。
    スロット:1セント:全6時間、5セント:全12時間、25セント:全4時間
  連れ:ブラックジャック:全5時間半・$15から$25の賭け金
    スロット:1セント:全4時間、5セント:全16時間、25セント:全2時間
 MGMでのテーブルゲームは$25以上の掛け金でないと登録してくれません。なので私だけCompしてもらっています。テーブルに着いたときに私はいつも$300をチップに換えてもらうので($25チップに換えてもらっています)お金と一緒にカードを差し出すと登録してくれます。スロットはカードを差し込むと自動的にポイント加算してくれます。ちなみにカジノはMGM系列以外では絶対にやりません。

 2008年1月18日にKazumasa Group成田駐車場にオンラインで予約を入れました。JALと提携しているのでマイルがもらえるそうです。16日から22日までプランAで8400円です。プランAは行きは駐車場に直接預けてそこからバスで成田空港に連れて行ってもらいますが、帰りは成田空港で車を引き取るプランです。最終日が晴れだったらサービスで簡単なカーウォッシュが付いています。

 アメリカ国内はかばんの紛失が多いらしいので、一応スーツケースに入れるもののリストを英訳して値段も記入。連絡先(日本の住所と電話番号、旅行の日程とホテル名・住所・電話番号)を記入してスーツケースの中のメッシュポケットの中に入れておきます。今までなくされたことはないけれど、話には聞くので今後はこの様にしようと思います。 

2008年3月16日:
 朝9時にJALからのメール+電話で出発が遅れている連絡が来ました。メール連絡は事前にホームページ上で登録をしておいたものです。渋滞している事が多いので10:30に出発しようかと思いましたが、家中のコンセント・窓・ガス等のチェックを何回やっても安心できず、5周位してようやく満足。11時に家を出発。玄関の鍵も3度ほど開け閉めしてちゃんとかかってるか確認。関越から外環にのり、三郷JCTに合流したすぐ後に八潮パーキングで休憩。最近建てられたのか、広くてきれいでした。ここでトイレ休憩を入れないと、ここから葛西JCTまで渋滞しているとレストエリアがなく大変な目にあいます。中央環状線を経て葛西JCT、その後東関東自動車道へ。渋滞が全く無く、スムーズに成田へ到着。13時に成田駐車場サービスに到着です。簡単な受付後、マイクロバスで空港まで送ってもらいます。駐車場に到着してから空港到着まで20分です。
 早速チェックインをして、ATMで円を引き出します。住友三井でドルのトラベラーズチェックと現金に換えます。もともと$2000持っていたので($800がTCで、$1200が現金)もう$2000($1000がTCで、$1000現金―金種はおまかせ)にします。最近円高になっているのでぎりぎりまで待とうと思い、空港での換金です。普段はHSBC銀行(香港上海銀行東京支店)のMoneyPortというサイトでドルを購入しています。ネットで注文を入れると郵便局が現金引換えで次の日に指定した場所まで持ってきてくれるという便利なシステムです。交換レートはHSBC銀行の店頭窓口と同一のレートで、申し込み金額が10万円以上の場合は送料が無料です。
 長距離国際JAL便で3月から5月の間、機内販売で幻の焼酎の森伊蔵(3000円)があるので買うのを楽しみにしていました。お土産にも頼まれました。行きに2本、帰りは売り切れで購入できずでした。

3月16日(米国):
 成田を40分遅れて飛行機が出発した分、ロスへの到着も30分遅れました。更に入国には気が遠くなるほどのライン。結局1時間かかりました!!後30分しかないと大慌てでしたが入国を済ませたすぐ隣が荷物置き場で、私達のスーツケースはもうきれいに並んで他のスーツケースと共に置いてありました。急いで機内で買った焼酎をスーツケースに入れてアメリカンの乗り継ぎのカウンターに持ち込んだら、どうやらアメリカンも1時間遅れているとの事。理由は分かりませんでしたがゆっくりとターミナル移動です。セキュリティで更に30分かけた後、ゲートは今まで乗った事のない番号でしたのでカフェでゆっくりする前に下見に行きました。そうしたらゲート番号のある場所には階段を下りて外に向かうドアが・・・。本当にここで良いのかしらと係りの人にチケットを見せたらどうやらバスで移動しなければならないとの事、そしてもう「乗って」と言われました。下見に来て良かった〜と思い、連れと乗ったらミニターミナルに到着。American Eagleと書いてある6個しかゲートのない小さいターミナルに着きました。外には今まで乗った事のないミニミニ飛行機。どうやら人数が少なかったので数便キャンセルして小さい機材に変更の様子ですね。その後更に30分遅れ乗り込むと全部で60席くらいしかない小さい飛行機でした。小さいと揺れると聞いていたので心配でしたがさほど揺れず無事ラスベガスの空港に到着。
 16時ちょっと前にMGM到着。チェックインして28階の117号室へ。ストリップ側(真正面にNYNY)。部屋に入ったらベッドの横のテーブルに飲みかけの水・バスルームの石鹸も出しっぱなし。???と思いましたが特にはなにもせず。すぐにWichcraftに行き、To GoでGoat Cheeseサンドを2個、きゅうりのサラダ、大きいサイズのグリーンサラダを購入。部屋で食べ、シャワーへ。18時過ぎにカジノのスロット。20:30まで。
 20:30:ベッドのカバーをめくったらシーツの形状が使われた後のよう。HouseKeepingに電話してメイドさんに来てもらう。なかなか来ないのでフロントにその後3回(!!)電話。21時過ぎにやっとくる。キューバ人の英語あまり話せないメイドさん(なぜキューバ人だと分かったかというと連れに聞けと言われ聞いたから・・・)。連れはとっても怒っていたが、メイドさんが英語があまり分からなく、若いのに出稼ぎに出てきていると分かるなり「ソーリー・ソーリー」となぜか謝る。連れはなぜか多めの5ドルのチップを渡そうとしていたので説得して2ドルにしてもらう。
 夜中2時:上の階の部屋で大音量のステレオ。一応2回文句を電話でフロントへ。Securityが話してくれたのか微妙に静かにはなるがまだまだ大きい!
 本日のスロット:2時間半

3月17日:
 2時以降眠れなかった・・・4時に24時間営業のStudio Cafeへ。連れ:オムレツ(たまねぎ・ピーマン)、私(たまねぎ・トマト・ソーセージ)食べ終わり後部屋へ。私達は「Corn Bread」という甘いパンが大好きで、Studio Cafeでは夜しか出していないのですがたまに朝まで残っているのでトーストの代わりにあればもらっています。ウエイターさんが「What type of toast?」って聞いてきた時に「Do you still have corn bread left over from last night?」と聞きます。キッチンに見に行ってくれます。あったら持ってきてくれるし、なかったら「No corn bread」といわれるので「Thank you for checking. We’ll have rye bread then.」と麦のトーストをいただきます。朝6時からカジノのスロットへ。奥のほうに行ったらMonopolyのスロットを発見!ボーナスゲームがかわいらしいので大好きです。私は出した事ありませんが、連れはボーナスゲームの電光板の一番上にある1000 Creditを当てた事が2回もあります。この日は疲れていたので外出する気にならず1日中MGM内でスロット。
 一応フロントに今の部屋の状況を説明し、私達の上にいる人達はまだ宿泊するのか?と聞いたら調べてくれました。後2泊するそうで、眠れなくて困っていると伝えたら部屋を替えてくれました。上の階はSkyLoftという高級部屋の階なので私達より断然優先度が上です。それを言われなくても分かっているので無理は言いません。下見をしたいといったら、その部屋の鍵をくれて替えるのであれば勝手に移ってもらい電話してくれれば良いといわれたのでありがたく鍵を受け取りました。下見に言ったらコネクティングルームの1室。結構声が漏れるんですよね〜。お隣さんは夫婦っぽい感じで話しているのが聞こえたのでこっちもコネクティングドアの前で(大きめ)に話してアピールしたら急に静かになったのでアピール成功。今週は大きなコンファレンスがあるので混んでいると言われていたので別の部屋を要求せずこの部屋に泊まる事にしました。
 3時にStudio CafeでChicken Fajita(これが大好きなんです。ジュージューの小さな鉄板の上に焼いたチキンと野菜、包むCorn Tortillaが4枚とサワークリーム・ワカモレ・サルサのセット)とサーモンのプレート。活動していないのであまり疲れず、本日は2食で終了。夜8時には就寝。連れは眠れないと機嫌が悪くなる上に、英語が話せないので私にフロントに電話しろとヒステリーを起こすので耳栓をして寝てもらいました。
 本日のスロット:約9時間

3月18日:
 連れは耳栓のおかげでぐっすりと眠れたようです。良かった!
 5時にStudio Cafeへ。またオムレツ。10時までスロット。10時過ぎにFashion Show Mallへ歩く(片道50分)。Fashion Show Mallにはリアドロの専門店があるので行きました。歩いてる途中にPlanet Hollywoodのお買い物街(前Desert Passage)にも陶器のお人形のお店があってリアドロも数点置いていましたが、そのお店の部分は改装中で閉まっていました。連れが30分ほどリアドロのショップを物色し、3体あるマーメイドシリーズのうちもっていなかった1体を購入。包んでもらっている間にスーツケースを購入し、中にマーメイドを入れてタクシーでMGMへ。運転手さんにスーツケース買ったのと言ったら、「Fashion Show Mallは高いからOutletの方がいいよ。同じ商品が半分以上値引きして置いてあるよ」といわれました。連れは聞いていないようだったのでこれは黙っておきました。3時にWichcraftでTurkeyサンドとヤギのチーズのサンドをわける。グレープフルーツジュース。
 本日のスロット:約5時間45分

3月19日:
 6時にStarbucksでラテ・フルーツ・ヨーグルト。Deliでベーグル・サーモンx2・スープx2・Crispy Cremeドーナッツ(Original Glazed・Chocolate Topping Custard Filling)。10時にPremium Outletへ。Children’s Placeで姪と甥の洋服を購入。Eccosで私:運動靴、連れ:運動靴&レディース靴。Kenneth Coleでカーディガン。Vitamin Worldでコラーゲン(Hydrolyzed Collagen―発音は自信ありません、多分、はいでゅろらいずど・こーれじぇん)とビタミンC。Ellie Tahariで連れが皮のジャケットとカーディガン。14時帰宅。Wichcraftできゅうりのサラダ・チーズとたまねぎのサンドx2・グレープフルーツジュースx2。
 本日のスロット:約4時間半

3月20日:
 5:30にStudio Cafeで連れ:オムレツ・私:Huoveous Ranchoreos(名前につられて頼みました。メキシコ料理でちょっと油っぽかったので朝にはむかないかも。)10時にタクシーでPremium Outletへ。Children’s Placeで購入した子供服の1個にSecurity Tagがまだ付いていたので持って行ってはずしてもらう。これがあるから毎回買い物した後は部屋で隅々までチェックしています。昨年買ったスカートにタグが残っているのを見過ごして日本に持って帰ってしまったんです。色々洋服屋さんに電話したのですが日本ではほとんどタグをつけていないんですね。ネットでリサーチした結果、ライターで炙ったりする方法が載っていたので2時間かけて自力ではずしました。プラスチックの部分をライターで炙るとやわらかくはなるのでペンチでブチブチと表面をはがしていきます。細かいプラスチック片が飛ぶのでお風呂場に新聞紙を敷いてしましたが、相当飛び散りました!本当に大変なので必ずチェックする事をお勧めします。それましたが、その後Anne Kleinを見て、Liz Clibourne。下着屋さん。Ellie Tahari。Harry & DavidでJar Opener購入、連れはJar Openerとチョコ。(後日談:Jar Openerはお土産用に買ったのですが、配った後に日本にもっと小さくて便利なのがあると聞きました。やっぱりお土産は食べ物が一番かな〜と反省しました。)
 12時帰宅。Deliでチキングリルサンドを半分こ。19時ちょい前に地下のお店でお酒のチョコ、小腹が空いた連れ用にDeliでチキングリルサンドをまた購入。
20:30にPlayers ClubにてCompをもらう。カウンターに行って、自分と連れのカードを2枚とも渡し、明日帰るのでCompしてくれる(We’re leaving early tomorrow morning. Can you comp us)?と聞きます。受付の人は電話で誰かと話しながら画面を見ています。どうやら、電話の相手は決裁権限のある人で実績を見ながらドンドン引いていってくれているようです。30分後、宿泊費と食費(Studio CafeとWitchcraft)が無料になったと教えてくれました。良かった!今回の食事は安いところばっかりだったので全部無料にしてくれたんですね。
 本日のスロット:約1時間半
 ブラックジャック:約5時間半
 最後の日にしてやっとブラックジャックをしました。私はやるからにはComp用の実績が欲しいので1手$25以上ですが、連れは気にしていないのでミニマムが低めの設定のテーブルを探します。以前は$15のテーブルがいっぱいありましたが最近は高級路線のためか少なくなりました。Studio Walk近くのミニマム$15の誰も座っていないテーブルがあります。ディーラーさんもやさしそうなおばさんです。「Hi, may we?」とニッコリ話しかけると「Of course sweetie」と言われ座ります。連れは$200、私はPlayers Club Cardと$300を渡します。カードを一緒に渡すと全部$25チップになってしまうので「May I have some reds too?」と聞いて$5のチップももらいます。1手$30(連れは$15)で開始です!ブラックジャックのBasic Strategyはなるべく覚えるようにしていますが全部覚え切れません。なので、迷った時はディーラーさんに聞いています。そうすると、ルールに則って教えてくれるのでその通りに。途中で騒がしいけど楽しい若者達が加わりテーブルがとっても盛り上がる中、どんどん儲けて3時間後には$1300に。
 一旦テーブルを離れて部屋にシャワーを浴びに戻ります。お酒を飲むとシャワーに入りたくなくなるのでいつも15:00〜16:00にお風呂に入ってまたカジノに繰り出します。そうしたら終って歯を磨いて寝るだけなので楽チンです。もちろん最終日なのでパッキングも済ませています。そうそう、テーブルゲーム中にウエイトレスさんに飲み物を持ってきてもらったチップは$2〜$5渡します。実績を調べているピットボス(ディーラーの上司)回ってきたら多めの$5ですね。その方が甘く採点してくれるような気がします。またブラックジャックでは勝つと倍ですが、Aと10のブラックジャックで勝つと1.5倍のチップが戻ってきます。賭けている額によりますが、$1と$2のシルバーコインをもらうことがあります。これは全部ディーラーさんのチップ用に、賭けるチップを置く丸い線の枠の上に(ディーラーさん寄り)置きます。こうすると、私が勝てば倍になってディーラーさんたちのチップになります。結構喜んでくれるのでジャンジャン置きます。
 連れはスロットの方が好きなので私だけで$25のテーブルに座ります。私とディーラーさんの差しです。流れが悪いので2箇所がけをします。$1300あったチップももう$500に!!そうしたらアジア系の男性がテーブルに着きました。2箇所がけをやめて1箇所がけに戻したら流れが舞い戻ってきたようでまたドンドン増えていきます。$1125になったところでやめて、テーブルを離れる際、端数の$25はディーラーさんにチップとして渡します。(この後連れと一緒にPlayers Clubカウンターに行ってCompをもらいに行きました。)

3月21日:
 5時に起床。Studio Cafeで連れ:トマトとMozerrellaのサラダ、シーザーサラダ・私:Breakfast Burrito。7:30に部屋を出てチェックアウト。
 Compの結果:$1089.95の宿泊費全てが無料。$190分の飲食費が無料(食事はいつもホテルで食べ、全部部屋付けです。でも安いものしか食べないので5日間、2人で$190です)。最終的に予約時に払った前金も戻ってきたのですが、更に$40ちょっと返金されました。なぜ$40多めに帰ってきたのかは不明ですがそのままにしておきました。

 いつも思うのですが、スロットは長くやればやるほどお金がなくなります。分かってはいるけど最近のスロットはゲーム感覚でボーナスステージが出るのが楽しくついつい没頭してしまいます。ブラックジャックでは毎回勝つので次回はほとんどブラックジャックに費やそうと思っています・・・今回のブラックジャックの儲けは800ドルでした。でも、これくらいスロットですっているのでギャンブルに関して言えば総合マイナス500ドルです。ちなみに持っていったドルはお買い物や移動にも使いましたが$2000ちょっとお持ち帰りです。

 いつもギャンブル主体のラスベガス旅行です。Compの参考になれば良いなと思い投稿しました。お読みいただきありがとうございました!

 次回は10月です。2度目のKAの鑑賞・Antelope Canyon・Fashion Show Mall(Tahari Company Store、Kenneth Cole Outlet狙い)に行くつもりです。また、Town SquareのWhole Foodsが開店していればここも。
 カジノはスロットとブラックジャックの他にルーレットに挑戦しようかと思っています。「勝ちに行くラスベガス」という本を熟読中です。
10月の旅行記もがんばって書くつもりですが、予告を・・・実は、2年前にMGMのExecutive Casino Hostという人の名刺をもらいました。特には連絡したり会ったりはしていないのですが、思い切ってメールを書いてみました。大雑把な内容は「Do I qualify for a casino rate?」です(カジノレートで宿泊できますか?)。実は今年は10月の他に、12月の年末年始と来年の6月も飛行機とMGMの予約をしていたので全ての予約番号を送りました。そうしたら「I have adjusted all of your stays」(全部金額を調整しておきました)と返信が来たのでいずれMGMの予約デスクに電話して一体いくらになったのか聞かなければ!KAのチケットもCasino Hostの方にメールで頼んだら手配してくれるとの事なのでカード情報をメールしお願いしました。良い席をくれますように!ちなみに、もともとの1泊の金額は以下のとおりです。
10月:$228.89
12月:$239.79
2009年6月:$163.49
お楽しみに〜♪
あきらさんに感想のメールを送る

他の方のラスベガス旅行記を読む